【近畿】三重県の10市町村別の移住・定住支援制度(住宅・子育て・仕事)まとめ【2016年】


「三重県の10市町村別の移住定住支援情報まとめ」です。

三重県の各市町村別に「住宅・子育て・健康・仕事・移住・その他」に

カテゴリを分けて一覧表にしています。

 

「三重県で移住定住支援制度がある地域を移住先候補として調べたいから一覧でみたい」

という三重県への移住希望者の方に参考にしてもらえれば幸いです。

 

今回の三重県の移住定住支援の一覧表は、

全部で10市町村の移住定住支援制度を2ページに分けて紹介をしております。

目次

三重県伊賀市の移住定住支援制度

伊賀市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 伊賀市移住促進空き家取得費補助金 伊賀市の移住者が市内の空き家を取得する場合、購入費の1/2(上限50万円)を交付する。また、子育て世帯が申請する場合と、空き家バンクの登録物件を取得した場合にそれぞれ加算して交付する。
家を購入する・改修する 伊賀市移住促進のための空き家リノベーション支援事業 伊賀市では、県外からの移住を目的として、伊賀市内の空き家住宅又は空き家建築物の改修工事を実施する場合、その経費の2/3以内(最大200万円以内)を助成。本年度の助成件数は2件の予定。

伊賀市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 第3子以降保育料無料化 伊賀市では、保護者と生計を一にする兄姉(年齢制限なし)が2人以上いる第3子以降の児童の保育料を無料にする。
子育て・教育 子育て支援センター事業 伊賀市内9か所に、子育て支援センターを開設し、各種講座の開設、育児相談及び遊び場の提供。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター事業 伊賀市では、子育てのお手伝いをして欲しい人(依頼会員)の要望に応じて子育てのお手伝いができる人(提供会員)を紹介し、一時的にお子さんを預かる会員組織。
子育て・教育 放課後児童対策事業 伊賀市では、保護者が就労等により、日中家庭にいない小学生を対象に、家庭の代わりとなる放課後の居場所を提供。
子育て・教育 結婚サポート事業事業 伊賀市では、結婚を希望する人やその親を対象に出会いのきっかけを作り結婚へとつなげていくセミナーを開催。
子育て・教育 病児・病後児保育事業 伊賀市では、病気回復期の0歳から小学3年生までの児童が、家庭での養育が困難な場合に、一時的に預かる事業。
健康・医療 子ども医療費助成 伊賀市では、中学校修了までの子どもの保険適用医療費の窓口負担分を助成。保護者の所得制限あり。
健康・医療 一人親家庭等医療費助成 伊賀市では、18歳年度末までの子と養育している母または父の保険適用医療費の窓口負担分を助成。養育者などの所得制限あり。

伊賀市の健康(病院・医療)関連の移住定住支援情報

健康・医療 障がい者医療費助成 伊賀市では、身障手帳1.2.3級、療育手帳、または精神保健福祉手帳1.2級を所有の方の保険適用医療費の窓口負担分を助成。(ただし、精神保健福祉手帳所有の方は通院分のみ)本人及び扶養義務者などの所得制限あり。

伊賀市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 個店魅力創出事業 伊賀市では、中心市街地や地域拠点等において、地域の特色を活かした魅力ある店舗づくりを実施するために要する経費等(店舗改装費や新商品開発、販路拡大等にかかる費用)に対して補助金を交付します。
起業・事業・就職 合同就職セミナー 伊賀市では、求職者と市内へのUJIターン希望者に対して、市内企業合同の就職説明会を毎年開催します。
起業・事業・就職 伊賀流創業応援忍者隊 伊賀市では、創業者・創業予定者の疑問や悩みに対して、伊賀地域の関係機関が情報共有を行うことにより、総合的な支援体制を構築し、創業者の相談対応やアドバイスを行います。
起業・事業・就職 インキュベーション 伊賀市では、インキュベーションマネージャー、知的財産コーディネーターを有する産学官連携地域産業創造センター「ゆめテクノ伊賀」にて創業者、創業予定者に対して低額でインキュベーション室を貸与します。

参考支援情報:三重県伊賀市HP

三重県伊勢市の移住定住支援制度

伊勢市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 移住促進対策空き家改修支援事業 伊勢市では、県外から市内の空き家に移住される方に対して、空き家を改修するための費用について200万円を上限に補助します。

伊勢市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 伊勢市では、子育てを助けて欲しい人(依頼会員)の要望に応じて、子育てのお手伝いが出来る人(提供会員)を紹介し相互の信頼と了解の上で、一時的にお子さんを預かる会員組織です。
子育て・教育 ひとり親家庭自立支援相談 伊勢市では、ひとり親家庭、寡婦の相談に応じ、その自立に必要な情報提供、助言・指導等により対象家庭の自立を支援します。
子育て・教育 放課後児童対策事業 伊勢市の保護者が仕事などにより昼間、家庭にいない小学生を対象に、授業の終了後に適切な遊びや生活の場を与えることにより、児童の健全育成を図ります。
子育て・教育 病児・病後児保育事業 伊勢市の保育所などに通所しているお子さんが、病気あるいは病気回復期のために集団保育が困難で、保護者の仕事などの都合により家庭で保育することができないお子さんを一時的に預かります。
子育て・教育 子育て支援ショートステイ事業 保護者の疾病等の理由により家庭において児童の養育が一時的に困難となった場合や経済的理由等により緊急一時的に母子の保護を必要とする場合に、児童養護施設又は母子生活支援施設で養育・保護を行います。
子育て・教育 一時保育事業 伊勢市の保育所(園)に入所していない児童の保護者が、就労、冠婚葬祭、急病等のために家庭での保育が困難となる場合や、育児疲れ解消のために、一時的にお子さんをお預かりします。
健康・医療 こども医療費助成制度 伊勢市の中学校卒業までのこどもに対して、通院と入院の医療費を助成します。(所得制限あり)

伊勢市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 高等職業訓練給付金等事業 伊勢市では、ひとり親家庭の父又は母の就労に有利な資格取得を促進し、養成機関の受講期間における生活の負担軽減のための給付金制度です。
起業・事業・就職 自立支援教育訓練給付金事業 伊勢市では、ひとり親家庭の父又は母の就労に必要な資格取得のための受講料の一部を負担する制度です。市が指定する教育訓練講座の受講修了後に受講料の一部を支給します。なお、支給には事前相談が必要です。
農林水産業 新規就農者支援 伊勢市で農業を始めてから経営が安定するまでの農業者であり、45歳未満で独立・自営就農する者を対象に最長5ヵ年、前年の所得に応じ年間最大150万円を給付します。
起業・事業・就職 起業・創業支援事業 伊勢市産業支援センターに創業支援員を配置し、支援機関と連携し、総合的な支援(ビジネス・インキュベーション)を行っています。
起業・事業・就職 中小企業経営力強化資金利子補給補助金 伊勢市では、株式会社日本政策金融公庫の融資を受けて起業等を行う方に対して、その融資に係る利子の一部を補助します。
起業・事業・就職 創業・再挑戦アシスト資金保証料補給補助金 伊勢市では、創業・再挑戦アシスト資金融資要綱に基づき、三重県信用保証協会の保証を得て資金の融資を受けた方に対して、その融資に係る保証料を補給補助します。

参考支援情報:三重県伊勢市HP

三重県紀宝町の移住定住支援制度

紀宝町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク制度 紀宝町内にある空き家を有効活用し、定住等を希望される方に空き家に関する情報提供を行う。
家を購入する・改修する 紀宝町結婚新生活支援補助金事業 紀宝町では、少子化対策の強化を目的として、年間所得が300万円未満の結婚した世帯に対し結婚新生活支援補助金として、住居費および引っ越し費用を補助

紀宝町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 出産祝金支給事業 紀宝町住民基本台帳に1年以上登録されている方で、現に2子以上を養育し、第3子以上を出産し養育する方、または、その配偶者で継続して本町に住所を有する方に祝金を支給。第3子:10万円、第4子:30万円
子育て・教育 チャイルドシート助成事業 紀宝町では、チャイルドシートの購入価格の2分の1(上限10,000円)を助成。(幼児1人に対し1回を限度)
健康・医療 子ども医療費助成 紀宝町では、高校3年生までの子どもを対象とした、保険診療の自己負担分を助成する制度。
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 紀宝町では、子育てを助けてほしい人(依頼会員)の要望に応じて、子育てのお手伝いができる人(サポート会員)を紹介し、地域で子育てをサポートする制度。
子育て・教育 学童保育 紀宝町では、保護者が労働等により、昼間家庭にいない小学校児童を対象に、子どもたちの安全な居場所と保護者が安心して預けられる環境を提供し、地域とも連携を図りながら、子どもが健やかに育つことができるよう援助を行う。

紀宝町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 紀宝町農林漁業就業支援金事業 紀宝町では、新規就労者の初期農林漁業経営及び就業活動を支援し、積極的な就業促進と農林漁業者としての定着を図るために支援金を交付。

参考支援情報:三重県紀宝町HP

三重県亀山市の移住定住支援制度

亀山市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 亀山市空き家情報バンク制度 亀山市では、移住や田舎暮らしを希望する方と、空き家の売却または賃貸を希望する方を結び付けることにより、定住を促進して地域の活性化を図ることを目的としています。

亀山市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 亀山市の家族の時間づくり 亀山市では、5月の大型連休前後の平日の一日を市内すべての幼稚園、小中学校の休日に設定し、連休の拡大を図ることにより、働き方や家族の絆、ワーク・ライフ・バランスについて見つめ直すきっかけとしてもらいます。
子育て・教育 小規模保育事業(ちびっこかめやま園)を開設 亀山市では、0歳~2歳のお子さんを対象にした定員15人の小規模な環境の保育施設を開設し、待機児童の解消に努めています。保育内容等は、認可保育所に準じています。
子育て・教育 幼保連携型認定こども園(亀山市立関認定こども園アスレ)を開設 亀山市では、幼稚園・保育所ともに一定水準以上の幼児期の学校教育・保育を提供していますが、より質の高い教育・保育を総合的に提供するために、幼保合築施設であった関幼稚園と関保育園を認定こども園としました。
健康・医療 子ども医療費助成制度 亀山市の中学校修了まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の医療費の自己負担分を助成します。保護者に対する所得制限は設けていません。

亀山市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 創業・再挑戦資金融資保証料補給制度 亀山市内で創業を行おうとする者又は創業後間もない者に、創業資金融資にかかる保証料を補給する制度です。保証協会の定める保証料の額の全額に相当する額(上限15万円)を補給します。

参考支援情報:三重県亀山市HP

三重県熊野市の移住定住支援制度

熊野市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 熊野市空き家情報登録制度 熊野市では、売買や賃貸借を希望する空き家の情報を市のHPで公開する。
家を借りる 市営住宅移住定住促進のための家賃補助金 熊野市営住宅の活用と若者定住促進のために市外から紀和町第3所山団地の市営住宅に入居するものに対し、家賃の半額を2年間補助する。
空き家 空き家住宅改修費補助金 熊野市では、空き家の活用を促進するため、空き家を改修する際の費用の一部を補助する。
家を借りる 第1次産業新規就労者住宅手当 熊野市では、新たに転入をして第1次産業に従事する人(45歳未満)に対し、自己の居住のために市内に賃借した住宅に係る家賃の一部を助成する(月額2万円を上限に2年間まで)。

熊野市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 出産祝いレインボー商品券支給 熊野市では、出産したときのお祝いとして10万円分のレインボー商品券(地元商店等で使える商品券)を支給する
子育て・教育 チャイルドシート購入費補助事業 熊野市では、6歳未満の乳幼児のために購入したチャイルドシートの購入者に対し、費用の一部を助成する。
子育て・教育 ふるさと商店街子育て支援事業 熊野市では、18歳未満のこどもが3人以上いる世帯に対して、市内の協賛店舗で買い物することでその購入額に応じてレインボー商品券と交換できるサービスが受けられるパスポートを発行する。
健康・医療 任意予防接種補助 熊野市では、おたふくかぜ、ロタウイルス、MR、麻しん、風しん、高齢者肺炎球菌に要する費用の一部を補助する
子育て・教育 3歳児以上幼稚園保育所保育料無料 熊野市立保育所、私立保育園の保育料のうち3歳児からの3年間を無料とする。延長保育料は有料
子育て・教育 保育所広域入所保護者負担軽減 熊野市在住で他市町の保育所に通う際の保育料の一部を補助(3歳児以上)する
子育て・教育 児童発達支援施設無料化通園支援 熊野市では、発達支援施設(紀宝町「通園めだか」)に通う際の自己負担額を無料化し、給食費・送迎費の補助を行う
子育て・教育 子育て家庭保育サポーター利用助成 熊野市の小学校就学前の乳幼児を養育している家庭が保育サポーター(子育てを支援する相互援助の会員組織)を利用した場合、利用料の1/2、ひとり親家庭の場合は対象を小学6年生までに拡大し、利用料の3/4を助成する。
健康・医療 小学校心臓検診拡大 熊野市では、心臓検診は、小学校1年生、中学校1年生で実施しているが、新たに小学校4年生でも実施する
子育て・教育 地域未来塾 熊野市の小学生を対象に、夏休みに大学生や教員OBなどの学習支援を実施し、学力向上を図る。
子育て・教育 小中学校給食費補助 熊野市では、給食費を補助し、1食あたり約100円とする。
子育て・教育 小中学校スクールバス無料 熊野市では、新鹿小中学校、飛鳥小学校、入鹿小中学校及び熊野川小中学校へ通う生徒のためにスクールバスを運行し、その利用料金を無料とする。
子育て・教育 小学校遠距離通学費補助 熊野市では、学校から2㎞以上などから通う児童の通学費(バス定期代やガソリン代)を補助する
子育て・教育 放課後児童クラブ利用補助 熊野市では、放課後児童クラブを利用するひとり親家庭を対象に通常保育料の1/2を補助する
健康・医療 高校生等医療費無料 熊野市では、高校生等(18歳の年度末まで)の医療費の自己負担を無料とする
子育て・教育 高校生通学費補助 熊野市では、木本高校、紀南高校に通学する生徒に対して、通学にかかる費用(定期代)の1/3を補助する。
子育て・教育 奨学金貸付 熊野市では、大学等に経済的理由により就学困難な生徒に対し、月額5万円を奨学金として貸与する。大学等を卒業した後、熊野市内において就職した人を対象に奨学金を免除する。

熊野市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

空き家 チャレンジショップ支援事業費補助金 商店街の空き店舗を賃借する場合に家賃の1/2を助成する。
起業・事業・就職 若者起業支援事業費補助金 熊野市の起業のための融資の一部を助成
農林水産業 新規就農者等施設園芸補助金 熊野市では、新規に施設園芸を生業として始めるIJUターン者(18~45歳までで、Uターンについては非農家出身者のみ)に、その整備にかかる経費の1/2(上限300万円)を補助する。
移住・転入 IJターン者専用住宅 熊野市では、第1次産業に従事するため、市外から転入しようとする人(45歳未満)に、2年間を限度に、 家賃月額2万円で住居を提供する。

熊野市の移住支援情報

移住・転入 子育て世代移住促進に係る旅費補助金 熊野市では、若者世帯が熊野市を移住先候補として現地を訪問する際の旅費の一部を補助する。

参考支援情報:三重県熊野市HP

三重県志摩市の移住定住支援制度

志摩市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家バンク制度 志摩市内にある空き家を有効活用し、定住促進による地域の活性化を図るため、定住等を希望される方に空き家に関する情報提供を行う。
空き家 志摩市移住促進空き家改修支援事業 志摩市では、県外から移住を行う者等(UIJターン等)が、市内に存在する空き家住宅・空き建築物を、住宅(店舗併用住宅等を含む)として使用するために必要となる改修費用等について補助する。
設備 志摩市浄化槽設置整備事業 志摩市では、合併処理浄化槽を設置する人に、設置費用の一部を予算の範囲内で補助します。

志摩市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 ファミリサポートセンター事業 志摩市では、「子育ての援助を求める人」と「子育てを援助できる人」が会員となり、会員間で子育ての援助を行うしくみです。保育施設や習い事への送迎、歯医者や美容院へ行く間の預かりなどに利用していただけます。
子育て・教育 子育て支援センター事業 志摩市内4か所の子育て支援センターで、随時来所・電話・出張で育児に関する相談に応じています。
子育て・教育 児童館・放課後児童クラブ事業 志摩では、就労などの理由で、放課後や夏休みなどに保護者が家庭にいない児童をお預かりし、集団生活や遊びを通して児童の健全育成を図るとともに、保護者が安心して働くことのできる環境を提供します。
健康・医療 志摩市福祉医療費助成事業 志摩では、子ども・障がい者・一人親家庭等などに対して、医療費の自己負担額を助成する制度です。

志摩市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 新規就農者総合支援事業 志摩市では、経営の不安定な就農初期段階における青年就農者に対して、給付金を給付する。
農林水産業 農業塾「なごみ」事業 志摩市でセカンドライフに農業を中心として考えている方や副収入として農業を実践してみようと思う方を対象に、毎年、農業塾「なごみ」を開催しています。(※H27募集終了)
起業・事業・就職 志摩市高等職業訓練促進給付金等事業 志摩市では、母子家庭の母または父子家庭の父が看護師や介護福祉士等の資格取得のため、2年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活費の負担軽減のために「高等職業訓練促進給付金」を支給します。

参考支援情報:三重県志摩市HP

三重県鳥羽市の移住定住支援制度

鳥羽市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 鳥羽の定住応援事業(住宅新築等)奨励金 鳥羽市で住宅を取得する40歳以下の若者や若者夫婦に対し、最高100万円(中古住宅の場合50万円)の奨励金を交付。
家を購入する・改修する 鳥羽の定住応援事業(市有地購入)奨励金 鳥羽市で定住を目的に市が指定する市有地を購入する40歳以下の若者や若者夫婦に対し、購入費用の10%の奨励金を交付。
設備 薪ストーブ等利用拡大促進事業 鳥羽市内の住宅又は事業所に設置する薪ストーブ等の購入にかかる費用の1/2(薪ストーブの上限10万円、薪ボイラーの上限20万円)を補助。
空き家 空き家バンク活用促進事業(住宅リフォーム) 鳥羽市外から移住する方(3年以上市外に居住)が空き家バンクを利用し空き家を購入し、機能向上のための改修工事を行う場合に補助金を交付します。世帯要件などにより補助額最大200万円を補助。
空き家 空き家リノベーション支援事業 鳥羽市外から移住する方(3年以上市外に居住)が市内の空き家を購入又は賃貸し、機能向上のための改修工事を行う場合に改修費の一部を補助します。改修にかかった費用の1/2(上限300万円)を補助。

鳥羽市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 とばっ子子育て応援券交付事業 鳥羽市では、子どもが生まれると3万円分の子育て用品購入券を交付。
子育て・教育 チャイルドシート等購入費助成事業 鳥羽市では、満6歳未満の子どものためにチャイルドシート等を購入する場合、1万円の助成券を交付。
子育て・教育 とばっ子カード事業 鳥羽市では、とばっ子カードを提示することで、協賛事業所が独自に設けたサービス(例:料金の割引など)を受けることのできる仕組み。
子育て・教育 保育所2人目から無料保育料 鳥羽市では、保育所に在籍する幼児等が2人以上ある世帯について、2人目以降の保育料無料。
子育て・教育 幼稚園多子世帯軽減 鳥羽市では、幼稚園に在籍する園児が2人以上ある世帯について、2人目以降の保育料無料。併せて、小学校3年生以下の範囲において、最年長の子どもから順に在園児2子目の保育料半額、3子目以降の保育料無料。
子育て・教育 高等学校通学費等補助金交付制度 鳥羽市では、高等学校に通学する生徒にかかる通学費や下宿費(下宿費は離島在住者のみ)の一部を助成。
健康・医療 中学3年生まで子どもの医療費無料 鳥羽市では、義務教育終了(15歳になる年度末)までの子ども医療費を助成。所得制限無し。

鳥羽市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

移住・転入 シングルペアレント移住・就業支援事業 鳥羽市では、シングルペアレントの方への移住・就業支援。鳥羽市へ移住し、市立保育所において保育士として「子育て応援のまち」の一役を担っていただく方を募集。
起業・事業・就職 鳥羽市中心市街地空き店舗活用事業費補助金 鳥羽市の中心市街地において空き店舗を活用し、新たに店舗・集客施設を開設する際に改修費の1/2を50万円を上限に助成。
起業・事業・就職 鳥羽市創業・再挑戦アシスト資金保証料補給補助金 鳥羽市では、「三重県創業・再挑戦アシスト資金融資要綱」に基づき、 県信用保証協会の保証を付した融資を受けた場合、保証料相当額について、毎年、融資額元金の償還割合に応じて助成。
起業・事業・就職 起業家育成支援セミナー事業 鳥羽市では、起業希望者に必要な知識を提供するセミナーを開催。本事業は国の認定による「鳥羽市創業支援事業計画」における特定創業支援事業に位置付けられており、受講者には登録免許税軽減等の優遇措置あり。
農林水産業 農業振興地産地消促進事業 鳥羽市では、新規作物の生産に取り組みたい農家を支援。栽培に向けた知識を習得するための栽培講習会や専門講師による栽培に関する検証を行う。
農林水産業 獣害対策事業 鳥羽市では、農家を対象とし、鳥獣害防止に必要な電気柵、防護柵、防護網の購入にかかる費用の1/2(上限5万円)を補助。
農林水産業 ビニールハウス等設置事業 鳥羽市では、農家を対象とし、ビニールハウス等設置に必要な資材等の購入にかかる費用の1/2(上限10万円)を補助。

鳥羽市のその他の移住定住支援情報

その他 水道基本料金免除 鳥羽市では、水道事業の条件及び鳥羽市の定住に係る施策を利用した方に対し水道基本料金を1年間免除。

参考支援情報:三重県鳥羽市HP

三重県津市の移住定住支援制度

津市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 木材利用促進事業 津市内で建築される個人住宅や公共的施設に対し、補助の要件を満たした場合に主要部材に要する費用を対象として、1棟当たり個人住宅は30万円、公共的施設は50万円の補助金を交付。(募集棟数の制限あり)
家を購入する・改修する 津市木造住宅等耐震化事業 津市では、昭和56年5月末以前に着工された木造住宅を対象に無料耐震診断、耐震補強計画補助事業(上限16万円)、耐震補強補助事業(上限121万1,000円)、木造住宅除却補助事業(上限30万円)等を実施。
空き家 地域活性化事業 津市では、空き家情報バンクを利用して空き家を購入した方を対象に、当該空き家の水回り部以外の改修工事費用を補助。(工事費用の1/3、上限額100万円)空き家情報バンク利用物件改修費補助金との併用可能。
空き家 二地域居住等推進事業 津市では、空き家情報バンクを利用して空き家を購入した方を対象に浴室・台所等の水回り部の改修工事費用を補助。(工事費用の1/2、上限額50万円)津市移住促進のための空き家リノベーション支援事業補助金との併用可能。

津市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 妊産婦医療費助成制度 津市では、妊娠5カ月以上の妊産婦を対象に、支払った医療費の自己負担相当額から1,500円を控除した額を助成(調剤薬局分は控除しません)。また、健康診査費助成金として2,500円を助成。※本人及び配偶者等の所得制限有
健康・医療 子ども医療費助成制度(0歳~小学生) 津市では、0歳~小学生を対象に、医療機関等で支払った医療費(保険診療分)の自己負担相当額を助成する。※保護者の所得制限あり
健康・医療 子ども医療費助成制度(中学生) 津市の中学生を対象に、医療機関等で支払った入院分(H28.9月からは通院分も含む)医療費(保険診療分)の自己負担相当額を助成する。※保護者の所得制限あり

津市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

空き家 商店街等活性化推進事業補助制度 津市では、商店街における空き店舗等の活用経費に対する補助。商店街が事業者を誘致する際に、改装費の1/3以内かつ150万円まで、賃借料の1/3以内かつ月6万円まで(3年以内。段階的に減額。)の補助を行う。
起業・事業・就職 ふるさと就職活動応援奨励金 津市では、県外に住む津市出身者が、市内の企業等へ就職活動を行う際に掛かる交通費を上限5万円で交付。期間平成28年4月1日から平成29年3月31日まで
移住・転入 ふるさと就職新生活応援奨励金 津市内の企業等に就職が決定し、市内へ転入した人が、新生活を始める際に掛かる費用の一部として就職祝金を5万円交付。期間平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

参考支援情報:三重県津市HP

三重県度会町市の移住定住支援制度

度会町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
設備 家庭用新エネルギー設備設置費用補助 度会町では、住宅用太陽光発電設備:1件につき6万円(CO2冷媒ヒートポンプ給湯器と同時設置で2万円上乗せ)小型風力発電設備:1件につき6万円

度会町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

設備 家庭用新エネルギー設備設置費用補助 度会町では、住宅用太陽光発電設備:1件につき6万円(CO2冷媒ヒートポンプ給湯器と同時設置で2万円上乗せ)小型風力発電設備:1件につき6万円
健康・医療 中学3年生まで子どもの医療費助成 度会町では、中学校卒業(15歳年度末)までの子どもの医療費を助成。所得制限あり。

度会町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 電気柵資材購入費一部補助 度会町では、新たに購入し農地に施工した電気柵資材購入費の3/10を補助。

度会町のその他の移住定住支援情報

その他 町営バス有償運送事業 度会町では、公共交通空白地帯を町営バスにて補い、合わせて町内主要箇所を巡回し、交通弱者の移動手段(買物、通院、通学など)を充実する。(運行日:月~金曜日※役場閉庁日は運休。運賃一律100円)

参考支援情報:三重県度会町HP

三重県南伊勢町の移住定住支援制度

南伊勢町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 南伊勢町空き家バンク制度 南伊勢町では、空き家バンク制度に登録された「空き家物件」を、南伊勢町に住もうと考えている「利用希望者」に紹介します。
空き家 南伊勢町空き家等有効活用促進事業支援補助金交付制度 南伊勢町では、空き家バンク登録物件が成約に至った場合、簡易な改修に要する経費等に対し上限10万円まで補助します。

南伊勢町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 南伊勢町出産祝金支給制度 第三子以上の出産に20万円を支給
健康・医療 こども医療費助成事業 南伊勢町では、中学3年生(15歳年度末)までの子どもに対し医療費助成

参考支援情報:三重県南伊勢町HP

三重県の移住定住支援制度まとめ

三重県の各市町村別・支援内容別の移住定住支援制度一覧でした。

なお、この移住定住支援情報は2016年版のものですので、

2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは、

各市町村のHP(リンク有り)にてご確認いただければと思います。

三重県の移住に興味がある人の移住先検討の一助になれば幸いです。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.