狩猟するために筋肉と体力をつけよう!簡単な筋トレと効率をあげる食事は?


こんにちは、ハン太です。

狩猟をやるには、免許を取得すればできます(銃の認可は別)

しかし実際に当然ではありますが狩猟をやるとなると、

山を徘徊するわけなので、その字の通り道なき道を歩き回ることになります

 

これがキツイ

キツイ…

本当にキツかったです(・ω・)

もう体が筋肉痛でどうしようもなくなりました…

若いときは…若いときは体力に自信があったのに…

 

よく考えたらネット上で現役で狩猟をされている人たちは、

日常的に筋トレをしている方が多い印象です。

飲んでいるサプリをつぶやいたりしている方もいるくらいですからね…

ちなみにこのtweetをされている猟犬にっしさんは実際の狩猟動画をたくさんyoutubeにUPされておりますので、もし興味のある方がいれば「中谷さんちの猟犬日誌」で検索してみてください。僕はファンで全部みてます!

 

さて話をもどして、

毎日普通にサラリーマンをやっているだけの僕のようなヒョロ男くんでは、

狩猟をするための基礎体力が全然足りない、そう実感しました。

 

なので、

「学生時代のように筋トレと運動をしっかりやろう」

そう考えて最近は狩猟に備えて筋トレをやっています!

 

メニューはスポーツジムのトレーナーさんに色々教えていただいたので、

今後自分が継続するための意思表示の意味もこめて、

狩猟のために僕がはじめた筋トレメニューと筋トレ効率UP用食事を紹介します。

 

僕と同じように、

「狩猟やりたいけど、よく考えたら全然体鍛えてない…」なんて人がいらっしゃいましたら、

是非この機会に筋トレ・運動をはじめてみてはいかがでしょうか。

狩猟のためのはじめた筋トレメニュー(トレーニング)

狩猟のため、というより体全体を鍛えるメニューです。

以下メニュー1〜5を約30分で2セットするトレーニングを2日に1回やっています。

 

全然筋トレをしていなかった初心者向けのものなので、

いままで全然運動してこなった人でも十分にこなせる量だと思います。

メニュー1.腕を鍛える

476

腕立て伏せ20回

腕を肩の当たりまで開いて、

体をおろしているときは息を吸いながら、

体をもどすときは息を吐きながら、腕立てを行ってます。

基本、負荷をかけるときに息を吸って、戻す時に息を吐き出します。

メニュー2.腹筋を鍛える

477

腹筋20回

腕を体の前で組んで、腹筋の力だけでおきあがります。

難しければ、画像のように頭の後ろで手を組んで腹筋しましょう。

メニュー3.脚を鍛える

479

スクワット20回

画像のスクワットでは手が頭の後ろにありますが、

両手ともまっすぐ前に伸ばした状態で、

お尻を突き出していく感じで行うのが良いです。

メニュー4.腹筋と背筋を鍛える

478

腹筋ローラー20回

別名コロコロ。amazonで1000円もしないで買えます。

画像みたいな姿勢で、猫の伸びみたいな感じで体を伸ばし、戻します。

メニュー5.背筋を鍛える

ぶらさがり(なんちゃって懸垂)10回

どこかぶら下がれるところでやりましょう。

家の中にぶら下がれるところない場合は諦めるしかないかも…

狩猟のためのはじめた筋トレメニュー(食事)

480

481

筋肉をしっかりつけるために、

鳥の胸肉と豆腐をトレーニング後に食べるようにしました。

豆腐はそのまま醤油でもポン酢でも好きな様に食べてますが、

鳥の胸肉は、

皮を外して捨てる

→1枚(約500g)を半分の250gに切る

→一口サイズに切る

→2分ほど湯がく

→キムチか納豆とあえて食べる

みたいな食べ方をしています。簡単なので料理の経験のない方にもおすすめ。

まとめ

狩猟には体力が必要です。

最初は熟練のハンターの方について教えてもらうことになるわけですが、心配や迷惑をかけないように最低限の体力はつけておかないといけないですね。

しっかりトレーニングを続けて、狩猟に必要な体力をつけていきたいと思います!


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.