佐賀県の県市町村別の移住・定住支援制度(仕事・健康・住まい・子育て)まとめ【2016年】


「佐賀県の市町村別の移住定住支援情報まとめ」です。

カテゴリ区分は「仕事・健康・住まい・子育て・その他」となっています。

 

「佐賀県への移住に興味あって、移住・定住支援制度がある地域を探したいけど、一覧でみれない…」

なんて佐賀県への移住希望者の方に参考にしてもらえれば幸いです。

 

佐賀県の移住定住支援の一覧表は、

全部で9市町村の移住定住支援制度を紹介をしております。

 

佐賀県の移住定住支援制度

住まい 移住・転入 さが移住サポートデスク 佐賀県への移住に関する相談窓口として、仕事や住まいなど様々な相談に対応。■相談窓口:佐賀県(移住サポートデスク)、東京(ふるさと回帰支援センター内※予定)
住まい 移住・転入 サガスマイル 佐賀県へのUJIターン就職・移住をお考えの方に対して、佐賀県での暮らし・仕事に関することや、移住支援、移住者の声など様々なお役立ち情報を発信。
住まい 移住・転入 佐賀県レンタカー費用助成金 仕事や住まい探しなど県内への移住を具体的に検討する人の移動をサポートするために、レンタカーの賃借料を1日1,000円で利用可能にする。
仕事 起業・事業・就職 さがUターンナビ UJIターンを希望する方と県内の求人企業を結ぶWebサイト。システムに登録すると、UJIターンを希望する方には求人企業に関する情報を、企業の方にはUJIターン希望者に関する情報提供を行う。
仕事 農林水産業 青年農業者確保・育成対策事業 就農に向けて、研修機関等において研修を受ける者に対し、青年就農給付金〔準備型〕を給付することにより、就農希望者の技術の習得の促進を図る。
結婚 結婚 結婚啓発ライフデザイン事業 新入社員等を対象とした研修等への講師派遣。未婚者(若年層)を対象としたライフデザインセミナー・交流会の開催。
子育て 子育て・教育 子育てし大県“さが”推進事業 子育てに関する情報を集約した総合ポータルサイトの運営、イベント(講演会)の実施。
子育て 子育て・教育 さがキッズランド事業 魅力ある佐賀の遊び場、体験の場等を情報発信するサイトや動画等のコンテンツの制作・運営。
子育て 子育て・教育 さがキッズわくわく(work work)ツアー事業費 子どもたちを対象に佐賀の特色ある仕事体験を実施。
子育て 子育て・教育 イキメン推進事業 男性の地域での子育て支援等の活動を推進するイキメン講座の開催。
子育て 子育て・教育 女性の大活躍推進佐賀県会議 各世代を生きる男性のライフステージ毎に抱えるニーズ・課題(教育、育児、地域活動、職場、労働、介護)に応じたセミナー等の実施。
子育て 子育て・教育 佐賀の子どもたち「五感」を引き出す体験事業 子どもや保護者等を対象にコミュニケーションの大切さを学ぶ体験等の実施。
子育て 出産 佐賀県不妊治療支援事業はじめまして赤ちゃん応援事業 不妊治療を希望しているにも関わらず、経済的負担を感じている夫婦に対し、治療費の一部を助成し、相談体制を強化することにより、子どもを産み育てやすい環境づくりを行う。
子育て 起業・事業・就職 ひとり親家庭等在宅就業推進事業 ひとり親家庭等における、自立に向け安定した生活を得るための就業支援のひとつとして、一般就労が困難な一人親に対する就労のための支援。
子育て 出産 子育て支援カウンセラー派遣事業 ハイリスク妊産婦に対して、臨床心理士等カウンセラーの相談を実施。
子育て 子育て・教育 未来へ向けた胃がん対策推進事業費 県内の中学3年生を対象にピロリ菌検査・除菌治療を推進することにより、子どもたちの将来的な胃がん発症リスクを軽減する。
子育て 子育て・教育 子どもが本に親しむ環境づくり推進事業 新刊児童書の全点購入など県立図書館の子ども向けサービスの充実に加え、地域コミュニティの中にある子どもの居場所の図書コーナーの充実、読み聞かせグループの育成支援などを通じて、本に親しむ環境づくりを推進。
子育て 健康・医療 小児救急電話相談事業 子どもの夜間におけるケガ・急病時において患者への対処方法や受診の要否などを電話で助言する相談窓口を設け、県民が安心して子育てできる環境づくりを行う。
子育て 健康・医療 がん先進医療受診環境づくり事業費 公的医療保険の適用がないがん先進医療の普及を図るため、県民ががん先進医療を受診しやすい環境づくりを行う。
子育て 子育て・教育 エンジョイパーク吉野ヶ里「子育てし大“券”」事業 子育て世代をメインターゲットとして、吉野ヶ里歴史公園が持つ「広場や遊び場などのレクリエーション空間」としての魅力を広域的に情報発信。〇招待券の配布
子育て 子育て・教育 佐賀県子育て世代就活サポート事業費 再就職への不安等を持つ子育て世代の女性の就活支援。

参考:佐賀県HP

佐賀県嬉野市の移住定住支援制度

住まい 家を購入する・改修する 嬉野市:定住促進奨励金 嬉野市では、定住人口の増加を図るため、市内に在住することを目的として住宅を取得された方に対して、定住奨励金を30万円から支給。
住まい 空き家 嬉野市:空き家バンク制度 嬉野市への定住促進と地域の活性化を図るため、嬉野市内にある空き家の所有者から情報を提供してもらい、住居を探している方へホームページなどで紹介する制度。
住まい その他 嬉野市:家庭用生ごみ処理機の購入補 ごみを減量化するため、家庭用生ごみ処理機の購入費に対し、補助金の交付を行う。
結婚 結婚 嬉野市:結婚支援推進事業 独身男女の出逢いとカップル成立を目的とした日帰りバスツアーを開催。また、男性向けコミュニケーション能力アップ講座を年7回開催。さらに、男性女性合同婚活セミナー&交流イベントも開催。
子育て 健康・医療 嬉野市:小学生・中学生・高校生医療費助成事業 小学生、中学生、高校生を対象に、一人1ヶ月500円の自己負担を差し引 いて支給。
子育て 出産 嬉野市:不妊治療費助成制度 女性不妊治療の場合、1回の治療につき助成対象経費から佐賀県不妊治療支援事業助成額を控除した額(最高10万円)を支給。男性不妊治療の場合、治療1回につき助成対象経費の2分の1の額(最高10万円)を支給。
子育て 子育て・教育 嬉野市:チャイルドシート等貸付事業 半年以内の期間無料でチャイルドシート等を貸出す。«対象»6歳未満の乳幼児を養育している保護者
子育て 子育て・教育 嬉野市:一時預かり事業 一時的に保育ができない児童を保育所で受け入れて保育する。«対象者»満1歳以上で保育園に通っていない児童(嬉野市内に住所のある方)*里帰りの理由で市内に住所がなくても利用できる場合もある。
子育て 子育て・教育 嬉野市:乳幼児健康支援一時預かり事業 病気回復期又は回復に至っておらず、自宅での保育を余儀なくされた児童を仕事等の理由の為家庭保育ができない場合に、病院の保育室で預かり子育てを支援するもの。≪対象者≫おおむね8歳未満の児童
子育て 子育て・教育 嬉野市:子育てファミリー・サポート事業 「子育ての援助を受けたい人(お願い会員)」と「子育ての援助をしたい人(まかせて会員)」が会員となり、送迎や一時預かりを有償で行う「子育て相互支援事業」。≪対象≫0歳~小学生までの児童≪時間≫6~21時
子育て 子育て・教育 嬉野市:地域子育て支援センター事業 地域全体で支援する基盤の形成をはかるため、子育て家庭に対する育児支援を行う。≪時間≫月~金曜10時~16時≪内容≫あそびのひろば、赤ちゃんひろば、運動あそび、親子のつどい、相談、講演会等。
子育て 子育て・教育 嬉野市:児童手当 中学校卒業までの児童を育てる保護者に対して養育支援として支給。«対象者»中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を扶養している方
子育て 子育て・教育 嬉野市:「生きる力の教科書」活用推進事業 嬉野市副読本「生きる力の教科書」を活用し、小学校6年生~中学校3年生までの4年間の連続性を重視して正しい知識を身につけさせ、自己解決力や自己防衛力を培い、知・徳・体のバランスのとれた教育を推進を図る。
子育て 子育て・教育 嬉野市子ども学校塾 市内全小学校の児童を対象とし(参加は任意)、子ども達に月~金の毎日、学校が終わってすぐ宿題に取り組ませることで学習習慣の定着を図る。
子育て 子育て・教育 嬉野市:コミュニティ・スクールの推進事業 全小中学校に学校協議会を設置し、地域や保護者の代表者等による協働で学校運営を行う。保護者や地域の要望を迅速かつ的確に反映させた学校運営の推進を図る。ボランティア等通して豊かな心の育成を図る。
仕事 農林水産業 嬉野市:青年就農給付金 青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を目的とし、就農前後の青年に年間150万円を給付するもの。就農前の農業研修生向けの「準備型」と農業経営を開始して間もない新規就農者向けの「経営開始型」がある。

参考:佐賀県嬉野市HP

佐賀県鹿島市の移住定住支援制度

住まい 空き家 鹿島市:空き屋バンク制度 空き家を所有する方と空き家の利用を希望する方(U・Iターン者)に「鹿島市空き家バンク」に登録してもらい、市がその情報を提供。
住まい 家を購入する・改修する 鹿島市空き屋活用事業 空き家登録物件と利用希望者間で契約が成立し、転入者で3年以上定住しようとする者または転入者に3年以上空き家を賃貸しようとする建物の所有者に対し、その住宅をリフォームした場合に工事費の2分の1を助成。
住まい 家を購入する・改修する 鹿島市住宅改修事業〈住宅リフォーム助成) 市民が市内の業者によって市内に存する住宅のリフォーム工事を行う際、予算の範囲内において、工事費の2分の1を補助金として交付。
住まい 移住・転入 鹿島市定住促進住宅入居に関する補助 市外からの転入者が入居した場合、2年間3千円を家賃から減額する。また、小学校就学前の子どもがいる場合は、更に2年間2千円減額する(ただし小学校就学前まで)。また、市外からの転入者は敷金が免除される。
仕事 起業・事業・就職 鹿島市肥前浜宿空き町屋入居促進事業(住宅改修費補助) 市外に3年以上居住していた転入者が、重要伝統的建造物群保存地区内の空き町家に5年以上居住又は営業する場合、建物の住居・店舗部分等の改装費の2/3を補助。ただし上限200万円。
住まい 移住・転入 鹿島市肥前浜宿空き町屋入居促進事業(家賃助成) 市外に3年以上居住していた転入者が、空き町家に住民票を移し5年以上定住かつ、肥前浜宿のまちづくりに協力する場合、家賃の2/3を補助。ただし上限5千円/月。 対象となる期間は2年間。
仕事 農林水産業 鹿島市新規就農者定着支援事業 市外から市内へ転入して新たに農業を始める新規就農者の方に対しての生活支援と、その新規就農者を研修していただく市内農家に対しての研修支援を行う。
子育て 健康・医療 鹿島市子どもの医療費助成制度 市内に住所を有する子どもが診療を受けた場合に、要した医療費のうち保険診療にかかる自己負担金額の一部を助成。ひと月・1医療機関につき、通院は上限500円を2回まで負担、入院は上限1,000円を負担

参考:佐賀県鹿島市HP

佐賀県小城市の移住定住支援制度

住まい 空き家 小城市:空き家バンク 市内の空き家を所有している方より、物件情報を登録していただき、移住・定住を希望する方へ情報を提供しています。
住まい 家を購入する・改修する 小城市:空き家改修費助成制度 小城市空き家バンクに登録された空き家(一戸建て住宅)の改修工事及び不要物の撤去などを行う方に対して、改修費を補助します。
住まい 家を購入する・改修する 小城市:定住促進住宅取得奨励金制度 平成28年7月1日から平成32年3月31日までの間に、市内に一戸建て住宅を取得し5年以上定住される方に対して奨励金を交付します。
子育て 健康・医療 小城市:子どもの医療費助成制度 【小・中学生】入院した場合、一部負担金(3割)を支払い、高額医療費の手続き終了後「子どもの医療費助成交付申請書」で市に申請する。医療機関ごとに1ヶ月1,000円の自己負担を差し引いて助成する。
子育て 健康・医療 小城市:ロタウイルスワクチン接種費用助成事業 任意予防接種のうちロタウイルスワクチン接種に要する費用の一部補助を行う。
子育て 健康・医療 小城市:パパママ教室 歯科医師・保健師による教室を年間3回開催する。(日曜開催)
子育て 出産 小城市:不妊治療費補助事業 保険適用とならない体外受精・顕微授精にかかる費用の一部を補助を行う。
結婚・子育て 子育て・教育 小城市:地域子育て支援拠点事業 地域において子育て親子の交流等を促進する子育て支援拠点の設置を推進することにより、子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを促進します。
結婚・子育て 子育て・教育 小城市:学校食育推進事業 学校給食において、副食の材料に県・市産農林水産物を通常の給食よりも多く利用する「ふるさと食の日」を年に2回実施しています。給食の材料費の一部を助成しています。
結婚・子育て 子育て・教育 小城市:幼稚園・保育園国際交流事業 外国人と言葉やジェスチャーによって触れ合うことにより、心のコミュニケーションをとりながら、文化交流をし、園児がスムーズに語学教育へと繋がるように派遣しています。

参考:佐賀県小城市HP

佐賀県神埼市の移住定住支援制度

住まい 空き家 神埼市:空き家・空き地バンク制度 市のホームページ等で市内の空き家・空き地バンクを公開して、定住、移住のサポートをしている。
住まい 家を購入する・改修する 神埼市:空き家改修費助成事業補助金 空き家・空き地バンクを利用して、空き家の購入又は賃貸契約し、空き家改修の場合、改修費にかかった費用の1/2(限度額50万円)を補助。また、空き家不要物撤去の場合は、1/2(限度額10万円)を補助。
住まい 移住・転入 神埼市:定住促進住宅取得補助金 定住を目的に市内に住宅を取得された方に対して、定額20万円補助金を交付。また、過疎地域等や市外からの移住、子育て世帯等に対し加算額がある。
結婚 結婚 神埼市:マイルド婚活事業「美活スクール」 おおむね40歳までの男女を対象とした婚活事業。結婚式場にてコース料理をいただきながらのテーブルマナーなどのレッスンを2回行い、共同作業を通じてマッチングを行う。
子育て 健康・医療 神埼市:ひとり親家庭等医療費助成 ひとり親等の家庭が対象で、子どもの医療費について、各月500円を超える分を助成する。
子育て 子育て・教育 神埼市:ベビー用品貸与事業 ベビーベッドやベビーカーを貸与し、子育てにかかる経済的負担を軽減する。所得制限がある。
子育て 子育て・教育 神埼市:子育て応援事業 育児に悩む親に対して、相談・助言を行う専門員を設置し、子育て世代を支援する。
子育て 健康・医療 神埼市:小・中学生医療費助成事業 市内に住む小学生及び中学生を対象として、医療費について、一人一月500円を超える費用に対して助成する。
その他 出産 神埼市:不妊治療費助成事業 不妊治療に要する費用の一部を助成する。初年度は、20万円以内、次年度以降は、年度毎に10万円以内を通算して5年を限度として、助成する。

参考:佐賀県神埼市HP

佐賀県多久市の移住定住支援制度

住まい 家を購入する・改修する 多久市:子育て・若者世帯定住奨励事業 申請者若しくは配偶者が40歳未満の世帯または申請者に中学生以下の子がある世帯が、多久市内に新たに住宅を取得した場合、20万円を交付。加算として、転入加算20万円と地元業者加算20万円があるが、上限50万円。
住まい 空き家 多久市:空き家リフォーム補助事業 空き家バンクを介して売買契約をし、市内業者を利用して50万円以上のリフォームする場合、リフォーム代の10%を補助(上限30万円)。加算として、転入加算20万円がある。
住まい 家を購入する・改修する 多久市:三世代同居増改築等補助事業 三世代同居開始1年以内に、200万円以上の増改築か建て替えまたは新築中古住宅を購入した場合、増改築等費用の3%を補助。加算として、地元業者加算30万円があるが、補助金の上限は50万円。
結婚 結婚 多久市新婚世帯家賃等補助事業 過去1年間に婚姻届出をしている夫婦のいずれも40歳未満の新婚世帯が、民間賃貸住宅に入居した場合、家賃補助金を交付します。また、居住するために住宅のリフォームを行った場合、増改築等補助金を交付します。
住まい その他 多久市宅地造成事業 定住と交流を支える生活基盤づくりとして、優良な宅地供給を行うことによる定住促進図る目的で公園や運動施設に隣接した住環境に適した場所に28区画の住宅団地造成を行い、分譲を行っています。
住まい 家を購入する・改修する 多久市:空き家バンク制度 市内の空き家の有効利用を通じて、都市との交流や定住促進による地域活性化を目的で、空き家・空き地の売却・賃借を希望する所有者からの情報を収集し、その情報を市内外の購入・借入を希望する方に提供します。
子育て 子育て・教育 多久っ子健診(子ども世代の生活習慣病予防) 小学校5年生と中学校1年生を対象に生活習慣病予防健診を実施しています。学校の保健委員会や校長会などで実態の情報提供を行い、食育事業を含めて活動を展開しています。
子育て 子育て・教育 多久市:お多福エプロン隊による食育活動 市内保育園や学校への食育事業を推進するため、食生活改善推進員の中からチーム(お多福エプロン隊)を作り、活動を展開しています。
子育て 子育て・教育 多久市:小中一貫教育の推進 市内小学校7校と中学校3校を再編し、平成25年に小中一貫校3校を開校しました。義務教育9年に4・3・2制を導入し、基礎期・充実期・発展期と位置付けて、施設一体型の校舎で学校運営を行っています。
その他 子育て・教育 多久市:論語教育の推進 孔子の教えである「恕の心(思いやりの心)」の育成のため、学校ではその教えをまとめた「論語カルタ」を日々の教育の中に取り入れ、論語カルタ大会、論語検定試験(試験料は市費で支出)などを行っています。
子育て 健康・医療 多久市:子どもの医療費助成 0歳から小学校就学前まで、全疾患の保険診療の自己負担金の一部を現物支給で助成。また、小学生から満18歳に達する日以降の最初の3月31日までのものまでの全疾患の保険診療の自己負担分の一部を償還払いで助成。

参考:佐賀県多久市

佐賀県鳥栖市の移住定住支援制度

仕事 起業・事業・就職 スタートアップ!鳥栖シティ!「鳥栖市産業支援相談室(愛称:鳥栖ビズ)」 JR鳥栖駅そば、サンメッセ鳥栖1階に「鳥栖市産業支援相談室(愛称:鳥栖ビズ)」を設置。鳥栖ビスには、中小企業診断士が常駐し、創業や新規事業展開などへの相談や支援制度の紹介などを無料で行っています。
仕事 起業・事業・就職 鳥栖市:ふるさとテレワークで人を活かす!「九州みらいジャンクション創出事業」 駅前商店街に「さがんみらいテレワークセンター鳥栖」を設置。都市部企業のサテライトオフィスや、女性や学生、地域住民がITに関するスキルアップができるコワーキングスペースとして広く利用されている。
子育て 子育て・教育 鳥栖市:こどもが多い鳥栖だから「保育所等整備促進事業」 平成29年4月に私立保育所3園新設、幼稚園1園が認定こども園へ移行予定で、定員は260人増加します(総定員2,020人へ)。子育て世代の転入が多い鳥栖市は、今後も充実した子育て支援に取り組みます。
子育て 健康・医療 鳥栖市:元気に育て鳥栖キッズ!「高校生入院までの医療費助成拡大事業」 小学生までの通院医療費助成、18歳までの児童の入院医療費助成を行っており、子育て世帯(特に多子世帯)の経済的負担軽減と充実したサービス提供を行っています。
子育て 子育て・教育 鳥栖で学びたい!その1「小中一貫教育推進事業」 小中学校が目標を共有し、小中学校の教職員が一体となって学習指導や生徒指導等に取り組み、義務教育9年間の連続性のある指導を行うことで、学力の向上、社会性の育成、中一ギャップの克服などをめざしています。
子育て 子育て・教育 鳥栖で学びたい!その2「教科『日本語』」 平成27年度から全市立小中学校で実施。全国で3番目、九州初の取組です。鳥栖市独自で作成した教科書を使用し、我が国の言語や文化、そして礼儀作法に触れ、その良さを「楽しみ」「親しみ」「味わう」教育です。
子育て 子育て・教育 鳥栖で学びたい!その3「ICT利活用教育推進事業」 小中学校へのICT機器の導入を推進し、電子黒板、電子教科書やインターネットを利用した授業を可能とすることで、わかりやすい授業の実現、児童生徒の情報能力の向上を図り、学力向上に努めています。
子育て 子育て・教育 鳥栖市:子ども達に質の高い文化・芸術を「アウトリーチ事業」 魅力あるクリエーターやアーティストを招聘した演奏会や、ワークショップなどの体験型の事業などを学校や幼稚園、保育所などの施設訪問によって展開し、子ども達が質の高い文化や芸術に触れる機会を創出しています。
その他 その他 始まる!新たな鳥栖の顔づくり「鳥栖駅周辺まちづくり事業」 鳥栖駅等の鉄道施設で分断されている中心市街地の東西の連携を強化し、鳥栖駅周辺地域の利便性向上と中心市街地の活性化を図り、駅周辺に新しい「ひと」、「しごと」の流れを生み出していきます。
健康・医療 その他 鳥栖市:室内プールで多世代交流!「(仮称)健康スポーツセンター整備事業 子どもから高齢者まで気軽に水に親しみ、新たな健康づくりのための施策として、市民公園内に屋内温水プールを中心とした、(仮称)健康スポーツセンターの整備を計画しています。(平成30年度開業予定)
子育て 子育て・教育 鳥栖市:通学路に安全と思い出を「小学校周辺安全対策整備事業」 市民からの通学路の新たな「路肩カラー化」を望む声が多く、交通安全対策効果が高いとの回答が多数得られたため、路肩カラー化の対象範囲を拡大して整備し、通学環境の安全性をさらに高めていきます。
その他 その他 すべては鳥栖のために「サガン鳥栖支援事業」 サガン鳥栖ホームゲーム「鳥栖市民デー」の開催や、市内全世帯へのシーズンカレンダー配布、市内小学校でのサッカー教室開催など、地域が一丸となってサガン鳥栖をサポートしています。
子育て 健康・医療 鳥栖市:充実の救急医療体制 小児の夜間救急の際に久留米広域小児救急センター(聖マリア病院地域医療支援棟1階)で小児科医による診療を受けることができます。(診療時間19:00~23:00)

参考:佐賀県鳥栖市HP

佐賀県唐津市の移住定住支援制度

子育て 子育て・教育 唐津市:子育て支援情報センター運営事業 子育て世帯に対して有益な情報提供と相談窓口を開設し子育て支援を図る。
子育て 子育て・教育 唐津市:病後児保育事業 児童が病気回復期にあるため集団保育が困難な期間について、一時的な預かり保育を行い子育てと仕事の両立支援を図る。
子育て 子育て・教育 唐津市:子育て緊急サポートセンター事業 子育て世帯で保護者が病気等の際、一時預かりや送迎等を行う相互援助活動による子育てと仕事の両立支援を図る。
子育て 子育て・教育 唐津市:一時保育事業 子育て世帯に対し一時的に家庭保育が困難な場合や保育に欠けない3歳以上の児童の教育時間外の預かりを実施することによりサポートする。
子育て 子育て・教育 唐津市:延長保育事業 子育て世帯に対し保育時間を超えて子どもを預かることにより子育て支援を図る。
子育て 子育て・教育 唐津市:放課後児童クラブ 就労等により昼間保護者が留守となる家庭の小学生に、遊びを中心とした生活指導を行い保護者への子育て支援を行う。
子育て 子育て・教育 唐津市:子育て短期支援事業 保護者が病気やその他の理由により、家庭において一時的に児童の養育が困難になった場合に、児童養護施設で一定期間、児童の養育・保護を行う
子育て 子育て・教育 唐津市:子育て支援ひろば 子育てを支援するため、未就園のお子さんを持つ親子に園庭などを開放し、育児やしつけ、お子さんの発達の悩みなども受付
子育て 子育て・教育 唐津市:母子保健事業 母子保健全般・母子手帳交付・妊産婦健診票交付・母子訪問事業・養育支援訪問事業・母子保健推進員の訪問・乳幼児相談事業・乳児健診票交付・乳幼児定期健診・各種教室(離乳食、多胎児)・育児サークル・各種相談
子育て 出産 唐津市:不妊治療支援事業費 不妊で悩む夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療を受けている夫婦に対し助成金を交付するもの。
子育て 健康・医療 唐津市:子どもの医療費助成事業 子育て世代の経済的負担軽減を図るもの。対象児童0歳~中学3年生
仕事 起業・事業・就職 唐津市:創業・新事業バックアップ補助 市内で創業を志す人や新しい事業に取り組む人が創業・新規事業のための資金融資を受けた場合に信用保証料の全額か一部を補助
仕事 起業・事業・就職 唐津市:地域のがんばる商店街等支援事業 地域の商店街などで意欲ある団体や個人を支援するため、商店街組合などが実施する販売促進事業や、出店するときの店舗改装費用に補助
仕事 起業・事業・就職 唐津市:創業塾 新しく創業を考えている人を対象に、創業に必要な経営・人材育成・財務・販路開拓・ビジネスプラン作成など創業に必要な知識の習得のため創業塾を開催
仕事 農林水産業 唐津市:青年就農給付金(経営開始型) 青年の就農定着を図るため、リスクを負って経営開始した新規就農者に対し、経営が軌道にのるまでの間(最長5年間)の所得確保に向けた支援を行うもの。
その他 子育て・教育 唐津市奨学金 唐津市に住所を有する方を対象に、高校・大学等への進学を支援するための奨学金です。
住まい 空き家 唐津市空き家バンク 市内空き家を有効活用することにより、移住を促進するとともに地域の活性化を図る
住まい 空き家 唐津市:空き家改修事業補助金 空き家バンクに登録された物件の改修費の半額を補助する。(上限50万円)
移住・体験 移住体験 唐津市:お試し移住モニター事業 唐津へ将来移住をお考えの方に、最長1ヶ月間唐津市にミニ移住してもらう。家賃・光熱費等の負担はない。
子育て 子育て・教育 唐津市:教育・保育施設給付費 認定こども園、保育所、地域型保育事業に給付を行い、児童福祉の増進を図るもの。第2子半額、第3子以降無料。年収に関わらず、第1子を小学校6年生までの範囲で算定

参考:佐賀県唐津市HP

佐賀県武雄市の移住定住支援制度

住まい 家を購入する・改修する 武雄市:定住特区補助金制度 市外から定住特区(橘町・若木町・武内町・西川登町・東川登町・山内町・北方町)に、永住を目的として住宅を新築、または空き家を購入及び賃借する世帯責任者を対象に補助を行う。
住まい 空き家 武雄市:空き家バンク制度 空き家の所有者と購入等希望者に空き家バンクに登録してもらい、登録物件情報を購入等希望者に提供する(対象:武雄市全域)。
住まい 空き家 武雄市:家財撤去補助金制度 空き家バンクに登録している物件に入居者が決定し、売買・賃貸契約が交わされている場合に、家主へ家財撤去にかかる費用の補助を行う。

参考:佐賀県武雄市HP

佐賀県全体の移住定住支援制度まとめ

佐賀県の移住定住支援制度は上記の通りです。

2016年版のものですので、2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは各市町村のHPにてご確認いただければと思います。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.