【中部】山梨県の11市町村別の移住・定住支援制度(住宅・子育て・健康・仕事)まとめ【2016年】

SONY DSC

「山梨県の11市町村別の移住定住支援情報まとめ」です。

山梨県の各市町村別に「住まい・子育て・健康・仕事・移住・その他」に

カテゴリを分けて一覧表にしています。

 

「山梨県で移住定住支援制度がある地域を移住先候補として調べたいから一覧でみたい」

という岐阜県への移住希望者の方に参考にしてもらえれば幸いです。

 

今回の山梨県の移住定住支援の一覧表を全部で11市町村に分けて紹介しております。

目次

山梨県の移住定住支援制度

山梨県の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
子育て・教育 やまなし子育て応援カード 山梨県内にお住まいの18歳未満のお子さまがいる家庭や、妊婦さんを対象としています。応援カードを協賛店舗で提示するとお得なサービスが受けられます。協賛店は532件以上。
子育て・教育 やまなし・しごと・プラザ事業 山梨県では、子育て中の母親等に対し、保育施設や手当、医療など、子育て支援に関する情報を提供するとともに、子育てと仕事が両立できるよう、ハローワークと連携して求人情報の提供や就労相談などの支援を実施

山梨県の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 商工業振興資金融資制度 山梨県では、経営の安定化や事業の活性化に必要な資金を円滑に調達するために、県と金融機関が協調して、原則として山梨県信用保証協会の保証をつけて行う融資制度。低利・固定、長期、担保や第三者保証人不要の融資が可能。
起業・事業・就職 短期事業資金融資制度 山梨県では、小規模な企業等に対し、厳しい金融環境や多様化する資金需要の変化に対応し、事業を継続するための、年間を通じて利用できる短期の事業資金融資制度。
起業・事業・就職 設備貸与事業 山梨県では、中小企業が必要とする設備を事業実施主体である公益財団法人やまなし産業支援機構が代わって購入し、その設備を長期・低利で貸与(割賦販売)またはリースする制度。
起業・事業・就職 Mt.Fujiイノベーションキャンプ(ビジネスプランコンテスト) 山梨県では、新規に県内で事業を始めてみたいと考えている者を応援するため、ビジネスプランづくりを支援する「ビジネスプランコンテスト」を開催する。
農林水産業 就農支援センター事業 山梨県では、新規就農相談のワンストップ窓口として、山梨県への就農希望者に対する就農相談活動、就農支援活動、無料職業紹介等を行い、円滑に就農できるよう支援する。

山梨県のその他の移住定住支援情報

移住・転入 やまなし暮らし支援センター 山梨県への移住や二地域居住を考えている方に、住宅情報、生活情報、就職情報などをワンストップで提供する総合窓口。
その他 勤労者福祉資金融資制度 山梨県では、主に中小企業の勤労者に対し、医療、慶弔、教育、住宅補修費、その他生活のために必要な資金を中央労働金庫と提携して融資(限度100万円、金利1.43%、返済期間5年 )。

参考支援情報:山梨県HP

山梨県甲斐市の移住定住支援制度

甲斐市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 甲斐市空き家バンク制度 甲斐市では、売買・賃貸を希望する空き家の情報を市のホームページ等で公開し、物件利用を希望する方に紹介する制度
設備 市町村設置型浄化槽設置事業 甲斐市内一部地域を対象に市町村設置型浄化槽設置事業を実施
設備 生ごみ処理機(容器)購入費補助金 甲斐市内に在住する者が、生ごみ処理機を購入した場合に購入費の2分の1以内の額(2万円が限度額)を補助する。
家を購入する・改修する 甲斐市緑化推進記念樹交付事業 甲斐市内に住宅又は事業所を新築又は取得した場合、記念となる苗木(記念樹)を交付する。
家を購入する・改修する 生け垣及び花壇の設置補助制度 甲斐市民が居住する目的で管理する宅地及び事業所に、新たに生け垣若しくは花壇を設置する場合は、その設置に係る費用を一部補助する。
設備 下水道排水設備等改造資金融資あっせん制度 甲斐市では、家屋の排水設備を下水道へ接続するための工事を行なう方を対象として、その工事費用を借入れができるよう金融機関に依頼し、返済時に支払う利子分を市があとで補給するという制度。
設備 水洗便所改造助成金制度 甲斐市では、下水道処理区域内において、供用開始日から3年以内に汲み取り便所を水洗便所に改造し、下水道に接続する工事を併せて行なう場合、その改造資金を助成する制度。

甲斐市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 チャイルドシート貸与事業 甲斐市では、乳児の出生日から18か月に達する日までチャイルドシートの無料貸与
子育て・教育 保育料助成制度 甲斐市の保育料は、国で示す保育料基準額の約6割程度とすることで保護者の負担を軽減している。また、生計同一第1子の年齢にかかわらず、第2子以降の保育料を軽減する。(所得制限あり)
子育て・教育 特別保育事業 延長保育 甲斐市では、保育園にて通常の保育時間を越えて保育を必要とする児童を預かる。
子育て・教育 特別保育事業 休日保育 甲斐市では、認可保育園に入園している児童で保護者の就労などにより、日曜・祝祭日も保育を必要とする場合に預かる。
子育て・教育 特別保育事業 病児・病後児保育 甲斐市では、子どもが病気や病気回復期により集団保育が困難であるとき、保護者が就労等で保育できない場合に保育園で子どもを預かる。
子育て・教育 特別保育事業 一時預かり事業 甲斐市では、保護者の就労、傷病、育児疲れなどにょり一時的に保育が必要な場合、保育園で預かる。
健康・医療 こども医療費助成金制度 甲斐市では、小学校6年まで窓口無料化。中学生は、償還払いにて助成。
子育て・教育 ファミリー・サポート事業 甲斐市では、育児の援助を受けたい人(依頼会員)と育児の援助を行いたい人(協力会員)が地域の中で助け合いながら子育てをする、会員制の援助活動事業
健康・医療 ひとり親家庭等医療費助成費 甲斐市では、ひとり親家庭等の18歳(扶養されている場合は20歳)までの子、およびその親の入院・通院にかかる健康保険適用の医療費自己負担額を助成(親は入院・指定訪問看護のみ。所得制限あり)。
子育て・教育 子育てひろば、子育て支援センター 甲斐市では、主に乳幼児をもつ子育て中の保護者が打ち解けあった雰囲気の中で気軽に集い、交流や子育て相談ができる場を提供する。
子育て・教育 放課後児童健全育成事業(学童保育) 甲斐市では、保護者の就労などにより、放課後帰宅しても家庭において適切な保護が受けられない小学校1~6年生の児童の家庭に代わる生活の場を確保することで、保護者の子育てと就労等の両立を支援する事業です。
出産 不妊治療費助成事業 甲斐市では、特定不妊治療に要した治療費に対して要件をすべて満たした場合に10万円を上限に助成。(市で初めて助成を受ける治療開始時の妻の年齢が40歳未満は通算6回まで、40歳以上43歳未満は通算3回まで助成)
農林水産業 甲斐市緑化推進記念樹交付事業 甲斐市では、結婚した夫婦及び誕生した子供の親で市内に住所を有する方に、記念となる苗木(記念樹)を交付する。
子育て・教育 ブックスタート事業 甲斐市では、保健センターで実施する4ヶ月児健診時に絵本1冊、絵本ガイド(1歳6ヶ月児まで)を、1歳6ヶ月児健診時に絵本ガイド(3歳児まで)をお渡ししています。

甲斐市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 青年就農給付金(経営開始型) 甲斐市では、青年(45歳未満)の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、一定の要件を満たす者を対象として、国から給付金を給付(一人当たり年間最大で150万円)※市単独事業ではなく、全市町村が執行している事業。
起業・事業・就職 企業誘致支援 甲斐市では、新設する事業所等の敷地面積が1000㎡以上、延床面積が500㎡以上、新規常時雇用従業員数が5人以上のいずれにも該当する事業所に立地奨励金、雇用奨励金を交付
起業・事業・就職 求人情報提供 甲斐市では、ハローワークより、毎日新規求人情報が紙ベースで送信される
起業・事業・就職 勤労者生活安定資金貸付 甲斐市では、中央労働金庫に預託して、低い金利での融資を可能とし、勤労者の福祉向上と生活の安定に寄与することを目的とした制度(限度額 100万円)

甲斐市のその他の移住定住支援情報

子育て・教育 母子・父子世帯等小中学校入進学祝金 甲斐市内在住のひとり親の家庭で、入進・進学または就職する方に対し祝金を支給する。【小学校、中学校に入学する方:1万円)】・【義務教育卒業で進学、就職する方:2万円】
子育て・教育 子育て短期支援事業(ショートステイ事業) 甲斐市では、保護者の疾病等で、一時的に家庭において養育が困難となった乳児から小学校就学の始期に達するまでの児童及び母子について、7日間以内を限度としてお預かりする制度。

参考支援情報:山梨県甲斐市HP

山梨県山梨市の移住定住支援制度

山梨市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク制度 山梨市では、空き家の利用希望者に物件情報を紹介(利用登録が必要)。宅建協会との協定により安心な契約手続きが可能。
家を購入する・改修する 住宅リフォーム補助金 山梨市では、最高10万円(耐震改修リフォームの場合は20万円)を上限に、工事費用の10%を補助。空き家バンク成約者も対象。
家を購入する・改修する 定住祝い金制度 山梨市では、三富若者定住促進住宅から三富地区に持ち家を取得した方を対象に、若者定住住宅に入居した月から退去した月までの月数に、1万6,000円を乗じ得た金額を祝い金として支給。

山梨市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 健やか育児支援祝金 山梨市内に1年以上在住(住民登録)し、第3子以降を出産した方を対象に20万円の祝金。
子育て・教育 子育て用品支給事業 山梨市では、保護者に対し、出生時に子育て用品購入券(指定店で購入する、おむつ(紙おむつ、布おむつ)・おしりふき用ウェットティッシュ・粉ミルクが対象)を支給。子ども1人につき1万円。
健康・医療 子ども医療費助成制度 山梨市では、中学校3年生まで窓口無料化。
子育て・教育 病児・病後児保育事業 山梨市では、保育園、幼稚園、小学校などに通うお子さん(生後6か月から小学3年生まで)が病気の時、または病気の回復期で集団保育が困難な期間、医療機関の専用保育室でお預かりが可能。
出産 不妊治療助成制度 山梨市では、15万円を上限に、不妊治療に要した医療費の自己負担額の2分の1(住民税非課税世帯及び均等割のみ課税世帯は3分の2)を助成する。助成金の交付回数は、1年度の治療期間を1回とし通算7回(7年間)まで。
子育て・教育 小学校英語教育(教育課程特例制度) 山梨市では、小学校(11校)に6人のALT(英語指導助手)と3人のJTE(日本人英語指導助手)を配置。小学校低学年は15時間、中学年は20時間、高学年は35時間の英語教育(活動)を実施。

山梨市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 地域職業相談室 山梨市役所庁舎内にハローワークの分室を設置。「求人検索用パソコン」もあり、職業相談を広く受付。
農林水産業 新規就農相談 山梨市では、農業委員会が窓口となり、農地などの相談に対応。
農林水産業 農業担い手支援資金 山梨市では、農機具などの整備に必要な資金の貸付や利子補給(新たに農業経営を始める年齢20歳から65歳までの者で、農業をもって生計を営む者の場合、償還利子のうち年利率0.21%)。
起業・事業・就職 空き店舗バンク制度 山梨市では、空き店舗の利用希望者に物件情報を紹介(利用登録が必要)。家賃補助あり(最大2万円(月額)、補助率2分の1で1年間)・改修費補助(最大25万円、補助率2分の1)。
起業・事業・就職 勤労者福利厚生資金 山梨市内事業所の勤務者向けに資金を融資。貸付対象者:①市内に1年以上居住し事業所に勤務、②市内の事業所に1年以上勤務/貸付金額:100万円以内、貸付期間:60か月以内。

山梨市のその他の移住定住支援情報

結婚 結婚相談事業 山梨市では、結婚相談所の設置、婚活イベント・セミナーの開催。

参考支援情報:山梨県山梨市HP

山梨県市川三郷町の移住定住支援制度

市川三郷町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 若者定住促進住宅補助金制度 市川三郷町内に住宅を取得(新築、建売・中古住宅を含む)し、夫婦いずれかが40歳以下の若者世帯を対象に上限100万円の補助。
家を購入する・改修する 住宅リフォーム助成金 市川三郷町内の個人住宅を所有している者が、町小規模工事等契約希望者登録されている業者に依頼し、10万円以上要したリフォーム工事に対し、最大10万円(事業費の1/10)の補助。
設備 自然エネルギー有効活用促進奨励金 市川三郷町では、一般住宅に太陽光発電システムを設置する方を対象に、機器の最大出力1kW当たり3万円(上限額12万円)の奨励金を交付。
空き家 空き家バンク制度 市川三郷町では、賃貸・売却を希望する所有者から登録された町内の空き家を、町が利用希望者に対して情報を提供。
空き家 空き家バンク登録・利用促進補助金 市川三郷町では、契約成立後の物件に対し、改修工事や家財道具などの処分・撤去を行う際に補助金を交付。・改修:改修に要した費用の1/2、上限100万円・家財処分:家財の処分や撤去に要した費用を1棟につき上限10万円
設備 生ごみ処理機購入費補助金制度 市川三郷町では、ごみの減量化を推進するため、生ごみ処理機購入費の一部を上限25,000円で購入費の1/2補助。

市川三郷町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 子育て支援医療費助成金 市川三郷町では、子育て支援医療費の助成は、0歳から18歳に達した年度末日まで窓口無料化。
子育て・教育 子育て祝い金 市川三郷町では、子育て支援と次世代を担う子の健全な育成に資することを目的として、小学校入学時に町内に住所を有する児童1人につき20,000円の子育て祝い金を支給。
出産 不妊治療費の助成 市川三郷町では、上限額20万円。1会計年度(4月~翌年3月)あたり1回で5年間助成。
子育て・教育 チャイルドシート無料貸与 市川三郷町の住民基本台帳に記載されている0歳児の保護者の方に無料でチャイルドシートを貸出。
子育て・教育 チャイルドシート等購入費補助金 市川三郷町の住民基本台帳に記載されている乳児・幼児(0歳児~6歳未満児)の保護者の方に上限10,000円の補助(10,000円未満の場合は実費補助)。
子育て・教育 私立幼稚園就園奨励費制度 市川三郷町では、私立幼稚園に在園する園児の入園料・保育料が一定の条件を満たす場合に減免される制度。
子育て・教育 各種検定料(英語)の補助 市川三郷町では、管内の中学校で実施する各種検定(英語)に対して検定料の1/2補助。
出産 産科セミオープンシステム 市川三郷町では、妊婦健診と出産を病院間で役割分担するシステム。妊娠16~33週程度までの妊婦健診を峡南医療センター市川三郷病院で実施し、以降分娩まで山梨大学医学部付属病院で実施。
子育て・教育 多子世帯子育て応援金 市川三郷町では、子育て祝い金の支給対象であり、かつ、18歳以下の児童が3人以上いる多子世帯に対し、小学校に入学する児童が第3子の場合3万円、第4子以降は5万円を子育て祝い金に加算して支給。
出産 妊婦一般健康診査助成事業 市川三郷町では、母子手帳の交付を受けた妊婦さんに、出産までの妊婦一般健康診査14回分(1回上限6,000円)の費用を助成。
健康・医療 ひとり親家庭医療費助成事業 市川三郷町では、ひとり親家庭の親および児童、父母のいない児童等を対象とし、一定の条件を満たす場合に保険診療分の医療費が無料。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター事業 市川三郷町では、育児の援助を受けたい「おねがい会員」と援助を行える「まかせて会員」それぞれが地域の中で助け合いながら育児の援助活動を行う会員制度の事業。
子育て・教育 ブックスタート事業 市川三郷町では、赤ちゃんの成長の手助けとして、また親子が触れ合う機会づくりとして、4ヶ月健診時に絵本をプレゼントする事業。
子育て・教育 セカンドブック事業 市川三郷町では、ブックスタート事業のフォローアップとして、想像力豊かで心の成長が大きい3歳児に絵本をプレゼントし、読み聞かせの大切さを伝える。
子育て・教育 病後児保育事業 市川三郷町では、病気の回復期であるが、保育所・小学校に通うことができない児童の保育を実施する病後児保育事業を大塚保育所にて実施。

市川三郷町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 青年就農給付金 市川三郷町では、45歳未満で就農し、年間の総所得が250万円未満の場合に、年間150万円を給付。(最長5年)妻に対しても年間75万円を給付。
農林水産業 農業協力隊推進事業 市川三郷町では、新規就農や独立経営を目的に、都市部の青年を対象として研修を実施。研修期間内は住居、研修費等として月額上限16.6万円を支給。

市川三郷町のその他の移住定住支援情報

その他 犬・猫の避妊・去勢手術費補助金 市川三郷町では、犬と猫の避妊・去勢手術費の一部を、次の金額を上限に手術費用の1/2補助。・避妊手術 : 犬1頭につき1万2千円 猫1匹につき1万円 ・去勢手術 : 犬1頭につき8千円 猫1匹につき6千円
その他 西伊豆町交流助成金 市川三郷町内に在住の方は西伊豆町にある宿泊施設をご利用の際、1名につき大人2,000円、子ども500円の助成。(年度内1回限り)
その他 印章購入助成事業 市川三郷町の伝統産業である印章の購入助成制度。町内在住または、町内事業者を対象とし、氏名・苗字・法人名で彫刻した印章を上限10,000円で1/2補助。

参考支援情報:山梨県市川三郷町HP

山梨県上野原市の移住定住支援制度

上野原市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク事業 上野原市内の空き家を貸したい人と市外の空き家を利用したい人とを結びつける制度。空き家の物件情報は市の公式HPで公表するもの。
空き家 空き家バンクリフォーム補助事業 上野原市では、空き家バンク制度に登録された物件の改修・残置物処分などに補助金を交付するもの。補助額は対象経費の1/2で上限50万円まで。
移住・転入 移住者住宅取得等補助事業 上野原市では、移住者の住宅ローンに補助金を交付するもの。補助額は借入残高の5%で上限150万円まで。
家を購入する・改修する 住宅・建築物耐震補助事業 上野原市では、木造住宅の無料診断を実施し、耐震改修・耐震設計・シェルター設置に対して、経費の一部を補助するもの。
家を購入する・改修する 住宅リフォーム補助事業 上野原市内業者が実施する30万円以上のリフォーム工事に補助金を交付するもの。補助額は対象経費の10%で上限10万円まで。
設備 排水施設等補助事業 上野原市では、下水道区域内の排水設備設置工事、下水道区域外の浄化槽設置工事に対して、経費の一部を補助するもの。
設備 住宅用太陽光発電システム設置補助事業 上野原市では、太陽光発電システムの設置工事に補助金を交付するもの。補助額は最大出力1kw当たり2万円で上限10万円まで。

上野原市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 出産奨励祝金支給事業 上野原市では、出産された世帯に奨励金を支給する事業。支給額は第1子5万円、第2子10万円、第3子以降50万円。
健康・医療 子ども医療費助成事業 上野原市では、子ども(中学校修了前)の入通院費を助成する事業。県内の医療機関は窓口無料とし、その他は償還払いとするもの。
健康・医療 ひとり親家庭医療費助成事業 上野原市では、ひとり親家庭の親と児童(18歳の誕生日の属する年度末まで)の入通院費を助成する事業。県内の医療機関は窓口無料とし、その他は償還払いとするもの。
子育て・教育 保育料無料化事業 上野原市では、3歳未満児で第2子以降の保育料を無料化する事業。18歳以下の児童で第3子以降は保育料を無料化するもの。
子育て・教育 放課後児童健全育成事業 上野原市では、公立小学校の在学児童を対象とし、保護者が家庭にいない場合には、適切な遊び場や生活の場を与えて健全な育成を図る事業。
子育て・教育 子育て支援センター事業 上野原市では、子育て中の親子に交流の場を提供し、子育てに関する情報の提供や講座の開催などを行う事業。
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 上野原市では、子育ての「手助けをしてほしい人」を依頼会員、子育ての「手助けをしてあげたい人」を援助会員として登録し、会員同士で地域の子育てを支えあう事業。
出産 不妊治療費助成事業 上野原市では、不妊治療中の夫婦に費用の一部を助成する事業。特定不妊治療は年度2回、一般不妊治療は年度1回、上限10万円として通算5年間まで助成するもの。
健康・医療 不育症治療費助成事業 上野原市では、不育治療を行っている夫婦に対し、10万円を上限として費用の一部を助成する事業。
健康・医療 風しんワクチン予防接種費用助成事業 上野原市では、妊娠を予定している女性や配偶者を対象とし、先天性風しん症候群の予防接種費用の一部を助成する事業。
出産 妊婦健診助成事業 上野原市では、妊婦健診等の費用の一部を助成する事業。妊婦健診は14回分、クラミジア検査は1回分、HTLV-1検査は1回分まで。
出産 妊婦歯周疾患検診助成事業 上野原市では、妊婦の歯周疾患検診費用を助成する事業。
子育て・教育 母親学級事業 上野原市では、年4回の母親学級(1コース4回)を実施する事業。
出産 妊婦乳幼児健診事業 上野原市では、4月児、9月児、1歳6児、2歳児、3歳児、5歳児健診を実施する事業。
健康・医療 親子健康教室事業 上野原市では、月齢に応じた健康教室を実施する事業。かるがも教室(生後2~4月児)、カンガルー教室(生後6~8月児)、コアラ教室(生後1歳2~1歳4月児)など。
健康・医療 乳幼児発達相談・訓練事業 上野原市では、心理士による乳幼児の発達や育児に関する相談や訓練を実施する事業。
健康・医療 乳がん・子宮がん(集団・施設)検診助成事業 上野原市では、乳がんや子宮がんの検診費用を助成する事業。
子育て・教育 親子料理教室 上野原市では、夏休みに小学生親子を対象とし、食育を中心とした料理教室(わくわくクッキング教室)を実施するもの。
子育て・教育 学力フォローアップ事業 上野原市では、公立小中学校の児童生徒を対象とし、夏休み等に教諭OBによる補習的な学習支援を行うもの。
子育て・教育 私立幼稚園就園奨励費制度 上野原市では、私立幼稚園に在園する園児の入園料や保育料を諸要件により減免する制度。
子育て・教育 奨学金貸与制度 上野原市では、経済的理由により大学や高等学校等への就学が困難な方に奨学金を貸与する制度。
子育て・教育 夢の教室 上野原市では、日本サッカー協会に登録されているアスリートを夢先生として招き、小学校5年生と中学校2年生を対象にして、夢を持つことや仲間と協力することの大切さを教えるもの。
子育て・教育 教育支援室 上野原市では、教育相談、児童生徒の学力向上、郷土愛を育む教育支援、外国語活動や英語教育の推進などサポートするもの。

上野原市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

健康・医療 がん検診等受診費用助成事業 上野原市では、がん検診(肝がん、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん)、骨粗鬆症検診、歯周疾患検診受診費用の一部を助成する事業。
健康・医療 敬老祝金支給事業 上野原市では、88歳5,000円、100歳50,000円、101歳以上20,000円を支給する事業。

上野原市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 創業相談事業 上野原市では、相談窓口として情報提供を行い、関係機関と連携した支援制度の紹介などを行う。
農林水産業 青年就農給付金(経営開始型)事業 上野原市では、45歳未満の新規就農者に対して年間最大150万円を給付するもの(経営開始型として最長5年間)。

上野原市のその他の移住定住支援情報

結婚 結婚相談事業 上野原市では、毎週日曜日の午前10時から午後3時まで結婚相談所を開設し、婚活を支援する事業。
健康・医療 予防接種費用助成事業 上野原市では、定期予防接種(BCG、4種混合、ポリオ、ヒブ、小児用肺炎球菌、麻しん風しん、水痘、日本脳炎、2種混合、子宮頸がん予防ワクチン)の費用を助成する事業。
健康・医療 高齢者予防接種費用助成事業 上野原市では、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン予防接種費用の一部を助成する事業。
その他 秋山温泉助成事業 上野原市では、75歳以上の高齢者を対象とし、秋山温泉の利用料を無料化(年5回まで)するもの。
農林水産業 農業相談事業 上野原市民農園や農業指導者の紹介などを行うもの。
その他 デマンドタクシー事業 上野原市では、電話予約により、自宅付近の停留所から市街地などまで、タクシー車両等を使い乗合いで送迎する制度で、料金は片道最大500円。

参考支援情報:山梨県上野原市HP

山梨県大月市の移住定住支援制度

大月市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 大月市市営住宅への入居 大月市営住宅は、公営住宅法等に基づき、市が管理し、賃貸している住宅です。民間住宅とは異なり、入居にあたっては収入基準等の一定の要件が必要です。
家を購入する・改修する 木造個人住宅耐震診断支援事業 大月市では、昭和56年5月31日以前に着工した木造個人住宅を対象に、耐震性を知り、耐震化を促進する目的で行う事業です。調査対象住宅の耐震診断費用(木造の場合、4万5千円程)は、市が全額負担します。
家を購入する・改修する 木造住宅耐震改修支援事業 大月市では、耐震診断の結果、補強の必要があると診断された木造住宅の耐震改修工事を行う所有者を対象に、工事費の一部を補助します。
家を購入する・改修する 木造住宅耐震改修設計事業 大月市では、耐震診断の結果、補強の必要があると診断された木造住宅の耐震改修設計を行う所有者を対象に、設計費の一部を補助をします。
家を購入する・改修する 木造住宅耐震シェルター設置事業 大月市では、耐震診断の結果、補強の必要があると診断された木造住宅に耐震シェルターを設置する所有者を対象に、設置費の一部を補助します。
設備 大月市住宅用太陽光発電システム設置費補助事業 大月市では、住宅用太陽光発電システム設置費用の一部を補助します。補助金額:5万円(一律)
設備 浄化槽設置補助事業 大月市では、公共用水域の水質汚濁を防止するため、大月市内の下水道未整備区域において合併浄化槽を設置する方(ただし下水道法第4条第1項の認可区域を除く。)を対象に、設置費用の一部を補助します。
設備 大月市浄化槽設置奨励補助事業 大月市では、下水道法第4条第1項の規定により事業計画の認可を受けた区域で、下水道が未整備の地域において、浄化槽を設置する方を対象に、大月市浄化槽設置奨励補助金を交付しています。補助金額:人槽に関わらず 8万円
設備 下水道事業に係る宅地内排水設備設置工事費補助事業 大月市では、下水道の供用開始から3年以内に下水道に接続するために宅地内排水設備工事を行う方を対象に、工事費の一部を補助します。補助金額:工事費の2分の1(限度額10万円)
設備 資金融資斡旋制度 大月市では、下水道の供用開始から3年以内に宅地内排水設備を行う方を対象に、資金の融資斡旋を行います。市内の金融機関(郵便局を除く)から融資を受けられます。融資斡旋限度額:1世帯につき50万円
家を借りる 大月市定住促進中古住宅取得助成金制度 大月市内の中古住宅を取得した場合、助成金を最高20万円交付します。
家を借りる 大月市定住促進住宅取得助成金制度 大月市外の方が新築住宅を取得した場合、助成金を最高150万円交付します。大月市内の方が新築住宅を取得した場合、助成金を最高120万円交付します。
家を借りる 大月市新婚世帯家賃助成金制度 大月市内の民間賃貸住宅を利用する、婚姻の届出の日から3年以内の新婚世帯に対し、家賃の助成金を月1万円、最長24ヶ月間を限度に交付します。
家を借りる 大月市転入子育て世帯家賃助成金制度 大月市内の民間賃貸住宅を利用する市外から転入してきた子育て世帯に対し、家賃の助成金を月1万円、最長24ヶ月間を限度に交付します。
空き家 大月市空き家バンク成約物件リフォーム助成金制度 大月市空き家バンクに利用登録し、売買の成約に至った場合、空き家の購入者に対し、リフォーム工事費用の一部を10万円を上限に交付します。
空き家 大月市空き家バンク登録促進報奨金制度 大月市空き家バンクに物件登録し、売買の成約に至った場合、物件の登録者に対し、3万円の報奨金を交付します。
空き家 大月市空き家バンク制度 大月市では、自分の所有している空き家を「貸したい」「売りたい」という考えをお持ちの方と、大月市での生活を希望し、住宅を探している方が登録し、その情報をホームページなどで共有し、空き家の有効活用を図ります。
設備 生ごみ処理容器等購入助成事業 大月市では、生ごみの土壌(堆肥)化による資源の再利用、ごみ減量のため、生ごみ処理容器および処理機の購入を助成します。

大月市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 妊婦一般健康診査 大月市では、妊娠中の健康管理のため、医療機関で受ける健診を助成します。回数は14回、費用は1回につき6千円を限度として市が負担します。なお、6千円を超えた分については自己負担となります。
出産 妊婦歯科健診 大月市では、妊娠中の口腔の健康管理のために、妊婦歯科健診を実施します。市が交付する妊婦歯科健診受診券を市内の歯科医療機関に提出することで、歯科健診を無料で受けることができます。
出産 ママパパ学級 大月市では、参加者同士の交流を持ちながら、妊娠・出産・育児に関する基本的な知識や技術について学びます。妊婦体操・呼吸法、栄養、沐浴学習、パパの妊婦体験など。
出産 妊産婦健康相談 大月市では、保健師が電話や面接で、妊婦さんや産後のお母さんへの相談に応じます。
出産 妊産婦健訪問 大月市では、保健師または助産師が妊婦さんや産後のお母さんを訪問し、妊娠中や産後の生活等について相談に応じます。
出産 こうのとり支援事業(不妊治療費助成事業) 大月市内に1年以上住所がある方で、医療機関で不妊症と診断され、その治療を行っている戸籍上の夫婦を対象に、不妊治療に要した医療費の自己負担額について、1年以内につき30万円を限度として助成します。
出産 子育て支援手当支給事業 大月市では、出生する全ての子どもたちを対象に、次代を担う児童の増加を願い、出生を奨励するとともに子育てを支援するため、出生時に3万円を支給します。
健康・医療 子育て支援医療費助成制度 大月市では、0歳から15歳(中学3年生)までの子ども持つ保護者を対象に、子どもが病気やけがで通院・入院した場合の医療費、歯科診療費及び薬剤費等、保険診療による窓口での自己負担金が無料となります。
健康・医療 ひとり親家庭医療費助成事業(医療費無料) 大月市では、18歳未満の児童を扶養している、ひとり親家庭等の親と児童、父母のいない児童が、病気やけがで通院・入院した場合の医療費、歯科診療費および薬剤費等、保険診療の窓口での自己負担分が無料となります。
子育て・教育 ひとり親家庭自立支援給付金制度 大月市では、ひとり親の職業能力の向上、雇用の安定および就職の促進を図るため、ひとり親自立支援給付金を支給します。
健康・医療 インフルエンザ予防接種助成事業 大月市では、生後6か月~中学3年生までの子どもに対して、大月市と契約を締結した医療機関においてインフルエンザの予防接種をした場合に、接種費用の一部を助成します。助成額:上限2,500円(※1回のみ)
子育て・教育 新生児・乳児・産婦訪問 大月市では、新生児期・乳児期の赤ちゃんとお母さんを対象に、保健師または助産師が訪問し、赤ちゃんの発育・栄養・疾病予防など育児を行っていく上での相談に応じます。
出産 産後ママの安心相談室 大月市では、生後1~4か月(5か月になるまで)の赤ちゃんとお母さんを対象に、保健師・助産師が相談に応じます。(育児相談、母乳に関する相談、体重測定、お母さん自身の体調の相談等)
出産 育児教室 大月市では、生後1~2か月の赤ちゃんとお母さんを対象に、予防接種の説明や、お母さん方の交流会を開催します。
健康・医療 予防接種 大月市では、子どもの予防接種については、接種対象期間中であれば市が費用を負担します。予防接種の説明書と「予防接種予診票」等必要書類は、育児教室(生後1~2か月児を対象の教室)で配布しています。
子育て・教育 もぐもぐ(離乳食)教室 大月市では、生後3か月~4か月の赤ちゃんとお母さんを対象に、成長に合わせた栄養のあり方や離乳食のつくり方について学習します。
子育て・教育 乳幼児健康診査 大月市では、4か月児健診・9か月児健診・1歳6か月児健診・2歳児歯科健診・3歳児健診を行います。また、健診の際には育児相談、栄養相談等の相談に保健師等が応じます。
子育て・教育 乳児一般健康診査 大月市では、1歳の誕生日の前々日までに、2回指定医療機関において無料で健診することができます。1回目は6か月未満(出来るだけ1か月健診)に、2回目は6か月~1歳の誕生日前々日までにご利用してください。
健康・医療 発育発達相談 大月市では、体重の伸び、ことばの遅れなど、子どもの発育発達の気になることについて小児科医・小児神経科医・臨床心理士・作業療法士・保健師が相談に応じます。
子育て・教育 ブックスタート事業 大月市では、赤ちゃんとその保護者を対象に、絵本を通して、暖かく楽しいひとときを持つことにより、心豊かな子どもに育つように願って絵本を贈り、子育てを応援します。
子育て・教育 幼稚園就園奨励費補助事業 大月市では、私立幼稚園に在園する3歳児、4歳児、5歳児の保護者の経済的負担の軽減を図るため、家庭の所得状況に応じて一定額を補助します。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター 大月市では、育児の援助を受けたい人と援助を行える人が、それぞれ会員となり、子育ての相互援助活動を行っています。育児の援助を受けたい会員には費用負担が発生します。
子育て・教育 大月市児童館 大月市では、子どもたちに遊び場と遊びを提供し、遊びを通して児童が心身ともに健やかに成長するお手伝いをする場及び親同士の交流の場とするところです。また、子育てに関する情報の提供や、相談にも応じています。
子育て・教育 大月市学童クラブ 大月市内小学校の1年から6年に在学し、就労等により保護者が昼間家庭にいない児童を対象に、施設を利用して適切な遊びや生活の場を提供します。
子育て・教育 大月市病児・病後児保育 大月市では、仕事の都合などによって、病気中・病気回復期にあるお子さんの保育がご家庭でできない方のために、市立中央病院に併設された保育施設でお子さんを一時的に預かる事業です。
子育て・教育 大月市放課後子ども教室 大月市では、子どもたちが地域社会の中で心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進する様々な教室です。放課後や週末等に安全・安心な活動拠点を設け、地域の方々の参画を得て、勉強やスポーツ・文化活動、交流活動を行います。
子育て・教育 児童生徒の登下校に係る路線バス定期券支給事業 大月市では、児童生徒の登下校の安全確保を目的に、概ね1キロメートル以遠から通学する児童生徒に対して路線バスの定期券を無償で支給します。
子育て・教育 児童・生徒の修学援助費制度 大月市では、経済的な理由により、就学が困難な子どもをお持ちの世帯の保護者を対象に、基準により認定された方に学校にかかる費用の一部(学校給食費等)を援助します。
子育て・教育 教育支援室 大月市では、保護者の子育てや進路、学校生活、特別支援等の悩みについて、教育相談員等(教員経験者)が相談に応じます。また、学校や家庭での教育活動全般についても、指導や助言など総合的に支援します。
子育て・教育 小林宏治育英奨学金給付事業 大月市内に住所を有する方の子女で、かつ県内にある高等学校から大学に在学し、品行方正、成績優良、身体強健で学資の支弁が困難と認められる者に奨学金を支給します。奨学金給付金額:年額12万円以内
健康・医療 乳がん・子宮がんバス検診 大月市では、20~59歳で子育て中のお母さんなどを対象に行うバス検診です。(託児もあります。)

大月市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

健康・医療 がん検診等 大月市では、肺がん、腹部超音波(肝がん)、大腸がん、胃がん等のがん検診を受診することができます。それぞの検診には対象年齢が定められています。(検診費用に一部自己負担があります。)
その他 シルバーお出かけパス&障害者お出かけパス 大月市では、高齢者(65歳以上)および障害者の方々を対象に、市内のあちらこちらに路線バスで出かけていただけるように、1年間5千円の負担で「お出かけ年間パス」を交付します。

大月市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 企業立地奨励制度 大月市では、新規企業の立地や既存企業の増設を検討している方を対象に、産業の振興及び雇用の創出を図るため、企業立地奨励金及び雇用促進奨励金を交付します。交付には一定の要件が必要となります。
起業・事業・就職 小口資金・中小企業設備近代化促進資金 大月市では、資金調達に苦慮している市内中小企業者及び小規模企業者、小規模商工業者を対象に、利子を補助することで、資金調達の軽減を図ります。
起業・事業・就職 小規模商工業者事業資金利子補給制度 大月市では、資金調達に苦慮している市内小規模商工業者を対象に、資金調達の軽減を図るため利子補給を行います。
農林水産業 鳥獣害防除ネット等購入費補助事業 大月市では、農作物を有害鳥獣から守り、生産を高めるために防除ネット等を購入、設置する農業者を対象に、購入費の一部を補助します。補助金額:購入費の2分の1以内(限度額10万円)

大月市のその他の移住定住支援情報

結婚 結婚相談 大月市では、職場や家庭の事情などにより結婚相手にめぐりあう機会の少ない方を対象に、大月市では結婚相談所を設置しています。結婚相手の紹介や相談に応じています。
子育て・教育 大月市立中央病院看護学生等修学資金貸与事業 大月市では、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士を養成する学校または養成所等に在学し、将来大月市立中央病院に勤務を希望する方を対象に、修学に必要な資金を貸与します。
健康・医療 すこやか大月市民健診(人間ドック) 大月市では、国民健康保険に加入している方で、生活習慣病の発生率の高い年齢層の市民を対象に、計画的に人間ドック検診を行います。健診費用:1万3千円(自己負担分)
健康・医療 成人歯科健診 大月市内在住の20歳以上の方を対象に、大月市内の健診医療機関において、無料で歯及び口腔の健診を受けられます。
農林水産業 ふれあい農園 大月市では、梁川町塩瀬(やながわ農園)と猿橋町伊良原(さるはし農園)の2箇所に市民農園を開園しています。 自分で手作り野菜を作ったり、畑を耕作することができます。
子育て・教育 特別聴講生制度 大月市では、さまざまな学習意欲に応え、専門的かつ継続的な学習機会を提供するため、大月短大の授業を特別聴講生として受講することができます。

参考支援情報:山梨県大月市HP

山梨県笛吹市の移住定住支援制度

笛吹市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 笛吹市空き家バンク 笛吹市では、空き家の売買・賃貸を希望するその所有者から申し込みを受けた情報を、インターネット上で公開しています。市内への定住などを目的とする方も利用できます。

笛吹市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 妊婦検診 笛吹市では、健康診査費用の一部(上限6,000円)を、1回の妊娠につき14回助成します。
出産 妊婦歯科健診(経産婦) 笛吹市では、経産婦に対し妊婦歯科健診を実施しています。なお、初産婦にはマタニティスクールにおいて、歯科健診を実施しています。
出産 不妊治療を応援 笛吹市では、3つの条件(戸籍上の夫婦として1年以上、笛吹市内に住所があるなど)を満たした夫婦に治療費の一部を助成します。
出産 出産育児一時金 笛吹市では、国民健康保険の加入者に、出産児一人につき42万円を支給します。
子育て・教育 児童手当 笛吹市では、15歳到達後、最初の3月31日までの間にある子どもを養育している方に毎月最大15,000円を支給します。
健康・医療 子どもすこやか医療費助成 笛吹市では、15歳到達後最初の3月31日までの間にある子どもの医療費(保険適用内で自己負担分)を助成します。
子育て・教育 ベビーシートの無料貸し出し 笛吹市では、1歳未満児の保護者にベビーシートを無料で貸し出します。
出産 こんにちは赤ちゃん訪問 笛吹市では、産後のお母さんと赤ちゃんを、保健師または助産師が自宅に訪ねます。
健康・医療 乳児一般健康診査 笛吹市では、乳児期に2回、医療機関で受診する健康診査の費用を助成します。
健康・医療 乳幼児健康診断 笛吹市では、お子さんが4か月、10か月、1歳6か月、2歳、3歳、5歳のとき、市が実施している健康診査を無料で受診できます。
健康・医療 産後健康診査 笛吹市では、産後1ヶ月頃、医療機関で健康診査を受診する場合、その費用を助成します。
子育て・教育 育児学級 笛吹市では、初めてのお子さんを育てているご家庭を対象に、子育てに役立つ知識などを学べる育児学級を開催しています。
健康・医療 一般健康相談 笛吹市では、育児に関する悩みなどを保健師、栄養士、助産師に相談できます。
出産 産後ケアセンター 笛吹市では、産後4か月までのお母さんが育児の疲れを癒しつつ、専門家から育児の指導を受けられる産後ケアセンターの利用を補助しています。ご負担いただく費用は、一泊2食付6,100円で、3泊4日まで滞在できます。
健康・医療 定期予防接種が無料 笛吹市では、定期予防接種を無料で受けられます。さらに任意予防接種のなかにも補助が受けられるものがあります。
子育て・教育 地域子育て支援センター 笛吹市では、子育て中の親子が集まれる地域子育て支援センターが市内に7か所あります。
子育て・教育 児童館・児童センター 笛吹市では、情緒豊かで健康な児童を育てることを目的とした児童厚生施設が市内に6つあります。
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 笛吹市では、育児の手助けをしてほしい人と、育児を手伝ってあげたい人をつなぐ事業。生後2か月~小学校6年生の子どもを1時間あたり800~1000円で預かってもらえます。利用料の補助もあります。
子育て・教育 ホームスタート事業 笛吹市では、未就学児がいる家庭に、研修を受けた地域の子育て経験のあるボランティアが、ホームビジターとして訪問する「家庭訪問方子育て支援」です。
子育て・教育 やまなし子育て応援カード 笛吹市では、カードを提示することで、各協賛店舗で設定した割引などの特典がうけられます。
子育て・教育 病児・病後児保育 笛吹市では、病気や怪我のため登園、登校できないお子さんを医療機関内の施設で預かってもらえます。
子育て・教育 ショートステイ事業 笛吹市では、保護者の病気や事故、冠婚葬祭などの理由で家庭において児童を養育することが一時的に困難となった場合、宿泊を伴った一時預かりを行う事業です。
子育て・教育 笛吹市立図書館 笛吹市内には6つの図書館があります。絵本の読み聞かせと工作などを組み合わせた「おはなし会」など様々なイベントを開催しています。
子育て・教育 一時預かり事業 笛吹市では、1日単位で子どもを預けられる保育所が市内に4か所あります。
子育て・教育 就学支援 笛吹市では、経済的な理由で就学が困難な場合、学用品費や給食費などの一部を援助します。
子育て・教育 ふえふき教育相談室 笛吹市では、就学支援や学校生活に関する相談を無料ですることができます。
子育て・教育 学童保育 笛吹市では、保護者や親族が仕事のため、放課後家に帰っても面倒を見てくれる人がいない児童は、市が設置した学童保育クラブが預かります。利用料は月額2,000円~3,000円です。
子育て・教育 児童扶養手当 笛吹市では、ひとり親、両親のいない家庭で養育をしている方を対象に、お子さんが18歳到達後最初の年度末まで、所得に応じた額(月9,900円~42,330円)を支給します。
健康・医療 ひとり親家庭医療費助成 笛吹市では、ひとり親家庭の親と児童、父母のない児童、父または母が一定の障がい状態にある場合の児童と児童を養育する親の医療費(保険適用内の自己負担分)を、お子さんが18歳到達後最初の年度末まで助成します。
子育て・教育 ひとり親家庭小中学校入学祝金 笛吹市では、小学校または中学校に入学するお子さんがいるひとり親家庭に、お子さんひとりにつき10,000円の祝い金を支給します。
子育て・教育 ひとり親家庭相談 笛吹市では、母子自立支援員に就労など生活全般について相談できます。
子育て・教育 自立支援教育訓練給付金 笛吹市では、ひとり親家庭の親が生活の安定や自身のスキルアップのために教育訓練を受講し、修了した場合、経費の20%を支援します。
子育て・教育 高等職業訓練促進給付金 笛吹市では、2年以上の修業が必要な資格の取得を目指す方に、毎月70,500円~10万円を支給します。
子育て・教育 JR通勤定期乗車券の割引制度 笛吹市で児童扶養手当を受給している方がJR通勤している場合、通勤定期乗車券が3割引で購入できます。
子育て・教育 母子・父子・寡婦福祉資金貸与制度 笛吹市のひとり親家庭や寡婦の方の経済的自立を支援し、生活の安定や扶養している子どもの福祉増進をはかるため、必要な資金を貸与します。
健康・医療 特別児童扶養手当 笛吹市で心身に障がいのある児童(20歳未満)を扶養している方に支給されます。
健康・医療 障害児福祉手当 笛吹市では、心身に重度の障がいがあり、日常生活で常に介護を必要とする在宅の児童(20歳未満)に支給されます。
健康・医療 育成医療 笛吹市で障がいや疾患がある児童(18歳未満)で、そのままにすると将来障がいが残る可能性があるが、手術などの治療をすれば障がいの改善が見込まれるという場合、その医療費を助成します。
健康・医療 補装費具の支給 笛吹市で身体的欠損や機能障がいを補い、日常生活や職業活動を容易にするために必要な補助具の購入費または修理費の助成を行います。
健康・医療 難聴児補聴器購入助成 笛吹市では、身体障害者手帳の対象とならない軽度・中軽度の難聴児に対して、言語の取得、コミュニケーションの向上を支援するため、補聴器購入費用の一部を助成します。
子育て・教育 福祉タクシー利用助成 笛吹市では、在宅の重度障がいのある方を対象に、タクシーを利用する場合にその料金の一部を助成します。
健康・医療 日常生活用具の給付申請 笛吹市では、在宅で生活する障がい児の日常生活を容易にするための用具を給付します。
子育て・教育 障害福祉サービス 笛吹市では、在宅の障がい児者の介護を行う家族等の疾病、その他の理由により施設に短期入所、または居宅に訪問し必要な支援を提供するサービスです。
子育て・教育 児童通所サービス 笛吹市では、放課後等デイサービス、児童発達支援、保育所等訪問支援があります。
子育て・教育 社会参加支援事業 笛吹市では、移動支援サービス、日中一時支援事業、生活訓練等サービスがあります。
子育て・教育 地域活動支援センター事業 笛吹市内で運営される「地域活動支援センター」の活動を支援することにより、支援学校等に就学している児童・生徒に放課後や長期休暇中の生活の場や集団での療育活動等の場を提供し、児童の社会参加を図ります。
子育て・教育 家庭児童相談室 笛吹市では、専門の相談員が常駐し、親身に話を聞いてくれます。
子育て・教育 子どもの相談 笛吹市では、お子さんの発育や発達、子育てについて困ったことがあるときは、専門家に相談することができます。
子育て・教育 やまなし子育て応援事業 笛吹市では、第2子以降の3歳未満児の保育料が無料となります。

笛吹市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

健康・医療 障がい者手帳 笛吹市では、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種類があります。
健康・医療 重度心身障害者医療費助成 笛吹市では、重度の心身障がいのある方が病院などで診療を受けた際、各種保険制度による医療費の自己負担分を助成します。

笛吹市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 笛吹市新規就農者支援事業 笛吹市では、新規就農者に対して補助金を2年間交付。Iターンによる就農者には一世帯あたり年額1,000,000円以内、Uターンや新規学卒及び転職による就農者には一世帯あたり年額500,000円以内を交付します。
農林水産業 笛吹市新規就農農業後継者支援事業 笛吹市内で親等の農営に参加する30歳未満の農業後継者を支援します。5年間または30歳になる月の前月までのどちらか短い期間、1世帯あたり毎月30,000円交付します。
農林水産業 農業用機械等購入補助事業 笛吹市では、条件を満たした方に、農業用機械等の購入経費の1/5(10万円が上限)を交付します。
農林水産業 笛吹市ふれあい農園 笛吹市では、約470㎡の農地を1年間無償貸付します。対象となるのは、都市部などから笛吹市に移住・定住する意思を有し、将来的に仕事として農業を始めることを目的とされる方です。

笛吹市のその他の移住定住支援情報

結婚 笛吹市結婚相談所 笛吹市民以外も利用できる相談所です。出会いイベントを年4回、セミナーを年1回開催する予定です。
その他 きめ細かなバス運行 笛吹市営バスに加え、予約制乗合交通「笛吹市デマンドタクシー」を運行しています。

参考支援情報:山梨県笛吹市HP

山梨県都留市の移住定住支援制度

都留市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 井倉団地新婚子育て世帯入居支援事業 都留市では、「新婚子育て世帯に対しての入居支援」施策により、要件に該当する方は収入基準・優先入居・家賃減免の優遇が受けられます。
家を購入する・改修する 都留市子育て世帯定住促進奨励交付事業 都留市に転入し、新たに住宅を取得する世帯で、中学生3年生以下のお子さんを子育てする世帯に対し、新生活を支援するため、助成金の交付を行います。
空き家 都留市空き家バンク制度・空き家リフォーム事業 都留市内にある空き家物件情報を当該所有者から申し出ていただき、その物件情報を登録・公開し、購入・賃貸希望者に紹介する。また登録物件が契約した場合、最大で50万円の補助金を交付します。
設備 都留市浄化槽設置整備事業補助金 都留市では、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するため、下水道未整備区域については浄化槽設置事業の補助金を交付します。
設備 都留市住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金交付事業 都留市では、自宅に自然エネルギー発電システム及び省エネルギー機器を設置した場合に補助金が受けられます。

都留市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 都留市病児・病後児保育事業 都留市では、病児等/通学中の児童、未就園児)が病気回復期であり、安静を要するために集団保育の困難な期間において保護者が仕事・傷病・冠婚葬祭などにより保育が出来ない場合の「子育てを支援する制度」です。
子育て・教育 ふれあい子育てサロン事業 都留市では、皆と一緒に遊びながら親も子も友達作りで子育てを楽しむサロンや託児型のサロンなど、家にこもりがちな就園前の育児期間のお手伝いをします。
子育て・教育 子育て支援センター事業 都留市では、幼稚園・保育所で、専門のスタッフによるお楽しみプログラムの実施や子育ての不安や疑問等何でも相談できる子育て相談など、子育てのお手伝いをします。
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 都留市では、「子育ての手助けをしてほしい」「子育てのお手伝いをしたい」という人が、依頼会員・提供会員・両方会員のいずれかの会員に登録し、互いに助け合いながら育児の援助活動を地域において会員間で行う事業です。
子育て・教育 ほっとステーション(子育て相談)事業 都留市では、子どもさんの発達やしつけ、栄養、予防接種のことなど子育ての悩み、また、お母さんや家族の体と健康などの相談に応じます。
健康・医療 都留市すこやか子育て医療費助成制度 都留市では、満15歳になる年度の年度末まで(中学校終了まで)医療費の助成をいます。
出産 都留市マタニティタクシー事業 都留市では、出産の為の入院時の居住地から県内の出産医療機関までの1回分のタクシー移送費用の助成を行うことにより、安心、安全な出産を支援する
子育て・教育 学生アシスタント・ティーチャー制度 都留市の大学と市内の小中学校が連携し、児童・生徒の放課後指導や学習をサポートします。
子育て・教育 のびのび興譲館事業 都留市では、子どもたちが体験学習を通じて、主体性や創造性を持ちながら、健やかにたくましく成長していくよう、各塾を開催しています。(H28年度は5塾)
子育て・教育 市民に開かれた大学(公立大学法人都留文科大学) 都留市では、聴講生制度の導入や、学外の方でも利用いただける附属図書館など、広く市民の方に大学を活用していただけます。

都留市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

その他 都留市高齢者はつらつ健康ポイント手帳事業 都留市では、生活習慣の改善や健診の受診、運動教室などへの参加などで健康ポイントを貯め、健康づくりを促進する。ためたポイントは市内ポイントカードのポイントとして利用できる。

都留市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

その他 都留市快適遠距離通勤補助金交付事業 都留市では、平成24年4月以降に転入、新規採用、転職や転勤を開始した市民で、大月駅から東京方面に75キロ以上の定期による電車通勤をしている方を対象に最大3年間、補助金を交付します。

参考支援情報:山梨県都留市HP

山梨県韮崎市の移住定住支援制度

韮崎市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 持家住宅定住促進助成金 韮崎市外に1年以上居住されていた方が、定住を目的に市内で住宅を取得する場合に助成・新築住宅・建売住宅の取得:30万・中古住宅の取得:20万
家を購入する・改修する 勤労者住宅建設資金融資 韮崎市内に住宅を新築、増改築、購入する勤労者に対しての融資・貸付限度額:800万
空き家 空き家バンク制度 韮崎市内の空き家物件情報を市ホームページ等でご案内
空き家 空き家バンク登録物件リフォーム補助金 韮崎市では、空き家バンク登録物件のリフォーム工事・家財処分に対して費用の1/2を補助・リフォーム工事:最大100万円・家財処分:最大10万円
家を借りる 定住促進住宅家賃助成 韮崎市内に1年以上居住されていた方、または入居前1年以内にご結婚された方について、入居日から2年間の家賃を助成・助成額:最大10,000円/月

韮崎市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 出生お祝い金 出生した新生児の保護者に、1万円を支給
健康・医療 子ども医療費助成 韮崎市では、中学校3年生までを対象に、健康保険の自己負担分の医療費を助成
健康・医療 ひとり親医療費助成 韮崎市では、ひとり親の方とその子ども(高校3年生まで)を対象に、健康保険の自己負担分の医療費を助成
出産 不妊治療対策支援 韮崎市では、不妊症のため子どもをもつことができないご夫婦へ、保険適用外の治療費の一部を助成
子育て・教育 病児・病後児保育 韮崎市市立病院内保育所で、生後6ヶ月~小学6年生までの病児・病後児を一時預かり・利用時間:月~金 8時~18時・料金:0円~3,000円(食費別途)
子育て・教育 ファミリーサポート事業 韮崎市では、保育園や習い事への送迎、通院や買い物に行く間のお子さんの一時預かり・利用時間:火~日 9時~17時・料金:最大800円/時間

韮崎市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

移住・転入 若者定住就職奨励金 韮崎市外に1年以上居住されていた45歳未満の方が、就職または起業を目的に転入された場合、奨励金を支給・支給額:10万円
起業・事業・就職 起業支援補助金 韮崎市内で起業する個人・法人に経費の1/2を補助・助成額:店舗改修・看板等設置:最大50万・店舗賃借料:最大5万円/月
起業・事業・就職 商店街空き店舗対策事業費補助金 韮崎市では、空き店舗を利用した事業に着手する個人・法人に経費の1/2を補助・助成額:店舗改修・看板等設置:最大50万・店舗賃借料:最大5万円/月
農林水産業 新規就農者支援事業助成金 韮崎市では、45歳以上55歳未満で新たに農業を始められる方に助成金を支給(最長2年間)・生活支援:1世帯5万円以内/月・住居支援:1世帯3万円以内/月
農林水産業 青年就農給付金(農林水産省) 韮崎市では、45歳未満で新たに農業を始める方に給付金を支給・給付額:150万円/年(最長5年間)

韮崎市の移住支援情報

移住体験 お試し住宅 韮崎市への移住・定住を検討される方へ、定住促進住宅を一部居住先として貸出・対象者:山梨県外在住者・使用期間:1回につき3~30日間・使用料:無料(駐車場 最大3,800円/月)

参考支援情報:山梨県韮崎市HP

山梨県富士吉田市の移住定住支援制度

富士吉田市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 新婚世帯家賃支援奨励金 富士吉田市では、新婚世帯で市内の民間賃貸住宅に入居する場合に、家賃支援として上限1.5万円/月を補助。
家を借りる 中古物件家賃支援奨励金(住居) 富士吉田市では、転入者で空き家バンクに登録された物件に入居した場合に、家賃支援として上限1.5万円/月を補助。
家を購入する・改修する 新築物件取得支援奨励金 富士吉田市では、転入者で市内に住宅を新築した場合に、最大150万円を補助。
家を購入する・改修する 中古物件取得支援奨励金 富士吉田市では、転入者で市内の中古物件住宅を購入した場合に、最大50万円を補助。
家を購入する・改修する 中古物件改修支援奨励金 富士吉田市では、空き家バンクに登録された物件を利用し、改修した場合に、最大50万円補助。
空き家 空き家・空き店舗バンク制度 富士吉田市内の空き家・空き店舗の情報提供。
家を購入する・改修する 勤労者住宅資金融資制度 富士吉田市に住宅を新築、購入又は増改築しようとする勤労者のための融資制度。【28年度】融資額:1500万円以内、還期限:30年以内、利率:平成28年度1.60%
設備 住宅用太陽光発電システム設置費補助金 富士吉田市では、住宅用太陽光発電システムを設置した方に、設置費の一部を補助。限度額20万円。

富士吉田市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 保育料助成制度 富士吉田市では、同一期に保育園等を利用している就学前児童が2人以上の場合に保育料を助成する制度。【助成額】第2子(半額)・第3子(無料)
健康・医療 子育て応援医療費助成制度 富士吉田市では、中学3年まで医療費が無料。
子育て・教育 第2子以降の未満児の保育料無料化制度 富士吉田市では、認定こども園や保育園に入園されている未満児のお子さん、兄や姉がいる場合、保育料を無料。(所得制限有)

富士吉田市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 中古物件家賃支援奨励金(店舗) 富士吉田市では、空き家バンクに登録された物件を利用し、店舗を開業した場合に、家賃支援として上限3万/月を補助。
その他 遠距離通勤支援奨励金 富士吉田市では、家賃支援、物件取得支援を受けている世帯で、市内から50km以上の地域に通勤している場合に1万/月を補助。
起業・事業・就職 就職セミナー 富士吉田市では、年に1回就職セミナーを開催。
起業・事業・就職 商工業活性化支援事業補助金(改装) 富士吉田市では、商業地域、近隣商業地域の空き店舗を利用し改修した場合に最大25万補助。
起業・事業・就職 商工業活性化支援事業補助金(家賃補助) 富士吉田市では、商業地域、近隣商業地域の空き店舗を利用し店舗を開業した場合に、上限3万円/月を補助。

富士吉田市のその他の移住定住支援情報

結婚 縁結びお世話人ネットワーク事業 富士吉田市では、少子高齢化の主たる要因である未婚化・晩婚化に対応するため、未婚者の結婚を応援する取組を行う制度。

参考支援情報:山梨県富士吉田市HP

山梨県北杜市の移住定住支援制度

北杜市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク制度 北杜市内空き家の取りまとめ・利用希望者への紹介
家を購入する・改修する 北杜市子育て世代マイホーム補助金 北杜市では、子育て世代を対象とした住宅取得補助制度。新築最大150万円、中古購入・リフォーム最大100万円、住宅ローン補助年間20万円を5年間(補助は何れか一つに限る)

北杜市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 子ども医療費助成制度 北杜市では、0歳~中学3年生まで入院、通院含め医療費が無料。
子育て・教育 保育料の第2子以降の無料化 北杜市では、第2子以降の保育料完全無料保育園待機児童なし
子育て・教育 北杜市立病児・病後児保育 北杜市では、生後6ヶ月~小学校3年生までの病気のピークを過ぎたお子さまを対象とし、専任の看護師や保育市が保育します。
健康・医療 ひとり親家庭医療費助成制度 北杜市では、ひとり親家庭の親と児童等が病気やケガで通院や入院(入院時食事療養費は除く)した場合に、自己負担した費用を助成
子育て・教育 子育て支援住宅 北杜市では、ミキハウスによる子育てしやすい住宅・環境の認定を受けた子育て世帯を対象とした住宅。
子育て・教育 北杜市認定子ども園 北杜市では、教育と保育を一体的に行う施設
出産 出産育児一時金直接支払制度 北杜市では、出産した方の加入保険組合から直接医療機関に出産育児一時金が支払われます
出産 出産祝い金 北杜市では、第2子5万円、第3子30万円、第4子以降50万円を支給
子育て・教育 児童手当 北杜市では、中学校終了前までの児童を養育している保護者に最大1万5千円を支給
子育て・教育 チャイルドシート等の購入補助 北杜市では、チャイルドシート等の購入をする際、最大2万円を補助

北杜市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 定住促進就職祝い金 北杜市内に居住して市内事業所に正社員として就職した方を対象とした祝い金制度新規学卒者3万円、転入就職者2万円
農林水産業 成年就農給付金 北杜市では、農業技術及び経営ノウハウを習得するための研修に専念する収納希望者を支援します(最大150万円)
農林水産業 北杜市担い手農業者育成助成金 北杜市では、農地集積助成や、チャレンジ農業助成があります
起業・事業・就職 ほくとハッピーワーク 北杜市では、ハローワーク出張所が市役所内に常設
子育て・教育 ファミリーサポートセンター 北杜市では、協力会員による様々な子育て援助が受けられます
子育て・教育 放課後児童クラブ放課後子ども教室 北杜市では、放課後や夏休みなどに、児童を預かり保護者が安心して働くことのできる環境を提供します
子育て・教育 つどいの広場 北杜市では、お子さん同士、ママさん同士のふれあいの場として集いの広場を提供します

参考支援情報:山梨県北杜市HP

山梨県の移住定住支援制度まとめ

山梨県の各市町村別・支援内容別の移住定住支援制度一覧でした。

なお、この移住定住支援情報は2016年版のものですので、

2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは、

各市町村のHP(リンク有り)にてご確認いただければと思います。

山梨県の移住に興味がある人の移住先検討の一助になれば幸いです。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.