京都府丹後のツキノワグマを絶滅保護政策で狩猟・捕獲禁止の是非は?情報や対策@2ちゃんねる


こんにちは、ハン太です。

狩猟解禁がされ、ハンターのみなさんは狩猟にいそしんでいらっしゃる様子。

そんな中、今回は

保護政策により「捕獲禁止」となっている京都府丹後地域のツキノワグマに関する話題です。

この問題は、

  • その地域で絶滅危惧のある動物(今回はツキノワグマ)を守ること
  • その地域の住民の安全を守ること

という2点のどちらを重視して優先するか?という議論になるかと思います。

 

まず、関連記事の内容をまとめると、

  • 京都府丹後地域のツキノワグマ保護政策に疑問の声
  • 現在同地域ではツキノワグマは捕獲禁止
  • 800頭を超えれば絶滅の恐れはないとされる、現在720頭
  • 頭数カウントの仕方に疑問の声(丹波・丹後で分けている)
  • 府内の今年のクマ目撃数はすでに1394件で前年越え

この問題について、2ちゃんねるで肯定的・否定的な意見と一緒に「ツキノワグマ情報・対策」についてのレスも一緒にまとめました。なお、いままでの2ちゃんねる情報まとめと同じように出来るだけ「感情だけのレス」については除いてまとめています。

狩猟に興味のある方、狩猟をしている方の支援情報になれば幸いです。

2ch元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480843797/0-

 

京都府丹後の保護政策によるツキノワグマ捕獲禁止の記事

 京都府内でツキノワグマの出没が最も多い丹後地域で、府の保護政策に対する疑問の声が上がっている。府のレッドデータブックで「絶滅寸前種」とされ、11月15日に解禁された狩猟でもツキノワグマは捕獲禁止だ。12月に入り、クマの活動は鈍くなると思われるが、過去には冬場に出没した例もあり、住民の不安は尽きない。

 「事故が起きないうちに早く何とかしてほしい」「せっかく捕まったのに、なぜ放獣するのか」

引用元

京都府丹後の保護政策によるツキノワグマ捕獲禁止に対して「肯定的」な2ちゃんねるの反応

元ネタ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480843797/0-

人間だけが生きてる訳じゃねえしなあ

人間社会を脅かす存在と言うのは確かだけど

じゃあ、どうすれば一番良いのか?はまだまだ課題山積だのう

そらそうだろ

人間が熊の生息域に近づかなきゃいい

ベランダに出るにもフライパン鳴らして人間の存在を知らせる国や地域もあるんだぜ

ちゃんと自衛策も講じずに人間様とか思い上がりだ

家に入ってこられたら知らん諦めよう

まあ絶滅危惧種なんだから保護しないとね

人間はまあwいざとなったら自分で移動するって手もあるし

なんとかうまくやってって欲しいね

京都府丹後の保護政策によるツキノワグマ捕獲禁止に対して「否定的」な2ちゃんねるの反応

仮にこの保護政策をつづけるんなら、その地域に住む住人に代替地域用意できなきゃ嘘だわな

無理強いするなら、府は住民に、死ねそして餌になれといってるのと同義だろ、これ

>>結局コレ

田舎の人間なんて面倒見たくないんだよ

手間がかかるだけだから

丹後地域に700頭越えはちょっと過密だと思う。

確かに数十年前は絶滅寸前レベルに近かったけど、そろそろ誤捕獲は殺処分して密度調整をする方向に切り替えるべき。

熊猟ができる人がそもそもあまりいないだろうから狩猟解禁は効果が薄いだろうね。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.