狩猟:狩猟鳥獣イノシシの概要・習性・対策ついて【害獣】


こんにちは、ハン太です。

今回は狩猟鳥獣であるイノシシについて学んでいこうと思います。

 

イノシシによる害獣被害は少しでも狩猟に興味のある方ならば、

ニュースで一度はご覧になったことがあると思いますが、

鹿以上の件数で捕獲数・駆除数でいえばナンバーワンの狩猟鳥獣です。

今回はそんなイノシシの概要・習性(食性)・対策を学んでいきたいと思います。

【狩猟鳥獣】イノシシとは

369

出典:wikipedia

  • 古くから狩猟の対象とされてきた動物の一つ
  • 非常に神経質で警戒心の強い動物
  • 大人のイノシシは70kg以上の体重があり、時速45kmで走る事も可能
  • イノシシの全力の突撃を受けると大人でも大怪我する
  • オスの場合には非常に鋭い牙が生えており、更に危険

改めてこうやってイノシシの概要をみると素直に怖いですね。

警戒心が強いため、生命の危機にひんしたときの暴れ方は他の狩猟鳥獣のそれとは

一線を画すものであり、熟練したハンターでも心してかからないと手痛い反撃にあうのだとか。

実際に新米ハンターが罠にかかったイノシシに不用意に近づいて怪我をする事例が

最近あとをたたないのだとか…注意したいものです。

【狩猟鳥獣】イノシシの習性

370

イノシシの習性は、警戒心のかたまりのようなものです。

  • 見慣れないものがあると、できるだけ避けようとする習性有り
  • 突進力が非常に強く、自分のねぐらやなわばりに不用意に接近した人間を襲うこともある

イノシシの食性は、雑食でなんでも食べます。

  • 雑食
  • 基本的には植物(稲・クリ・根菜・タケノコなど)
  • 昆虫や腐った肉なども食す

ジビエの記事でも紹介した通り、

野生のイノシシは雑食なので何を食べているかわかりません。

ジビエとして店で提供する場合は絶対に加熱しなければなりませんね。

【福祉保健局推奨】安全なジビエ提供の3つのポイントとは?(リスト有)

イノシシの対策(駆除・捕獲)

189

イノシシ害獣被害への一番の対策は「狩猟」とされています。

電気柵や最近ではドローンを使ったものなど、色々な害獣対策がとられていますが、

なにより数が増えているからこそ山を降りてくる個体が増えてしまっているのです。

まだ趣味としてもはじめられていない僕も、

いつか「有害鳥獣駆除活動」に参加し、

害獣被害対策として狩猟を行えるように引き続き勉強を続けていこうと思います。

 

僕と同じく狩猟を心ざす方へ少しでも参考になれば幸いです。


1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.