ジビエ普及:イノシシとシカのジビエ料理情報紹介@2ちゃんねる


こんにちは、ハン太です。

先日「ジビエが普及しないのはまだ広く味を知ってもらうフェーズだから」

という趣旨の記事を取り上げましたが、

今回はそのジビエの味の普及の必要性を受けて、

  • イノシシのジビエ料理情報
  • シカのジビエ料理情報

をまとめてみました。

 

情報がやはり少なく、かつ、

あくまで各個人の感想ではあるものの、

ジビエ料理普及に少しでも役にたてば幸いです。

元ネタ:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1481376161/0-

猪(イノシシ)ジビエ料理の情報

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
ジビエ猪は濃厚な味の豚肉って感じで美味いのにな
鍋にしたり生姜焼にすると美味いぞ
ジビエ肉100g750円くらいのところから買ってて毎年一度は熊鍋、鹿鍋、猪鍋やってるわ
イノシシジビエうまいぞ
豚より歯ごたえと血肉っぽさがあってワイルドな味
屋台でジビエ串焼きで出してたら売れるんじゃないか
ジビエ料理は燻製でいいじゃん。うまいよ

ジビエはややこしいこと考えるな
しし鍋と焼肉でええやないか
シンプルにいけシンプルに

ジビエ料理はワインと圧力鍋上手く使えば、全く臭みの無いホロホロの美味いシシ肉が出来るのに
ジビエ肉は固くて臭いけど
寸胴に味噌と生姜入れて砂糖酒ぶっ込んで
適当に匂いごまかした煮物にしたらめちゃくちゃ評判良かったよ
真似しろ
イノシシジビエカレークソうまいのに
うちの近所の農家が一頭分丸々くれるからなかなか食い切れねーわ

鹿(シカ)ジビエ料理の情報

sika1

出典:http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-1944.html

ジビエのドライエイジング鹿肉は美味しかった
ジビエ鹿肉は調理方法が難しい
上手に調理されてれば美味しいよ
美味しい牛の赤身って感じ

シカのジビエはヨーグルトに浸けて置いたら結構柔らかくなって食べやすかった

シカのジビエ肉は筋っぽいのはシチュー、カレー、煮物、煮込み系にしてるな。

シカのモモは薄く切って生姜やネギと炒めたり、味噌漬け

シカはトマトと相性が良いのでトマト缶と炒めたりもする

いずれにしてもシカのジビエ肉はアク取りすると臭いがかなり減る

取らないとジビエ特有のえぐみが残る気がする

シカのジビエ肉はロース、ヒレ、外モモは芯温60℃越えないようにじっくりロースト。そんで塩で食べる。飽きたら酸味のあるソース作る。

他のジビエ料理としてはショウガとネギをたっぷりいれたトリガラスープでしゃぶしゃぶとかもする。

ジビエ肉の筋はラグーソースにするか、トマトとかで煮込む。

ジビエ料理に対するハン太のコメント

知り合いのハンターの方からよくイノシシ肉を送っていただきますが、

うちのジビエ料理の基本はやっぱり「鍋」か「焼肉(生姜焼き)」ですね。

豚とちがってたしかに少しクセはあるものの、しっかり脂がのっていて美味しいですよ。

まさに時期的にボタン鍋の季節ですからお店で見かけたら是非食べてみてほしいです。

 

一方、僕は鹿のほうはジビエ料理店でしか食べたことないですね…

上記のコメントにもありましたが、中々料理が大変なんだとか。

ハンターであれば鹿の刺し身(飲食店で出すのはNG)を食べたりしているようですが、

自分が狩猟するようになってもやっぱり加熱しないのは怖いから生は無理だろうな(笑)


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.