【近畿】兵庫県の14市町村別の移住・定住支援制度(住宅・子育て・仕事)まとめ【2016年】


「兵庫県の14市町村別の移住定住支援情報まとめ」です。

兵庫県の各市町村別に「住宅・子育て・健康・仕事・移住・その他」に

カテゴリを分けて一覧表にしています。

 

「兵庫県で移住定住支援制度がある地域を移住先候補として調べたいから一覧でみたい」

という兵庫県への移住希望者の方に参考にしてもらえれば幸いです。

 

今回の兵庫県の移住定住支援の一覧表は、

全部で14市町村の移住定住支援制度を2ページに分けて紹介をしております。

目次

兵庫県たつの市の移住定住支援制度

たつの市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 転入者定住促進住宅取得奨励金制度 たつの市外に居住されている方が、たつの市内に定住を目的として住宅を取得された場合に奨励金を交付します。
家を購入する・改修する 若者定住促進住宅取得奨励金制度 たつの市内に居住されている方が、市内に定住を目的として住宅を取得された場合に奨励金を交付します。
空き家 空き家バンク登録制度 たつの市内居住を希望される方に空き家情報を提供し、移住・定住促進及び地域の活性化を図る。

たつの市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 医療費助成事業 たつの市では、中学3年生までの医療費が、所得制限なしで無料
出産 出生祝金支給事業 たつの市では、次代を担う子どもの出生に対して祝金を支給する。第1子:5千円、第2子:1万円、第3子:1.5万円、第4子:2万円
子育て・教育 多子世帯保育料補助事業 たつの市では、多子世帯の第3子以降が保育所を利用する場合に、保育料補助し、子育てにかかる経済的負担を軽減する。
出産 妊婦歯科健診費助成事業 たつの市では、妊娠中の口腔トラブルを予防・対処することにより、産後においても母子ともに健全となるよう、健診費用を助成する。
出産 妊婦健康診査費補助事業 たつの市では、妊婦にかかる健診費用を助成し、妊婦の健康を守り、安全・安心な出産を支援する。
出産 妊活サポート事業 たつの市では、少子化の中、不妊に悩む夫婦の支援をするために従来から実施している特定不妊治療助成に加えて、新たに一般不妊治療費の一部を助成する。
子育て・教育 子育てきらきらクーポン事業 たつの市では、子育て世帯の経済的負担の軽減及び地域振興を図るため、市内で利用できるクーポンを発行する。(平成29年1月開始予定)
子育て・教育 とことんたつのキッズ応援事業 たつの市では、チャイルドシート購入費用の一部助成や、地域住民が主体となって託児サービスをすることで、子育て環境の充実を図る。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター運営事業 たつの市では、育児を受けたい人と援助を行いたい人が相互援助組織を構成し、子育て中の親を地域で支え合う環境づくりを行う。
子育て・教育 みんなで子育て支援事業 たつの市では、就学前児童等に保育所等を開放し入所児童との交流及び保育士からのアドバイスの機会を提供し、子育て支援の充実を図る。
子育て・教育 放課後児童クラブ事業 たつの市では、放課後に保護者がいない家庭における小学校児童の健全育成のため、小学校の空き教室等を利用し放課後児童クラブを開設する。
子育て・教育 病後児保育事業 たつの市では、保育所等へ通う児童等が病気の回復期で保育所等に通えず、保護者が仕事のために家庭で養育できないときに施設で預かる。

たつの市のその他の移住定住支援情報

結婚 たつのえんむすび事業 たつの市では、少子化対策として、婚活イベントの実施や出会いをサポートする団体への助成を行うことで、結婚を希望する者に出会いの場を提供する。

参考支援情報:兵庫県たつの市HP

兵庫県加古川市の移住定住支援制度

加古川市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
出産 特定不妊治療費助成事業 加古川市では、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)に要する費用で医療保険が適用されずに支払った費用のうち、1回当たり10万円を上限に助成。
出産 一般不妊治療費助成事業 加古川市では、医療保険適用の内外を問わず、一般不妊治療に支払った費用のうち、1年度当たり5万円を上限に助成。
健康・医療 不育症治療費助成事業 加古川市では、医療保険適用の内外を問わず、不育症の治療等に支払った費用のうち、1年度当たり10万円を上限に助成。

参考支援情報:兵庫県加古川市HP

兵庫県香美町の移住定住支援制度

香美町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 住宅改修費助成事業 香美町では、個人住宅や「空き家バンク」に登録された物件の改修に必要となる経費の一部を助成。空き家バンク登録物件の改修・・・最大100万円個人住宅の改修・・・最大20万円
家を購入する・改修する 住宅取得費奨励金 香美町では、住宅を取得(新築・購入)された方に対して奨励金を交付。新築住宅 ・・・ 最大50万円中古住宅 ・・・ 最大30万円
空き家 空き家バンク 香美町では、空き家の売却又は賃貸等を希望する所有者から申込みを受けた情報を登録し、町内への移住、定住を目的として空き家の利用を希望する方に対して、空き家情報の提供を行う。

香美町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 バス通学補助 香美町では、遠距離通学する園児、児童及び生徒の保護者に対する通学費の補助。汽車通学 ・・・ 全額補助(補助率100%)バス通学 ・・・ 全額(補助率100%)自転車通学 ・・・ 自転車購入費の22%など
出産 妊婦健康診査費助成 香美町では、基本的妊婦健康診査や超音波検査等の妊婦健康診査に対して助成。助成額 10万円(医療保険適用分は除く)
出産 妊産婦歯科健康診査 香美町では、妊婦の歯の健康づくりとして、妊娠中に1回と産後1年の間に1回、町内の歯科医院等で無料で歯科検診を受けることができる。
出産 特定不妊治療費助成 香美町では、高額の治療費を要する特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けられたご夫婦に対し治療費の一部を助成。助成額 一回あたり上限10万円
子育て・教育 子育て世代包括支援センターの開設 香美町では、お子さんの健康や子育てに関する悩みなどの相談に助産師や保健師が対応。産後ケアや産前産後ヘルパーの派遣なども行っている。
子育て・教育 香美町こそだてがいどぶっく すくすく・のびのび 香美町の子育てに関して受けられる支援を取りまとめたハンドブックを配布。お子さんの年齢に応じて2種類のガイドブックがある。
出産 香美町出産祝福奨励金制度 香美町内に在住の方にお子さんが生まれた際に、出生児一人当たり3,000円の商品券を交付
子育て・教育 多子世帯保育料軽減制度 香美町では、第3子以降のお子様の保育料を軽減する制度。要件により軽減内容が変わります。
健康・医療 乳幼児医療費助成制度 香美町では、国民健康保険や社会保険などの健康保険で負担した残りの個人負担分を助成し、受給者の費用負担を軽減する制度。対象者は0歳から9歳(小学校3年生まで)。医療機関を受診する際の個人負担額はゼロ円です。
健康・医療 子ども医療費助成制度 香美町では、国民健康保険や社会保険などの健康保険で負担した残りの個人負担分を助成し、受給者の費用負担を軽減する制度。対象者は小学4年生から中学3年生まで。医療機関を受診する際の個人負担額はゼロ円です。

参考支援情報:兵庫県香美町HP

兵庫県佐用町の移住定住支援制度

佐用町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 定住促進住宅家賃減免 佐用町では、結婚・子育て世帯、単身勤労者への優遇措置として家賃を4年間免除
家を借りる 町営住宅入居要件の暖和 佐用町では、新婚・子育て世帯を対象に入居のための収入基準を暖和
空き家 空き家バンク事業 佐用町では、ウェブサイトを利用した「空き家」「空き地」の情報提供
空き家 空き家活用支援事業 佐用町では、空き家期間が概ね6ケ月以上の一戸建ての住宅を改修し、住居等として活用しようとするかたに工事費や移転費の一部を補助する事業 工事費:100万円上限(300万円以上の工事) 移転費:10万円上限
設備 佐用町木質バイオマス燃焼機器設置事業補助金交付事業 佐用町では、住宅又は事務所等に設置する場合の燃焼機器本体の新規購入費及び設置費用に対し、1件10万円を上限に交付する事業

佐用町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

出産 出産祝金支給事業 出産祝金として5万円支給
健康・医療 乳幼児等医療費助成事業 佐用町では、中学校卒業まで医療費無料(0歳児を除き所得制限あり)
子育て・教育 第2子以降の保育料等無償化事業 佐用町では、満18歳未満の児童のうち、2人目以降に該当する児童の保育料を無料化(保育園・幼稚園・学童保育)
子育て・教育 小・中学校副教材費支給事業 佐用町では、副教材費相当額として、小学生保護者に年15,000円、中学生保護者に年30,000円を町内加盟店で使用できる商品券の支給
子育て・教育 学校給食費軽減事業 佐用町では、給食費を半額に軽減(小学生:年23,100円、中学生:年25,300円)
健康・医療 予防接種費用の補助事業 佐用町では、子ども向け任意接種(インフルエンザ・おたふくかぜ・B型肝炎・ロタウィルス)の接種費用を補助

佐用町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 水田農業担い手育成奨励補助事業 佐用町では、農地を長期間(5年以上)にわたり借り受け、大規模に営農をする方に対する補助事業
農林水産業 青年就農給付事業 佐用町:【準備型】新規就農を目指すかたで、指定された施設等で研修を受ける場合、最長2年間150万円/年を支給する
農林水産業 青年就農給付事業 佐用町:【経営開始型】新規就農を目指す方に、経営が安定するまで最長5年間150万円上限/年を給付する
農林水産業 佐用いきいき帰農塾(就農人材等育成・研修) 佐用町の農業初心者等を対象に、野菜と果樹の基本的な栽培技術を習得させ、生産者の掘り起こしを図っている。また塾生同士が交流できる場を目指す。野菜・果樹の2コースが開催される
起業・事業・就職 中小企業者新規企業・創業支援事業 佐用町内で起業・創業希望するかた(小売業・飲食業・サービス業)に対し、補助率1/3で2ケ年で最大200万円(1年目150万円・2年目50万円上限)を補助する事業
起業・事業・就職 中小企業者支援融資利子補給事業 佐用町では、新規創業等を行う方に対して、融資実行日から利子額の1/2を3年間30万円上限(年10万円上限)を交付する事業
起業・事業・就職 多自然地域IT関連事業所振興支援事業募集(兵庫県) 佐用町の空き家・空き地などを活用したIT関連の事業を行い継続的に3年以上事業を行う方等に賃借料・通信回線使用料・人件費・建物改修等の一部を補助する事業
起業・事業・就職 学校跡地施設利活用事業 佐用町の学校跡地を利活用して事業を行う方に10年間は土地・建物を無償で貸与する事業

佐用町の移住支援情報

移住体験 滞在型体験事業「佐用にきて~な」 佐用町内宿泊施設に滞在し、空き家や生活関連施設(医療・教育・買い物施設等)の紹介、観光地巡りや農作業などをたいけんする事業(宿泊費無料・食事代や体験に係る費用は自己負担)

佐用町のその他の移住定住支援情報

その他 外出支援サービス 佐用町では、学生や高齢者など車を運転しない方や交通空白地における交通手段の維持にタクシー運賃助成事業等を実施している

参考支援情報:兵庫県佐用町HP

兵庫県三田市の移住定住支援制度

三田市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 子育て世帯親元近居助成事業 三田市外に住む子育て世帯が、市内に住む親と近居するため、市内に持ち家を取得した時に必要な登記費用(上限20万円)や引っ越しの費用(上限10万円)の一部を補助します。
家を借りる 新婚世帯家賃補助事業 三田市外に住む結婚してから3年未満の子どものいない新婚世帯が三田市に定住するため、民間賃貸住宅を借りた場合に家賃の一部(上限2万円)を最長36ヶ月補助します。
家を借りる マイホーム借上げ制度推進事業 三田市では、jTI(一般社団法人移住・住みかえ支援機構)が実施する「マイホーム借上げ制度」の賃貸物件を借りて居住する場合に、必要となる事務手数料、仲介手数料(上限12万円)などを補助します。
家を購入する・改修する 3世代同居助成事業 三田市外に住む子育て世帯が、市内に住む親と同居するためにかかったリフォーム費用、増改築費又は登記費用(上限20万円)や引っ越しの費用(上限10万円)の一部を補助します。

三田市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児等・こども医療費助成制度 三田市では、中学3年生までの通院・入院にかかる医療費が無料。所得制限なし。
出産 妊婦健康診査費の助成 三田市では、妊婦の健康を守り、安全・安心な出産を支援するために、妊婦健康診査にかかる費用に対し、85,000円を上限に補助。
子育て・教育 私立幼稚園就園奨励費補助制度 三田市民で私立幼稚園(市内外問わず)に通園している満3歳児から5歳児の保育料に対して助成。
子育て・教育 待機児童対策 三田市では、待機児童解消のため、平成29年度までに認可保育所2園、小規模保育施設2園を開園予定。保育コンシェルジュを配置し、入所相談を行う。待機児童となり、認可外保育施設を利用した場合に保育料補助を実施。

参考支援情報:兵庫県三田市HP

兵庫県宍粟市の移住定住支援制度

宍粟市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 空き家活用推進事業 宍粟市では、空き家バンク制度を利用し、空き家の売買又は賃貸をする契約を締結した者が、改修工事を行う際に補助対象経費の1/3以内の額(上限50万円)を補助する。ただし、市内業者施工の場合、上限75万とする。
空き家 定住促進支援事業(引越費用助成) 宍粟市外に居住している世帯が、市内に住宅を新築又は空き家バンクにより住宅を取得または借用し転入した場合、1世帯につき5万円を支給。世帯に中学生以下の子供がいる場合は、1人につき5万円を加算する。
空き家 定住促進支援事業(若者定住促進助成) 宍粟市内に居住する世帯が、空き家バンクにより住宅を取得し定住を目的として転居した場合、1世帯につき2万5千円を支給。ただし、当該世帯の世帯主が、当該転居したときにおいて40歳以下の世帯に限る。

宍粟市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 医療費助成事業 宍粟市では、中学以下の乳幼児等を対象に医療費自己負担額を無料化〈所得制限なし)
出産 妊婦健康診査費補助事業 宍粟市では、妊婦健康診査にかかる費用の助成を14回実施。健診費用について、妊婦健康診査費助成券5000円券14枚、1000円券23枚を交付することで、健診が受けやすい環境を整備する。
出産 マタニティマーク事業 宍粟市では、マタニティマーク・マタニティプレートを配布するなど、マタニティマークの普及啓発に努め、妊産婦に対して周囲の人が配慮しやすい、やさしい環境づくりを推進しています。
子育て・教育 保育料軽減事業 宍粟市では、保育所保育料、幼稚園保育料ともに国基準額に上乗せして軽減措置
子育て・教育 通勤通学費助成事業 宍粟市内に居住の方で、公共交通を利用して通勤・通学(中播磨、西播磨以外)される方へ1か月あたりの定期券料金の1/3を助成(上限2万円)ただし、通勤手当等が支給される場合は、その額を控除。

参考支援情報:兵庫県宍粟市HP

兵庫県篠山市の移住定住支援制度

篠山市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 三世代ファミリー定住支援住宅補助金 篠山市では、三世代同居・近居を目的に住宅を新築・改修・購入する若者子育て世代に対象工事価格によるが20万の補助が出る。
家を購入する・改修する 若者定住住宅補助金(若者定住・市内産業の活性化助成) 篠山市内業者が施行する工事により住宅を新築・改修する若者・子育て世代に対象工事価格によるが30万の補助がでる。
家を購入する・改修する 若者定住住宅補助金 篠山市では、定住重点地区で住宅を新築・改修・購入する若者子育て世代に対象工事費が規定を超えていたら最大50万円の補助がある。
その他 丹波路自由席回数特急券購入補助金 篠山市では、JR福知山線を利用して大阪方面・福知山方面に通学する市民に1冊3060円の購入費のうち1500円を上限に補助をする。

篠山市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 子育て世帯応援補助 篠山市では、定住促進地区で保育・幼稚園在園児を除く未就学児を持つ保護者に1人当たり3万円の補助が出る。
子育て・教育 保育・幼稚園保育料補助 篠山市では、定住促進重点地区で保育・幼稚園在園児を持つ保護者に、子供の年齢により年間最大210000円の補助が出る。
子育て・教育 高等学校遠距離通学補助金 篠山市内の高校に通学する生徒の保護者に距離に応じて補助をする。
健康・医療 乳幼児・こども医療費助成 篠山市では、0歳から中学3年生までの外来・入院とも保険診療にかかる全額を補助する。
健康・医療 小児インフルエンザ予防接種補助助成 篠山市では、1歳から15歳までのインフルエンザワクチン接種を年に応じて補助がでる。
出産 妊婦健診費助成事業 篠山市では、妊娠健康診査の機会の確保及び普及を図るため健康検診を受けた妊婦に対し、1人101000円を上限とした補助を行う。
出産 特定不妊治療費助成事業 篠山市では、特定不妊治療を受け、兵庫県の特定女性事業を受けた夫婦に対し、1回の治療について10万円を上限に治療に要した額から県の補助を控除した額を助成
出産 すこやか赤ちゃん誕生祝金制度 篠山市では、平成27年4月1日以降に第3子以降のお子様を出産し養育される方は1人につき20万補助が出る。
出産 地域産科医療機関利用助成事業 篠山市内の産科医療機関で出産された方は出産回数1につき5万円の補助がでる。
子育て・教育 多子減免制度 篠山市では、幼稚園および認定こども園に通う4・5歳の保護者で18歳未満の兄弟姉妹がいる場合、保育料、給食費、預かり保育給食費等を第2子は半額、第3子以降は無料にする。

参考支援情報:兵庫県篠山市HP


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.