山菜・タケノコ・きのこ採り…相次ぐクマの被害。危険な山に入る理由は?ネットの反応は?


こんにちは、ハン太です。

狩猟に興味のある方なら、ニュースでよくみかけるであろう
「◯◯採りに山に入った◯◯さんがクマに襲われ怪我」といった報道。

私もはじめみたときは、
「自分の夕飯のおかずにでもするのかな?」と何気なくみていたのですが、
獣害がひどくなってきて入山注意の呼びかけが多くなってきても、
事故のニュースは減っているようには見えません。

何故、危険な山に入って山菜やタケノコを採るのか?

ちょっと気になったので、ネット上の情報を集めてみました。
私と同じように狩猟に興味のある方に少しでも楽しんでいただければ幸いです。

元ネタ:https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498084558/

【関連ニュース】タケノコ採りの入山 クマ襲撃多発

 タケノコ採りなどの最中にクマに襲われる被害が今年も東北で相次いでいる。それでも入山者は途切れない。なぜ危険を冒して山に入るのか。クマに襲われたとみられる女性(61)が5月末に死亡したタケノコの名産地、秋田県仙北市田沢湖の玉川地区を訪ねた(下略)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000012-asahi-soci

危険な山に入る理由(ネット情報)

ご年配の方にとっては収入源

ネガマリダケが採れる地方では大事な収入源だからね。多少の無理はする

7~8万で命かけられるってすごいな。馬鹿らしくて絶対しない

年金生活の人にとって7~8万は大金だろ

それ何回かやれば余裕で年収分ぐらい行くからな。やめられない。

一回でそれだけ稼げる。一ヶ月フルにやればそれなりの稼ぎになるぞ

危険な山に入ることに対するネットの反応

どの山は所有者がおり、許可の無い者は不法侵入かつ窃盗です

山は人の土地だったりするからな
竹ノ子や自然薯、山菜等が盗まれまくってるだけでなく
自然薯取りで掘った穴を埋めずにそのままにするクズが多すぎ

東北では山は私有地でも「みんなの物」という発想だからね。昔からそこに盗むとか盗まれたとかの考えは所有者含めて薄いんだよな

自分の山や山林で採れよな。人様の土地で勝手なことするなよ

>>山持ってても人手が無いから山持ち達で山菜ジジイシェアするのがトレンドだぞ。採れた量の何割かを徴収してな

山荒らし…山菜 筍泥棒をここ迄美化するとは

年金でやりくりできないから他人様の山に入って山菜泥棒して金に替えてるのか

自分だけは大丈夫今まで死んだ事ないし
↑これ

んで猟銃の許可とらんのやろか

>>銃をもって山菜採りとか他の事出来ないよ。法律で禁止されてる

>>いや出来るよ。問題は直行直帰だけだから

(その他)山菜・タケノコ採りに関する情報・雑談

こいつはクマった

熊さんの大好物のタケノコ盗ってたら、熊さんの方も初めから敵意丸出しだわ。

日本の山村の現状をしらない都会の人間はすぐに熊の話題になると適当なこといって大騒ぎするけどもう日本の山は終わってるよ、公式な数字以上に感覚的にここ数年で大幅に獣害増えた
熊や猪の逆襲が始まってきている。

うちの実家の隣接地に竹林があって、毎年たけのこ取ってる。
ほとんど自家消費だけど、取らないと大繁殖してうちの敷地や道までふさがる勢い。
竹林の管理者がきちんと管理してくれればいいんだがやってくれないところは、隣家は実益をかねて間伐がてらにたけのこ取りするしかないんよ。
たけのこいらないんだったら、けり倒すだけ。

ツレの家の裏が竹林である日畳を突き破って筍が床から生えてきた、と言ってたな…

>>ネタじゃなく本当にそれくらい伸びるからな。一晩で30センチとか長くなるのもある

危険な山に山菜・タケノコ採り入山に関するハン太感想

ネット上では、山菜採り・タケノコ採りに対する否定的な反応が多いですね。

都会人の発想からすれば、他人所有の山に勝手に入って山菜やらタケノコやらとるのは法的にも感情的にもダメそうに見えます。しかも理由が「お金稼ぎ」ですからね。だからこそネット上でも批判的な意見が多いんでしょうね。

とはいえ一方で「田舎の実態としては、採ってくれたほうが助かる」といった意見もあるようです。

うーん…簡単に意見表明できるような内容じゃないですね。
今後も継続してネット上の意見を注視していきたいなと思う内容だと感じています。

どちらにせよ、山に入るのであればクマに襲われないように入念な準備と警戒が必要なのだなあと改めて痛感しました。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.