移住情報をゲットしにふるさと回帰支援センターにいってみた


はじめに

はじめまして、ハン太と申します。

これから私がいつか「移住」と「狩猟」を実現できるまで、自分が集めた情報と意見をこのサイトで発信していこうと思います。私と同じように二の足を踏んでしまっている方への参考になれば幸いです。

では早速ですが、タイトルの「ふるさと回帰支援センターにいってみた」を紹介させていただきます。

 

センター訪問の理由ときっかけ

174

  • 地方移住っていったってどこに行こうかすら決めていない
  • どこが受け入れてくれるかもわからない
  • そもそもどこで情報を仕入れればいいのかわからない
  • 誰か助けて

という流れで、完全に思考がストップした私が助けを求めて最初に訪れたのは、タイトルの「ふるさと回帰支援センター」でした。

訪問に至ったきっかけは、

  • Google先生で移住について検索したら一番上にきた
  • 認定NPO法人だから信用できそうだと思った(安易)
  • 組織の役員構成が錚々たるメンバーだった(権威主義)
  • HPに掲載されている情報量が多く役に立ちそうだった
  • 直接の個別面談で相談にのってくれる

こんな感じでした!

特に「個別面談」というのが非常に魅力的でしたね。

もう一体どこでなにを調べればいいのかわからないので、詳しい人に相談したい、というのが一番の理由でしたから…

センターの場所

114

私が訪問したのは、東京のセンターで有楽町駅の目の前です(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8F)

仕事をしている人も訪問できるよう、日曜日もあいてますよ!

センターでの相談の仕方

106

センターには各県ごとに移住相談担当者の方がおり、その人たちと個別に面談して情報を提供してもらえます。

ただ、事前にセンターに連絡して予約したほうが確実です。

私の場合は、静岡・茨城について情報をもらってきました。

色々話を聞いてしまうと、1時間以上余裕で過ぎてしまうので、複数の県の話を聞きたい場合は何度も訪問する必要があると思います。

センターから教えてもらえる情報

148

移住に関して全般的に答えてもらえた印象です。

移住から少しずれた話などになると、また別の団体の詳しい方から連絡してもらえるなど、非常にサポートが行き届いていました。

具体的に私が相談して教えてもらった話を少し紹介しますね。

Q.県内のどこが移住受け入れに積極的か

A.県内の移住受け入れ状況を市別・町別にまとめたマップをみせていただきました。

受け入れ度合いが★の数で評価されており、非常にわかりやすかったです。

 

Q.仕事はあるのか

A.移住者向け求人サイトを紹介されました。

こればかりはセンターも斡旋はしていないようです…

さすがにそこまでおんぶに抱っこは無理ということですね。

しかし、定期的にセンターで各市町村とイベントを行っており、その際にはその市町村の転職支援相談者がと直接会話できるとのことでした。

 

Q.地域おこし協力隊について

A.ビラをたくさんもらいました…それと地域おこし協力隊募集サイトがあるので、そこをみてどの市町村が募集しているかをみれるようです。

こちらもセンターのイベントで現職の地域おこし協力隊の方と会話できるとのことでした。

 

Q.狩猟について

A.その市町村の団体や、移住して狩猟をしている方などにセンターの方から連絡をとってもらい、後日その方と直接メール・電話でやりとりして相談できるように取り計らってもらいました。

 

センターを利用してみての総評

非常に満足です!

というかこんなに親身になってくれるんだ…とおもってしまうほどでした。

また、わからないことを適当に返事する、のではなく、わざわざ詳しい団体の方につないでもらえたのも高印象でした。

是非地方移住を検討されている方は一度訪問してみても損はないと思います。

ただ、非常に情報量が多いので、「自分が何を知りたいのか」をしっかりまとめておかないと、

本当にあっという間に時間が過ぎてしまうのでお気をつけて…


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.