【中部】新潟県18市町村別の移住・定住支援制度(住宅・子育て・健康・仕事)まとめ【2016年】


目次

新潟県上越市の移住定住支援制度

上越市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 新規就農者住居費補助金 上越市では、U・I・Jターンで新規就農した方が賃貸住宅(アパート等)に住居している場合に家賃の一部を支援します。
家を借りる 就労促進家賃補助金 上越市では、U・I・Jターン等により市内の賃貸住宅に入居する人に対して、家賃の一部について一年間補助します。
設備 木造住宅耐震診断支援事業 上越市では、木造住宅の耐震診断を希望する市民に専門家を派遣し、住宅の耐震性能の現状を調査するとともに診断費用の一部を補助します。
家を購入する・改修する 木造住宅耐震設計支援事業 上越市では、耐震診断の結果、補強が必要とされた木造住宅について、耐震改修の設計費用の一部を補助します。
家を購入する・改修する 木造住宅耐震改修支援事業 上越市では、耐震診断の結果、補強が必要とされ、耐震設計を行った木造住宅について、耐震改修費用の一部を補助します。
その他 克雪すまいづくり支援事業 上越市内の特別豪雪地帯で克雪住宅を整備する人に、補助金を交付します。

上越市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 ファミリーヘルプ保育園 上越市では、育児疲れの解消や保護者の急病時など、緊急時または一時的な保育ニーズに応えるため、24時間預かり可能な一時保育を行います。
子育て・教育 子育て応援ステーション 上越市では、子育てに関する情報やイベント、健診や各種予防接種などの情報を専用のホームページに掲載しています。メールマガジン・ツイッターの配信も行っています。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター 上越市では、育児の援助を行いたい人(提供会員)と育児の援助を受けたい人(依頼会員)が相互援助活動を行う会員組織です。アドバイザーが仲介し、会員相互の調整等を行っています。
子育て・教育 子育てジョイカード 上越市では、18歳未満のお子さんが3人以上いる世帯に「子育てジョイカード」を交付し、カードを提示した人に対し、協賛店舗等が商品の割引や特典などのサービスを提供します。
子育て・教育 病児・病後児保育室 上越市では、保育園、幼稚園、認定こども園及び小学校に在籍しているお子さんが、病気の回復期に至っていないため、または病気の回復期にあるため集団保育等が困難なとき、保育園や幼稚園等に代わって保育等を行っています。
子育て・教育 保育室 上越市では、保育園、幼稚園、認定こども園及び小学校に在籍しているお子さんが、保育園や幼稚園等に代わって保育等を行っています。
健康・医療 子ども医療費助成 上越市では、中学校卒業までの子どもの医療費に対し、自己負担金から一部負担金等を控除した額の助成を行います。※平成28年9月からは助成の対象を高校卒業相当の年齢まで拡充します。
子育て・教育 じょうえつ子育てinfo 上越市では、様々な子育て相談から、保育園、認定こどもの園などの空き情報の提供、関係機関との連携など、ワンストップ窓口を開設しています。
子育て・教育 こどもセンター 上越市では、就学前の子どもとその保護者を対象に、親子の遊びの場、保護者同士の交流の場を提供しているほか、子育て相談や子育て情報の提供をする子育て支援の中核的な施設です。
子育て・教育 子育てひろば 上越市では、就園前の子どもと保護者を対象に、親子の遊びの場、保護者同士の交流の場を提供しているほか、子育て相談や子育て情報の提供も行っています。
子育て・教育 子育て関連施設における相談 上越市では、保育園や子育てひろば等において、子育て相談に常時応じるほか、栄養士など専門職員による相談室を定期的に行います。
子育て・教育 ベビー健康プラザ 上越市では、妊娠中の方及び6か月以上1歳未満の赤ちゃんとその保護者を対象に、子育て支援情報の提供、離乳食やおやつ、遊びについての講座、保護者同士の情報交換、助産師や栄養士による個別相談を行います。
子育て・教育 子育てセミナー 上越市では、こどもセンター及び子育てひろばにおいて、楽しく子育てができるよう、子育てに関する各種講座や体験学習、親子向けのイベント等を行います。
子育て・教育 公立幼稚園保育料の減免 上越市では、多子世帯や世帯の所得の状況により保育料を減免します。
子育て・教育 延長保育 上越市では、保護者の就労状況等により、必要に応じて保育時間を延長しています。(延長保育の時間は各園で異なります)
子育て・教育 放課後児童クラブ 上越市では、就労等により昼間保護者の不在となる家庭の小学生に対し、遊びを主とする活動を通じて児童の育成と保護者の就労を支援します。
子育て・教育 一時預かり保育 上越市内の一部の公立・私立保育園において、緊急時や一時的な保育サービスを提供しています。
子育て・教育 奨学金 上越市では、経済的理由などにより就学が困難な学生などに対して、無利息で奨学金の貸付を行っています。・保護者の住所が市内にあり、高校や短大、大学などに在学し、保護者等の所得額が基準以下の人が 対象です。
子育て・教育 定住促進奨学金 上越市内に居住しながら、市外の学校に通う学生に対し、公共交通機関の使用経費(定期代)を奨学金として貸し付けます。さらに、卒業後も上越市に居住し就業する者に対しては返還額の3分の2に相当する額を免除します。

上越市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 新規就農者大型特殊免許等取得費補助金 上越市では、U・I・Jターンで新規就農した方が新規就農者等が大型特殊免許、けん引免許を取得する場合に取得費の一部を支援します。
農林水産業 新規就農者農業用機械購入費補助金 上越市では、U・I・Jターンで新規就農した方が市内で独立・自営就農した場合に農業用機械購入費の一部を支援します。
起業・事業・就職 新規学校卒業者就職試験支援補助金 上越市では、新潟県外の学生等が、上越市内中小企業等の就職試験を受験する際の交通費を最大1万円補助します。
起業・事業・就職 高校生資格取得支援補助金 上越市では、高校生の就職を支援するため、就職に有利とされている資格の取得に要する受験料等を最大1万円補助します。

上越市の移住支援情報

移住体験 移住体験ツアー 上越市では、移住サポート団体が移住体験ツアーを開催しています。農業、雪国暮らし、やまざとならではの暮らしなど、様々な体験をすることができます。
移住体験 移住体験施設 上越市内には、移住体験施設が4か所あり、地元の方が管理しています。海・山・平野の恵みと人の温かさあふれる上越市で短期滞在から長期滞在まで、ご希望のスタイルに合った田舎暮らしを体験できます。
移住体験 お試し農業体験 上越市の実施するおためし農業体験に参加する方に宿泊費の一部を支援します。また、市内の移動で使用するレンタカーの使用料を支援します。
移住・転入 ふるさと暮らし支援センター 「上越市はどんなところ?」「雪はどのくらい多いの?」「移住する前に上越市の暮らしを体験してみたい」など、上越市への移住に関するご相談を受け付けています。電話やメールなどでお気軽にお問い合わせください。
移住・転入 「じょうえつ」で暮らす 上越市を様々な視点で見ていただくために、「上越市の自慢」や「ライフスタイルの提案」、「実際に移住された方のインタビュー」や「上越の誇る名産品」などを紹介しています。
移住・転入 移住者受入可能な集落紹介 上越市への移住希望者と集落をマッチングため、移住者の受け入れに積極的な集落を紹介しています。紹介している集落についてご質問等ある場合は、お問い合わせください。
移住・転入 ふるさと暮らしセミナー 上越市では、移住に関心を持っている方に対し、当市への移住体験談、生活情報等も紹介し、当市への移住のきっかけを提供するセミナーを東京で開催しています。
農林水産業 就農支援パンフレット 上越市へのU・I・Jターンで新規就農を検討される方向けのパンフレット。上越の暮らしがイメージできるよう、経験者のインタビューの掲載や新規就農者への支援策について紹介しています。

参考支援情報:新潟県上越市HP

新潟県新潟市の移住定住支援制度

新潟市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 子育て支援 健幸すまいリフォーム助成事業 新潟市では、妊婦や中学生以下の子どもがいる子育て世帯を対象に、自宅のバリアフリーリフォームや子育て対応リフォームなどの工事費用の一部を補助。
空き家 空き家活用リフォーム推進事業 新潟市では、空き家を購入して住み替える場合のリフォーム費用の一部を補助。
家を購入する・改修する UIJ支援にいがたすまいリフォーム助成事業 新潟市では、県外からのUIJターン世帯に対し、住宅リフォームや転居に係る費用の一部を補助。

新潟市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 乳幼児用減免ごみ袋 新潟市では、3歳未満の乳幼児を養育する世帯に3歳になるまでの分としてごみ袋を支給。
健康・医療 こども医療費助成 新潟市では、通院は0歳から小学6年生まで、入院は0歳から高校3年生まで医療費を助成するほか,高校3年生までの子が3人以上いる世帯は、入院・通院ともに0歳から高校3年生まで助成(一部自己負担あり)。
子育て・教育 にいがたっ子すこやかパスポート 新潟市では、妊婦及び小学6年生以下の子どもの保護者に対し、協賛店(市内約700店)で提示することにより商品の割引や特典の付与などのサービスが受けられるカードを発行。
子育て・教育 新潟市ファミリー・サポート・センター 新潟市では、子育てを応援してほしい人と応援したい人がそれぞれ会員登録を行い、センターが各々の条件にあった会員を紹介することで、地域の中で預かりや送迎などのサポートを行う。
子育て・教育 みなし寡婦(夫)控除 新潟市では、未婚のひとり親家庭に対して、所得税・住民税の「寡婦(夫)控除」をみなし適用し、保育料や放課後児童クラブ利用料等を軽減。
子育て・教育 子育てワンストップサービス「子育てなんでも相談センターきらきら」 新潟市では、子育てに関する相談をワンストップで受付(電話・メール・FAX)。コーディネーターが必要な情報を案内するほか、専門機関へつなぐなどの対応をする。
子育て・教育 保育料の軽減 新潟市では、同一世帯に保護者が同じ小学3年生以下の児童が3人以上いる場合、最も年齢の高い児童から数えて3人目以降の児童の保育料は無料。児童が2人以上同時に保育園等を利用する場合、2人目の児童の保育料は1/4に。
子育て・教育 延長保育 新潟市では、就労形態の多様化などに伴う延長保育の需要に対応するため、延長保育を実施。
子育て・教育 休日保育 新潟市では、休日などに保護者の就労等の理由により、保育を必要とする児童を保育。
子育て・教育 病児保育 新潟市では、病気や病気回復期にある子ども(生後6か月~小学6年生まで)を対象に、保護者の就労などの理由により家庭で保育できない場合に、医療機関に併設した施設で保育を実施。
出産 妊娠・出産サポート体制整備事業 新潟市内全区の健康福祉課に開設する「妊娠・子育てほっとステーション」において保健師や助産師等専門職員が、妊娠前から子育て期を通じて切れ目のない支援を行う。
健康・医療 妊婦・乳児健康診査費助成 新潟市では、県内の産科等医療機関で受診する場合、受診料が無料になる受診票14回分を交付。○生後3か月頃及び10か月頃に県内の小児科等医療機関で受診する場合、受診料が無料になる受診票2回分を交付。
出産 特定不妊治療費等助成 新潟市では、特定不妊治療を受けた夫婦に対し、医療費の一部を助成。○不育症治療の保険診療による検査、治療費の自己負担額を一部助成。
子育て・教育 新潟発「わくわく教育ファーム」の推進(農業体験学習の推進) 新潟市では、授業に農業体験を取り入れた「アグリ・スタディ・プログラム」(農業体験学習プログラム)を中心に、市内全小学校で農業体験学習を推進。
子育て・教育 新潟市奨学金貸付事業 新潟市では、無利子で奨学金を貸与。また、大学などを卒業後、本市に居住し、市民税が課税されている場合、返還開始後7年を超えない範囲で、年間返還額の一部を返還額から免除。
子育て・教育 地域と学校パートナーシップ事業 新潟市立の全小・中学校に配置した地域教育コーディネーターを中心に学校と公民館や図書館などの社会教育施設及び地域を結ぶネットワークを形成し、地域ぐるみで子どもの学びと成長を支える教育を推進。
子育て・教育 ブックスタート 新潟市では、1 歳誕生歯科健診の会場でボランティアによる絵本の読み聞かせを行うとともに、絵本を1冊プレゼント。
その他 いくとぴあ食花 新潟市が誇る食と花をメインテーマに、子どもから大人まで様々な体験と交流ができる複合施設。

新潟市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 UIJターン創業促進事業 新潟市では、県外からの移住を伴う創業者に対し、創業に必要な経費の一部を補助。併せて新潟IPC財団の専門家が事業計画のブラッシュアップや経営課題の相談に応じるなど創業前から創業後まできめ細かな支援を行う。
起業・事業・就職 法人設立支援事業 新潟市の特定創業支援事業を受けて創業する個人及び開業後5年未満の個人事業主に対し、会社の設立登記時にかかる登録免許税の自己負担額が実質ゼロになるよう補助。
起業・事業・就職 創業準備補助事業(個人枠) 新潟市で創業を目指す人に対し、創業に必要な知識・技術の習得に要する経費の一部を補助。
起業・事業・就職 中小企業開業資金 新潟市内での開業予定者または、開業後間もない中小企業者への資金調達を支援する融資制度。
起業・事業・就職 中小企業開業資金(利子補給) 新潟市の特定創業支援事業の支援を受け、本市中小企業開業資金(支援創業関連)を利用する開業者を対象に、利用者が負担する利子を、融資実行後3年間無利子となるよう、利子補給を実施。
起業・事業・就職 商店街内創業サポート事業 新潟市では、商店街内で創業する場合の店舗賃借料を補助。
起業・事業・就職 新潟市ベンチャー企業支援事業 新潟市内で新たに(創業3年以内を含む)事業活動を行うグループ、中小ベンチャー企業を対象に事業所賃料などを補助。※IT企業には通信料も補助。
起業・事業・就職 市内就労促進事業 新潟市学生就活相談デスクでは、新潟市内での就職希望者・ご家族からの相談を受け付けている。また、保護者のための就活応援講座等を実施。
起業・事業・就職 若者UIJターン促進事業 新潟市では、首都圏で市内企業に関するセミナー等を開催。
起業・事業・就職 女性再就職支援事業 新潟市では、再就職を目指す女性を対象に座談会を開催。
農林水産業 アグリパーク就農支援事業 新潟市では、技術取得研修、ウィークエンド農業塾、農業インターンシップ、就農相談など各種就農支援。その他、農業体験プログラムも用意。

新潟市のその他の移住定住支援情報

結婚 まちなかde愛応援事業 新潟市では、商店街内で、市内に所在する複数企業等の連合団体が開催する婚活関連イベントを支援する。
その他 健幸になれるまちづくりの推進 新潟市民の健康意識向上を目指し、健幸都市づくり(スマートウェルネスシティ)を推進。健康づくりを推進する「にいがた健幸マイレージ」や、環境配慮活動・健康づくりを推進する「にいがた未来ポイント」を発行。

新潟市の移住支援情報

農林水産業 都市型グリーン・ツーリズムの情報発信 新潟市では、農業・農村体験や漁業体験ができる関係施設やイベントについてガイドブック等で情報を発信。
農林水産業 セカンドライフ農業体験 新潟市では、退職後のシニア世代を対象に、家庭菜園などで活用できる農業体験事業を開催。
移住・転入 移住・定住情報サイト 新潟市では、移住・定住情報サイト「HAPPYターン」において仕事や暮らしに関する情報や、移住関連イベントのお知らせ、本市へ移住された方の経験談など移住に役立つ情報に加え、魅力ある新潟暮らしの情報を発信。
起業・事業・就職 Uターン・Iターン就職促進情報サイト 新潟市では、「新潟市Uターン・Iターン情報サイト にいがたで働こう」において市内就職希望者を対象に新規学校卒業予定者の採用や中途採用の情報を提供。合同企業説明会などの就職関連イベントやセミナーの開催情報も発信。

参考支援情報:新潟県新潟市HP

新潟県新発田市の移住定住支援制度

新発田市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 住宅取得補助金制度 新発田市外からの転入者を対象に、一定地域における住宅の建築及び取得費の一部補助を行う。(新築住宅取得の場合最大180万円補助)
空き家 空き家バンク制度 新発田市内にある空き家を有効活用し、市内に定住する人の増加及び地域の活性化を図るため、空き家の物件情報を登録し市のホームページ等で情報を公開。また、登録物件の売買契約が成立した後に祝金を交付する。
家を借りる U・Iターン促進住宅支援事業補助金 新発田市外からの転入者のうち、45歳未満で県内の企業に就職している方を対象に賃貸住宅契約費用を補助。(家賃補助:上限2万円、最長24ヶ月 初期費用補助:上限12万円)
家を購入する・改修する 住宅リフォーム支援事業 新発田市民本人若しくは同居の家族が所有する住宅で、市内施工者に依頼してリフォーム費を補助。10万円以上の工事が対象で、工事費の20%(上限20万円)、一定要件該当の場合、30%(上限30万円)を補助。

新発田市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 かかりつけ保健師制度 新発田市では、保健師が妊娠中の方や保護者と一対一の関係で医療機関や保健所などの関係機関と連携を取りながら、妊娠・出産・就学前までの子育てを切れ目なくサポート。
子育て・教育 子育てコンシェルジュ制度 新発田市では、保育園などの入園や保育サービスの利用に関する相談に、各家庭の状況に適した子育て支援サービスを紹介する専任の相談員「子育てコンシェルジュ」を設置。
子育て・教育 子育てきらきらカード 新発田市では、「安心して子どもを産み、子育てに喜びが持てるような街づくり」を目的として、趣旨に賛同した市内の店舗等に協力してもらい、割引や特典などさまざまなサービスを受けることができるカードを交付。
子育て・教育 子育てきらきらメール 新発田市では、妊娠中の方や18歳以下の子どもがいる方を対象として、あらかじめ登録していただいた方の携帯電話やパソコンに新発田市の子育て情報をメールで配信。
子育て・教育 第3子以降保育料助成事業 新発田市では、18歳未満の児童が3人以上いる世帯について、第3子以降の保育園、幼稚園、認定こども園、ひまわり学園等の保育料補助を行う。
子育て・教育 休日保育事業 新発田市では、保育園及び認定こども園に入園している児童で、保護者の就労や冠婚葬祭などの行事により、日曜日、祝日に保育を必要とする児童を預かる。
健康・医療 子ども医療費助成制度 新発田市内に住所があり、健康保険に加入している中学3年生までのお子さんにかかる医療費の一部について、助成を行う。
子育て・教育 子どもデイサービス 新発田市では、家族の病気、看護、出産などのために一時的に家庭での保育ができない時に子どもを預かる。
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター 新発田市では、子育ての手伝いをしてほしい方と子育てをお手伝いしてくれる方がそれぞれ会員として登録し、地域で子育てを支援する相互援助の会員組織。妊娠中や出産後も安心して過ごせるように家事や育児のサポートを行う。
子育て・教育 園開放交流事業 新発田市では、保育園で未就園児とその保護者を対象に園児とのふれあいや遊び場として保育園を開放。

新発田市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 新農業人支援補助制度 新発田市では、新規就農希望者のうち市外出身の意欲ある若者に、生活支援の補助として青年就農給付金(準備型)150万円に90万円を上乗せ給付する。
起業・事業・就職 創業支援事業 新発田市では、これから創業をお考えの方や創業して間もない方を支援するため、創業の段階に合わせたメニューを用意。市内の創業支援機関と連携して、創業の実現まで支援を行う。
起業・事業・就職 中心市街地活性化事業助成金 新発田市では、特定創業支援事業証明書の交付を受け、中心市街地の「空き店舗等」へ新規に出店する方を対象にした助成制度。事業継続に係る経費50万円/年上限(最長3年間)
起業・事業・就職 チャレンジショップ 新発田市では、新規創業を検討されている方を対象に、自分のお店を運営しながら経営のノウハウを学ぶ実践の場を提供。出店者の費用負担は月額15,000円で、専門家の経営指導等も受けられる。

参考支援情報:新潟県新発田市HP

新潟県胎内市の移住定住支援制度

胎内市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク制度 胎内市では、胎内市空き家バンクに登録された市内の空き家等について、売買に関する情報をウェブページなどで提供。
家を購入する・改修する 住宅建築リフォーム事業 胎内市民が所有し自ら居住している住宅を、市内に主たる事業所を有する工事店等でリフォーム工事を行う場合、工事費の20%で20万円を上限に補助。
設備 木造住宅耐震診断助成事業 胎内市内に住所を有し、かつ、補助の対象となる建物を市内に所有する方を対象に、一定要件を満たす住宅の耐震診断を無料で実施。
家を購入する・改修する 越後杉利用住宅建築奨励事業 胎内市では、新潟県の「ふるさと越後の家づくり事業」を利用して市内で住宅の新築や増改築・リフォームを請負う市内の建築業者を対象として、1戸につき10万円を交付(新潟県の補助金に上乗せ)。
設備 排水設備工事資金融資制度 胎内市では、公共下水道または集落排水施設へ接続するために行う排水設備の工事で、工事資金を必要とされる方を対象に融資。
設備 排水設備設置資金利子補給補助金 胎内市では、新規で排水設備工事資金融資を受けた方を対象に、償還額のうち利子支払額について予算の範囲内で補助。
設備 住宅用太陽光発電システム補助 胎内市では、自ら居住する市内の住宅に未使用の太陽光発電システムを設置する等の要件を満たす方を対象に、1kwあたり7万円とし、21万円(3kw)を上限に補助。
家を購入する・改修する 高齢者及び障害者向け安心住まいる整備補助事業 胎内市では、要介護認定者及び身体障害者手帳1級又は2級の障がい者等が居住している住宅の段差解消やトイレ、浴室等の改修等を行う際に、費用の一部を補助。

胎内市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 特定不妊治療費助成事業 胎内市では、医師より特定不妊治療が必要と診断された夫婦を対象に、治療が終了した日の属する年度あたり15万円まで、通算5年間助成。
子育て・教育 子育て情報メール 胎内市では、子育て支援情報、保育園・こども情報、妊娠・出産情報、母子保健情報等をメールで配信。登録料は無料。
健康・医療 超音波による乳児股関節検診 胎内市では、3か月児を対象に委託医療機関において超音波による股関節検診を実施。利用料は無料。
子育て・教育 ブックスタート事業 胎内市では、乳児検診(6ヶ月・1歳6ヶ月)の際に1人につき絵本2冊を無料で贈呈。
子育て・教育 子どものこころとことばの相談室 胎内市では、乳幼児とその保護者を対象にお子さんのことば、発達についての相談、ことばの習得のためなどの相談を無料で実施。
子育て・教育 あかちゃんの駅 胎内市内保育園、こども園、公共施設などに授乳やオムツ交換などが可能な施設を「あかちゃんの駅」として市内に20か所設置。利用料は無料。
子育て・教育 地域子育て支援センター 胎内市では、地域の子育て家庭を支援するために市内7か所に設置。利用料は無料。・親子ふれあいのスペースと遊びの提供・子育て相談・子育て関連の情報提供・子育て講座を開催
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター 胎内市では、「子育ての援助をしてほしい方」と「子育ての援助をしてくださる方」がお互いに助け合う会員組織。入会料・会費は無料。依頼は1時間400円~。
健康・医療 子ども医療費助成事業 胎内市では、入院、通院とも、18歳までの子どもの医療費の一部を助成。自己負担額は、入院の場合1日につき1,200円、通院の場合 1日につき530円
子育て・教育 健康母子手当 胎内市では、将来における健全な家族構成の育成及び次代を担う若年層の確保と併せ市勢の発展を図るため出産者に支給。市に住所を有し、出産によって3人目の子の母親となった者10万円、4人以上1子について15万円支給。
子育て・教育 チャイルドシート購入補助金 胎内市では、就学前の子どものためにチャイルドシートの購入又はレンタルした市内に住所を有する保護者に、その費用の一部を補助。補助は、購入金額の2分の1、レンタルは総額。いずれも補助限度額1万円、千円未満端数切捨て。
子育て・教育 保育料の軽減 胎内市では、子どもが3人以上いる世帯で、かつ、保育園・幼稚園に入園している子どもがいる世帯は、3人目以降の子どもの保育料が無料。ただし、一定所得以上の世帯は、半額。
子育て・教育 放課後児童クラブ(なかよしクラブ) 胎内市では、保護者が就労等により昼間家庭にいない小学校児童に対し、放課後及び長期休業時に学校等の施設を利用して適切な遊びや生活の場を提供。放課後:19時まで 長期休業時:7時30分から19時まで
子育て・教育 放課後子ども教室 胎内市では、小学生を対象に放課後、週1回、地域のボランティアの協力を得ながら普段できない遊びをしたり、友達や地域の方々と一緒に遊べる場を設置。参加費は年間保険料800円。
子育て・教育 スキー教室 胎内市内小学校児童を対象に胎内スキー場において、スキー技術の向上と心身の健全育成を図るためスキー教室を実施。
子育て・教育 学校給食 胎内市では、全小中学校で週5回の完全給食を提供。胎内産コシヒカリを使った米飯給食は週4回。献立には市の特産物である米粉のほか、できるだけ地域の食材を活用。
子育て・教育 特別支援学校等児童生徒補助金 胎内市では、特別支援学校に就学する児童生徒の保護者に対して、就学に要する経費の一部を補助 月額4,000円
子育て・教育 ふるさと体験学習 胎内市では、子どもたちを地域でしっかりと育てるという考えのもと、子どもたちの学ぶ意欲や、自立心、豊かな人間性を育むため、全小学校の児童を対象に、市内農家の協力を得て農村生活体験学習による「ふるさと教育」を実施。
子育て・教育 中学生職場体験学習 胎内市では、将来の進路選択や職業選択の参考のために、様々な職業で働く人々のもとを訪れ、働くことの目的や意義について考え、その職業の特色などを理解する活動を実施。
子育て・教育 中学生海外体験学習 胎内市では、中学2年生を姉妹都市である米国イリノイ州カーボンデール市に派遣し、ホームステイや現地学校への体験入学により国際的視野を広める体験活動を実施。一部個人負担あり。(毎年12名)
子育て・教育 子ども会活動支援 胎内市では、地域の子ども会が行う活動に対して助成等を実施。親子体験活動バス借上料に対して、80%助成 夏休みラジオ体操優良出席者に対して、学用品進呈(1人あたり100円程度)
出産 妊産婦歯科健診及び成人歯科健診 胎内市では、妊産婦及び40、45、50、55、60、65、70歳の方に対して、市内の歯科医院において年1回無料で歯科健診と歯科保健指導を実施。

胎内市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

健康・医療 がん検診の無料クーポン券配布 胎内市では、大腸がん検診・乳がん検診は、前年度40、45、50、55、60歳になった方が対象。子宮頸がん検診は、前年度20、25、30、35、40歳になった方が対象。
健康・医療 30歳からの胃・大腸がん検診 胎内市では、30歳以上の方を対象に胃バリウム検診・大腸がん検診を実施。なお、胃がん検診について、50歳以上の方は胃バリウム検診と胃カメラ検診のいずれかを選択可。料金はホームページを参照。
健康・医療 骨粗しょう症検診 胎内市では、30、35、40、45、50、55、60、65、70歳の女性を対象に骨粗しょう症検診を実施。料金:69歳以下700円、70歳以上無料

胎内市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 就農支援事業 胎内市では、就農支援窓口を開設し、胎内市で農業を始めたい方へ就農支援。また、農業に関心があり、取り組んでみたい方に、農繁期の手助けを必要としている農家を紹介するなど農業体験の支援を実施。
起業・事業・就職 固定資産税の課税免除 胎内市では、指定対象業種・規模で操業する際、固定資産税の課税免除を実施。
起業・事業・就職 用地取得助成金 胎内市では、指定対象業種・規模で対象区域内において操業する際、用地取得費を助成。(15%以内、限度額1億円)
起業・事業・就職 用地賃貸借助成金 胎内市では、指定対象業種・規模で対象区域内において操業する際、賃貸した土地の固定資産税相当額を5年間助成。
起業・事業・就職 雇用促進奨励金 胎内市では、指定対象業種・規模で操業し、市内在住者を雇用した際に、助成金を交付。(1名につき10万円、限度額500万円)
起業・事業・就職 工業用水道使用料助成金 胎内市では、指定対象業種・規模で操業し、工業用水の使用を行う際に、助成金を交付。(基本料の20%、限度額100万円/年、5年間)
起業・事業・就職 胎内市販路開拓事業費補助金 胎内市では、中小企業等が販路の開拓、拡大を目的として展示会等に参加する際の費用の一部を補助。(補助率2分の1、上限額10万円)

胎内市のその他の移住定住支援情報

結婚 たいない婚活プロジェクト 胎内市では、結婚に対する不安の解消に向けた支援を行うため、『たいない婚活プロジェクト』の登録者を募集。市が委嘱したブライダルアドバイザーが、結婚に関する相談や情報提供などを無料で行い、婚活を応援。
起業・事業・就職 企業見学ツアー 胎内市では、県内外の求職者を対象に、市内企業見学ツアーを行い、人材の確保及び求職者と求人側とのミスマッチを低減し、雇用の確保につなげるための取組を実施。
その他 松くい虫自主防除事業 胎内市では、土地の所有者又は代理人が実施する松くい虫駆除・防除対策に要した費用の一部を補助。補助対象経費は3万円以上の伐倒駆除及び搬出又は防除に対する経費で、補助率3分の1、限度額は5万円。
農林水産業 農村交流支援 胎内市では、グリーンツーリズム体験、イベント等を通じ、農村交流を支援。
移住・転入 生活情報マップ 胎内市内における病院、歯科、金融機関、保育園、観光施設など主な生活関連施設を地図上に明示。
その他 無料消費者行政相談会 胎内市では、月1回、司法書士の消費者行政相談会を実施。利用料は無料。
健康・医療 インフルエンザ予防接種助成 胎内市では、中学生3年生までのこどもを対象にインフルエンザの予防接種1回につき1,000円を助成。
健康・医療 脳ドックの市民優待 胎内市内にある中条中央病院において、市民は通常より1万円引きの料金で脳ドックが受けられる。
健康・医療 30歳からの特定健康診査 胎内市では、生活習慣病の予防・改善に役立てるため、30歳以上の方を対象に特定健診を実施。ただし、40~74歳の社保被保険者の方は除く。料金:69歳以下1,200円、70歳以上無料
健康・医療 後期高齢者人間ドック健診費用の助成 胎内市では、75歳以上の方で市の健診を受けていない方を対象に、人間ドックの費用を年度に1回1万円を助成。

参考支援情報:新潟県胎内市HP

新潟県長岡市の移住定住支援制度

長岡市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 住宅リフォーム支援事業 長岡市では、自己の居住する住宅を市内の施工業者によりリフォームを行う場合、その経費の一部を補助します。
空き家 空き家活用リフォーム支援事業 長岡市では、空き家の有効活用によるU・Iターン者の移住・定住と高齢者世帯、障がい者世帯、子育て世帯、若者世帯の住み替えを促進するため、空き家を市内の施工業者によりリフォームを行う場合、その経費の一部を補助します。
家を購入する・改修する 勤労者住宅建設資金融資制度 長岡市では、自らの居住用の住宅を建設、購入、リフォーム等補修する場合や、宅地を購入する場合に利用できる、低金利の融資を実施しています。
その他 克雪すまいづくり支援事業 長岡市では、雪下ろしに伴う負担、危険等の軽減を図り、冬期の居住環境の改善に寄与することを目的に、克雪住宅の建設等を行う方に、その工事に要する費用の一部を補助します。
空き家 空き家バンク 長岡市では、空き家等の賃貸又は売却を希望する所有者から情報提供を受け、空き家バンクに登録した物件を、ホームページ等を利用して利用希望者に紹介します。
空き家 空き家利用者応援事業 長岡市では、空き家バンク登録物件で契約見込みの方に対して契約、登記及び引越し費用の一部を補助します。
空き家 住まいの情報ポータルサイ 長岡市では、空き家等の有効活用や、定住・移住・住替え等を促進するため、関連情報を一元化し、総合的な相談受付・案内を可能とするポータルサイトを市ホームページ内にて公開しています。

長岡市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 子育ての駅の運営 長岡市では、子育てを応援するために、多世代が交流し、子育て支援の輪を広げる拠点施設として「子育ての駅」を運営する。市内13か所の施設を無料で利用可能。

長岡市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 起業支援センターながおか 長岡市では、起業に関する相談窓口、起業・創業塾や起業家応援講演会の開催、中小企業診断士等の専門コンサルタントへの個別相談料の補助(相談料の3分の2以内で、上限25,000円)など、総合的な起業支援を実施。
起業・事業・就職 長岡市未来の起業家応援事業補助金 長岡市では、新たな需要や雇用を創出し、将来の事業成長が見込める起業家に対して、補助対象経費の3分の2以内で起業のための費用を補助。
起業・事業・就職 ながおか就職・Uターンサポートデスク 長岡で働きたい方に就職に関する情報提供や相談支援。毎月第2日曜日には表参道ネスパスで個別の就職相談会を実施。

長岡市の移住支援情報

移住・転入 UIターン促進ポータルサイト「UI-Lifeながおか」運営 長岡市では、仕事や住まい、子育てなど、長岡市のUIターンに関する情報や、体験者のインタビューなど、長岡で暮らしたい方をサポートするポータルサイトを運営。

参考支援情報:新潟県長岡市HP

新潟県田上町の移住定住支援制度

田上町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 新婚世帯家賃支援事業 田上町内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯へ補助金を交付。夫婦の満年齢の合計が100歳未満で、家賃月額に対し10, 000円を交付。補助金交付期間は3年を限度。
家を購入する・改修する 新婚・子育て世帯向け個人住宅取得資金利子補給金 田上町では、新婚5年以内および子育て世帯(中学生以下の子どもがいる世帯) に対し、町内で住宅を取得し500万円以上を借り入れた場合、年末貸付残高(上限1, 000万円) の1%を5年間交付する制度を新設しました。
空き家 空き家情報バンク 田上町では、空き家・空き地の有効活用を通して、定住促進を図ることを目的とし、町内にある空き家の所有者で、売却・賃貸希望する方が町に物件を登録し、ホームページ上でその物件を移住希望者に情報公開している。

田上町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 子ども医療費助成 田上町では、中学卒業までの子どもに係る入院・通院医療費のうち、一部負担金を超える入院・通院費を助成します。〔一部負担金〕入院:1,200円/日、通院:530円/日(医療機関ごとに月4回まで)
出産 特定不妊治療費助成 田上町では、特定不妊治療を受け、条件に該当する法律上の夫婦を対象とし、特定不妊治療に要した費用から県の助成額を控除した額に対して、1治療当たり上限額8万円を助成します。
健康・医療 妊産婦医療費助成 田上町では、母子健康手帳の交付を受けた翌月初日~出産した月の翌月末日。妊産婦が支払う医療費の内、一部負担金を超える額を助成。〔一部負担金〕入院:1,200円/日、通院:530円/日(同一医療機関ごと月4回目まで)
出産 妊婦健診 田上町では、妊婦健診14回分の助成を受けることができます。妊婦一般健康診査受診票は妊娠届の受付の際、母子手帳と一緒にお渡します。
子育て・教育 2ヶ月児を対象とした学級の開催 田上町では、出産・育児に対する不安、母親の子育て孤立化などの不安を解消のため、2ヶ月児を対象とした会を開催。また妊娠期において保健師などの指導だけでなく、夫婦が協力して出産・育児に向けて準備ができるよう支援。
子育て・教育 乳幼児育児用品購入費助成事業 田上町では、0~2歳までの乳幼児等の毎月の紙おむつ、清拭用品、粉ミルク、哺乳用品、離乳食の育児用品購入費を助成する。育児用品購入のために使用できるチケット(月2,000円分)を当年度分まとめて交付します。
子育て・教育 田上子育て応援米支給事業 田上町では、小学校に入学、および中学校に入学した生徒に、米を一人あたり10kg支給します。
子育て・教育 たけのこ塾 田上町では、小学校4~6年生を対象に、放課後の学習指導を実施。自分で勉強する計画を立て、進んで勉強することをサポートし、子どもの学力の向上を図っています。サポートには、近隣大学の学生や地域の教員OBが協力。

参考支援情報:新潟県田上町HP

新潟県南魚沼市の移住定住支援制度

南魚沼市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する ウッドタウン八色団地ふるさと区画購入費助成 南魚沼市では①県外に住民登録を有して3年以上経過②宅地購入時の年齢50歳以下③宅地購入契約日から5年以内に住宅建築かつ、6年以内に住民登録できるU・Iターン者に購入宅地面積1㎡あたり3,000円を助成。
家を購入する・改修する 個人住宅リフォーム事業補助 南魚沼市内施工業者による住宅リフォーム工事に対する補助。補助率:補助対象経費の20%(上限10万円)※過去にこの補助金を受けた方や住宅は、10万円から既に受けた補助金の額を控除した額が上限。
その他 克雪すまいづくり支援事業補助 南魚沼市内居住者または居住確定者が住宅の克雪化(屋根融雪施設等の設置)を行う場合や、地盤沈下区域内で事業所を克雪化する場合の工事に対する補助。補助率:補助対象工事費の17.6%(上限44万円)
その他 宅地等消雪設備普及促進事業補助 南魚沼市では地盤沈下区域内の住宅宅地または事業用敷地に消雪設備を設置する工事に対する補助。(地下水を利用した融雪施設は対象外)補助率:補助対象工事費の1/3(限度額50万円)
家を購入する・改修する 南魚沼の木で家づくり事業補助 南魚沼市産の杉を使用して住宅建築する場合に購入額の一部を補助。対象経費:住宅建築に必要な南魚沼市産スギ材を製材・加工した木材の購入費 補助率:1/3(上限50万円)
設備 ペレットストーブ等設置補助 南魚沼市内居住者や事業所等が、ペレットストーブやボイラーを設置する場合、設置費の一部を補助。補助率:個人住宅、事業所1/4以内(限度額10万円)、集会所・農林業施設ボイラー1/3以内(限度額15万円)
設備 住宅用太陽光発電システム設置費補助 南魚沼市内に住民を有する方が、市内事業者の施工によって、住宅用太陽光発電システムを設置する場合、設置工事費の一部を補助。補助額:最大出力1kwあたり8万円(限度額24万円)※売電契約が必要
家を借りる U・Iターンのための賃貸住宅家賃等補助 南魚沼市では新潟県内にU・Iターンにより就職する方が、南魚沼市内に賃貸住宅を契約し居住する場合の家賃及び初期費用の一部を補助します。

南魚沼市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 ファミリーサポートセンター 南魚沼市では、子育ての手伝いをしてほしい人と、手助けをしたい人をつなぎ、保育サービスを提供する会員制の保育事業(生後6か月から12歳の子どもが対象)
子育て・教育 ほのぼの広場 南魚沼市では、0歳から小学校入学前までの親子が自由に遊んだり情報交換ができる場。市内3会場で開設。大和市民センター会場:月・火・木 ふれ愛支援センター会場:月~土 塩沢市民センター会場:火・水・金
子育て・教育 にこにこ広場 南魚沼市では、入園前のお子さんとお家の方を対象にした、保育園でおこなう遊びの広場。お住まいの地域の保育園だけでなく、どの地域の保育園の「にこにこ広場」にも参加でできます。
子育て・教育 絵本のへや 南魚沼市では、入園前の乳幼児と保護者を対象に、毎週水曜日、南魚沼市図書館で絵本の読み聞かせなどを開催。
子育て・教育 ブックスタート 南魚沼市では、1歳の歯科検診時に、本に親しみ、本を通じた親子のふれあいのためにメッセージを伝えながら、絵本と子育て支援の資料などが入ったブックスタートパックを手渡します。
出産 出生祝品支給 南魚沼市では、出生届の際に申請してもらい、新生児1人につき1回支給する。支給品は「特別保育利用無料券(2枚)」と「カタログから申請者が選んだ1品」とします。
子育て・教育 保育料軽減 南魚沼市では、保育料月額表を国基準額8階層から15階層に細分化し保育料を軽減する。複数同時入園の保育料軽減を受けない児童で、18歳未満の兄弟姉妹を数え、第3子目以降となる児童の場合は、保育料を20%軽減。
健康・医療 妊産婦医療費助成 南魚沼市では、受給者証交付申請の翌月初日から出産の翌月末までの間、入院・通院医療費の保険適用分を全額助成。
健康・医療 子どもの医療費助成 南魚沼市では、0歳から5歳の誕生月末まで、保険診療による自己負担額を入院・通院ともに全額助成。5歳から中学3年生までは、通院1回につき530円、入院1日につき1,200円を超える額を助成。
出産 不妊治療費助成 南魚沼市では、夫婦の一方または両方が市内に住所を有している方に対し、保険適用外治療費を助成。特定不妊治療(体外受精、顕微授精):通算6回、1治療当たり上限13万円。人工授精:1年度1回・通算2年度、上限3万円。
健康・医療 不育症医療費助成 南魚沼市では、夫婦の一方または両方が市内に住所を有している方に対し、保険適用外治療費を助成。1治療あたり上限10万円。妻の年齢が満43歳になるまで制限なし。

南魚沼市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 WEB企業ガイド 南魚沼市では、就職を希望する方へ、企業情報、求職情報(採用実績、見込み等)を市ホームページ上で紹介します。
起業・事業・就職 自主的出店者支援事業 南魚沼市内の空き店舗等に新規出店し、3年間引き続き店舗経営を行う方に対し1年間の家賃を補助。補助額:月額家賃の2分の1(上限3万円)
起業・事業・就職 創業支援事業補助 南魚沼市内に新たに事業所を設け、創業する方または法人を対象に、創業経費を補助。補助額:対象経費の2分の1(上限50万円)
起業・事業・就職 中小企業研修助成 南魚沼市では、指定する研修機関で市内企業が社員研修を行う場合、企業が負担する研修費を助成(研修費の1/2を補助。上限3万円、研修期間が3か月以上の場合は上限10万円)
起業・事業・就職 ICLOVE(アイクラブ) 南魚沼市内の金融機関、商工会、国際大学、南魚沼市が連携して産学金官地域ラウンドテーブルを形成し、関係機関・大学の協力をいただきながら南魚沼市の企業・事業所・創業者への支援・サービスを行う。
その他 JR通勤定期乗車券の割引制度 南魚沼市では、児童扶養手当受給者及びその人と同一世帯の人は、通勤定期乗車券を3割引で購入できます。

南魚沼市の移住支援情報

農林水産業 グリーン・ツーリズム 南魚沼市では「グリーン・ツーリズム推進協議会」を設置し、首都圏の家族連れや団体、学校の体験旅行を受け入れる。田植え、渓流川遊び、秋の収穫、雪国体験などを通して四季折々の南魚沼市を楽しめます。
移住・転入 「LIFE in」(ライフイン) 南魚沼市にU・Iターンされた方のライフスタイルを紹介し、南魚沼市の魅力や、移住者への支援策を発信する、若者定住促進ライフスタイルマガジン。
移住・転入 「LIFE in」(ライフイン) 南魚沼市にU・Iターンされた方のライフスタイルを紹介し、南魚沼市の魅力や、移住者への支援策を発信する、若者定住促進ホームページ。
移住・転入 「LMU」 Live from Minami-uonuma 南魚沼市にU・Iターンされた方のライフスタイルを紹介し、南魚沼市の魅力や、移住者への支援策を発信する、中高年層対象ライフスタイルマガジン。
移住・転入 「LMU」 Live from Minami-uonuma 南魚沼市にU・Iターンされた方のライフスタイルを紹介し、南魚沼市の魅力や、移住者への支援策を発信する、中高年層移住定住促進ホームページ。
移住・転入 るるぶ特別編集 南魚沼 南魚沼市内外、世代を問わず広く多くの人を対象にした着地型ガイドブック。場所などをエリアに分けて紹介し、南魚沼市の魅力を幅広く伝える一冊です。

参考支援情報:新潟県南魚沼市HP

新潟県妙高市の移住定住支援制度

妙高市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 妙高市住宅取得等支援事業補助金 妙高市内で住宅又は住宅と土地の取得、多世代同居や結婚による増・改築において200万円を上限に補助。
家を購入する・改修する 妙高市住まいのリフォーム促進事業補助金 妙高市では、個人住宅等のリフォーム費用の一部を助成。最大10万円分の「地域商品券」を補助。補助対象工事費1/4(10万円以上の工事が対象)
家を借りる UIターン促進住宅支援事業 妙高市では、県内企業等に就労し、民間賃貸住宅に入居するUIターン者に対する家賃、入居時初期費用の一部助成
空き家 妙高市空き家情報登録制度 妙高市では、空き家を貸したい・売りたいという所有者の方と、空き家を借りたい・買いたいという希望者の方を連絡調整を行いながら両者をつなぐ制度。また、新たに、移住支援員(移住・定住コンシェルジュ)を設置
家を購入する・改修する ふるさと妙高の家づくり事業 妙高市産材を使用した住宅の建築に対して、市産材の購入費の1/5以内、40万円を上限に補助。

妙高市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 子育て広場の開設 妙高市では、親子同士が交流できる子育て広場を開設。
子育て・教育 第3子以降の保育料無料化 妙高市では、第3子以降の保育料の無料化。
子育て・教育 病後児保育運営事業 妙高市では、病気の回復期で集団生活が困難な児童を預かる病後児保育室の設置。
出産 妙高市不妊治療費助成事業 妙高市では、不妊治療にかかる費用の1/2、1回10万円を上限に助成。
出産 妙高市不育症治療費助成事業 妙高市では、不育症の治療にかかる費用の1/2、1年度につき30万円を上限に助成。
子育て・教育 小中学生バス料金無料化 妙高市では、小中学生の市内バス料金の無料化。
健康・医療 子育て医療費助成事業 妙高市では、出生から高校卒業までの医療機関で支払う金額の一部を負担。(入院:1,200円/日、通院530円/回)
子育て・教育 妙高市子ども家庭支援センター 妙高市では、子育てに関する情報提供、相談支援等を実施し、保護者の子育てに対する不安を解消。
子育て・教育 ファミリーサポート事業 妙高市では、子育てを応援してほしい方と応援したい方をつなぎ、保育施設からの送迎や保育時間後の預かり等を実施。
子育て・教育 放課後児童クラブ事業 妙高市では、昼間保護者のいない家庭の小学生の安全を確保し、児童の健全育成を目的に実施。学校終了後や土曜日、休業日に、市内全小学校区で開設。

妙高市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 「ふるさと就職支援資金」貸付制度 妙高市では、新卒者やU・Iターン者を対象に、就職に必要となる資金の低利貸付。
起業・事業・就職 地域人材育成支援助成金 妙高市では、就職に役立つ資格の受験料・受講料を助成。対象経費の1/2、3万円を上限に助成。
農林水産業 担い手確保支援事業 妙高市では、原則45歳未満の独立・自営就農者に、経営が不安定な就農直後(最長5年)の所得を確保する給付金(年間150万円)を給付。
起業・事業・就職 企業立地促進事業 妙高市では、新規創業における投資に対する固定資産税免除(限度額3億円、10年間免除)建物・土地等を借りて事業を実施する場合の賃借料補助(3年間)
起業・事業・就職 高校生資格取得支援助成金 妙高市では、高等学校在学者の就職機会を拡充するため、就職に役立つ資格を取得する際に必要となる試験の受験料を助成。

妙高市のその他の移住定住支援情報

結婚 妙高出会いサポート事業 妙高市では、結婚相談、結婚に関する情報発信、地域資源を活用した多彩な出会いの機会を提供。
結婚 スマートフォンアプリによる情報発信 妙高市では、結婚、妊娠、出産、子育て支援スマートフォンアプリ『えむぷら』による情報発信。

参考支援情報:新潟県妙高市HP

新潟県移住定住支援制度まとめ

新潟県の各市町村別・支援内容別の移住定住支援制度一覧でした。

なお、この移住定住支援情報は2016年版のものですので、

2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは、

各市町村のHP(リンク有り)にてご確認いただければと思います。

新潟県の移住に興味がある人の移住先検討の一助になれば幸いです。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.