【狩猟免許特集】狩猟免許の知識試験 2つのおすすめ勉強法


「狩猟がやりたい」

狩猟がやりたいとおもったらまず狩猟免許を取得しなければはじまりません

狩猟免許取得の簡単な流れについてはこちらの記事にまとめましたが、

もう少し狩猟免許試験にピックアップして内容とおすすめ勉強法をお伝えします。

狩猟免許試験について

311

狩猟免許試験1日に以下3つの試験で構成されており、

全てに合格する必要があります。

  1. 知識試験
  2. 適性試験
  3. 実技試験

今回は1の知識試験の内容と勉強法について解説していきます。

狩猟免許知識試験の内容について

310

知識試験の内容は次の通りです。

  • 筆記試験
  • 3択問題
  • 問題数は30問
  • 試験時間は90分
  • 70%以上の正答で合格

30問の問題の内訳は次のとおりです

  • 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(13問)
  • 猟具に関する知識(6問)
  • 鳥獣に関する知識(9問)
  • 鳥獣の保護管理に関する知識(2問)

初見ですと、「21問正解で合格か…内容も難しそう…」と思われてしまうかもしれませんが、

全然そんなことありません、3日〜1週間くらい勉強すれば受かります。

そのための勉強法は以下をご参照ください。

狩猟免許知識試験のおすすめ勉強法1

315

  • 猟友会主催の「狩猟免許講習会」に参加する(会費10,000円)
  • 参加すると「狩猟読本(参考書)」と「試験例題集」がもらえる
  • 講習では狩猟免許試験のポイントを教えてもらえる
  • 教えてもらったポイントを勉強する

こちらがおすすめの楽勝勉強法です。

講習会は狩猟免許試験の1ヶ月前くらいに行われます。

講習会では、「狩猟読本」と「試験例題集」の中から、試験にでそうなオススメポイントを紹介してもらえます。

教えてもらったポイントを重点的に3日ほど勉強すれば十分合格できます。

ちなみに講習会では、知識試験だけではなく実技試験のポイントも学べるので是非受講をおすすめします。ただ、講習会はほぼ1日がかりです…私もいきましたが、結構疲れちゃいました(笑)

狩猟免許知識試験のおすすめ勉強法2

316

  • 猟友会のHPの通販で「狩猟読本(参考書)」と「試験例題集」を買う
  • 「試験例題集」を全部解けるようにする

こちらの勉強法は、意地でも講習会を受けたくない人か、受けるのを忘れてしまった人のための勉強法です。

狩猟免許の知識試験は「試験例題集と問題がかぶってる」ことが多いです。

なので、例題集さえしっかりやっておけば合格できます

実際、私と一緒に知識試験を受けた方は講習会には参加せずに、例題集だけを1週間程度やっただけで知識試験を合格している方がいらっしゃいました。

ちなみに例題集はそんなにページ数はありませんので安心してください。

まとめ

今回は狩猟免許試験の知識試験の内容と勉強法について紹介しました。猟友会の講習を受講するのがオススメですが、もし受講できない場合は試験例題集をしっかりやるのが試験合格への最良最短の勉強法かと思います。

狩猟免許取得を考えている方の参考になれば幸いです。


1 Trackback / Pingback

  1. 狩猟の猟銃狩猟免許試験の知識・適正・実技試験問題の内容と攻略法 – 狩猟と移住を夢見てもがくサイト

Leave a Reply

Your email address will not be published.