【中国】広島県の8市町村別の移住・定住支援制度(住宅・子育て・仕事)まとめ【2016年】


広島県の各市町村別に「住宅・子育て・健康・仕事・移住・その他」に

カテゴリを分けて一覧表にしています。

 

「広島県で移住定住支援制度がある地域を移住先候補として調べたいから一覧でみたい」

という広島県への移住希望者の方に参考にしてもらえれば幸いです。

 

今回広島県の移住定住支援の一覧表は、

全部で8市町村の移住定住支援制度を紹介をしております

目次

広島県安芸太田町の移住定住支援制度

安芸太田町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 定住促進奨励制度 安芸太田町の家屋に係る固定資産税相当額の1/2を10年間助成。補助対象:新築住宅の建築または購入される45歳以下で,その後10年以上定住される方又は,賃貸住宅3戸以上建築される方(年齢制限なし)
家を購入する・改修する 上殿定住促進団地 安芸太田町でいずれか一方の年齢が満40歳以下のご夫婦の世帯または,年齢が満12歳以下の子どもがいる世帯が対象。土地譲受後2年以内に住宅新築工事に着手し,3年以内に居住,10年以上定住の条件で宅地分譲価格55%割引
家を購入する・改修する 住宅改修助成金交付制度 安芸太田町内の施工業者を利用して自己が所有し居住する住宅の修繕や増改築に対する費用を助成助成対象工事費(50万円以上)の10%に相当する額を助成(上限10万円)
家を購入する・改修する Uターン世帯定住応援制度 安芸太田町に定住の意思をもって,転入し,安芸太田町に在住する親族と同居する方を対象に町内業者施工による対象住宅の改修(100万円以上)に対し改修費の1/2を助成。(上限85万円を補助)
家を購入する・改修する 子育て世帯定住応援制度 安芸太田町の夫婦のいずれかが満40歳以下または満12歳以下の子がいる世帯を対象に,対象住宅の新築,中古住宅の購入または対象住宅の改修についての費用を一部補助。町内産木材利用や12歳以下の子どもが同居する場合は加算
空き家 空き家バンク制度 安芸太田町の空き家物件の所有者と利用希望者の紹介
空き家 定住促進空き家活用事業 安芸太田町に5年以上定住することが決まった空き家の改修費の1/2助成。助成金:上限75万円、転入者,空き家所有者を問わず改修費負担者へ助成。※ただし,2地域居住住宅は対象外
設備 ペレットストーブ等購入促進補助事業 安芸太田町でペレットストーブや薪ストーブ本体の購入経費及び設置並びに配管に係る直接的経費を補助。購入経費および設置等に係る経費が10万円以上のもの、対象経費に3分の1を乗じて得た額以内とし,上限額は20万円。
家を購入する・改修する 安芸太田町産木製品プレゼント 安芸太田町産材を使用して新築する木造住宅施主に最高20万円相当の木製品をプレゼント。自ら居住目的の住宅で延床面積70㎡以上対象。

安芸太田町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 チャイルドシートの購入・レンタル費用一部助成事業 安芸太田町では、チャイルドシート購入・レンタル費用について,半額を助成(上限1万円)ベビーシート(0か月~6か月),ジュニアシート(満3歳~6歳頃)については,無償貸し出し
健康・医療 乳幼児/子ども医療費支給事業 安芸太田町では、0歳~18歳までの医療費について一部支給【自己負担額】1医療機関ごとに1日500円、通院:月4日まで、入院:月14日まで
子育て・教育 一時保育事業 安芸太田町:就労形態の多様化に伴う一時的な保育や,保護者の傷病等による,緊急時の保育または私的理由による保育を行う◆町内4保育所・こども園で実施
子育て・教育 子育て支援センター事業 安芸太田町:◆町内2か所(こども園内)に設置◆育児相談,在宅の親子の支援を実施◆ママのリフレッシュ講座等楽しい講座も実施 【開設】月~金曜日の午前9時~午後2時
子育て・教育 チャイルドシートの購入・レンタル費用一部助成事業 安芸太田町:◆チャイルドシート購入・レンタル費用について,半額を助成(上限1万円)ベビーシート(0か月~9か月),ジュニアシート(3歳ごろ~6歳ごろ)については,無償貸し出し
出産 妊婦健康診査交通費助成 安芸太田町:◆妊婦に対し妊婦健診における交通費の一部を助成 【助成額】1回の受診につき1,000円 【対象者】町に住民登録を有する期間に,町外の医療機関で妊婦健診を受けた者
出産 母親学級支援事業 安芸太田町:◆母親学級参加助成事業(他施設の母親学級参加費の助成)【助成額】1回の受講につき一人1,000円で2回まで【対象者】町に住民登録を有する期間に、妊娠中に参加費が必要な母親(両親)学級を受講した者
出産 新生児・乳児等家庭訪問 安芸太田町:◆保健師による新生児・乳児等への訪問を実施◆保健師による妊婦訪問・産婦訪問
出産 子育て支援各種相談・教室 安芸太田町では、乳幼児健康相談、聞こえと言葉の相談お陽さま相談、妊婦交流会、離乳食教室ブックスタート事業、不妊治療助成制度新生児・乳児体重計無料貸し出しなど
出産 歯科相談等事業 安芸太田町では、妊婦歯科検診、乳幼児フッ素塗布事業むし歯予防・ブラッシング教室(乳幼児健診及び保育所)食育指導事業(栄養指導に合わせた歯の健康教室)
子育て・教育 放課後児童クラブ運営事業 安芸太田町では、心身の健全な育成を図るため,放課後,留守家庭の児童が安全で安心して過ごせる場所を提供【対象】小学1年~6年生
子育て・教育 放課後子ども教室 安芸太田町では、地域の方の協力を得て,小学校の空き教室等を利用し,安全安心な居場所として学習や交流事業等を行う。【対象】小学1年~6年生

安芸太田町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 営農用施設機械器具整備事業 安芸太田町:◆ビニールハウスの整備に要する経費を補助 (事業費上限額300万円,事業費の1/2以内)※規模100㎡以上の耐雪型ビニールハウスで新規就農者,農業生産法人,認定農業者等が新設する場合
起業・事業・就職 安芸太田町無料職業紹介所事業 安芸太田町内の求人・求職情報を面談形式で提供・聞取実施【月~金曜日,祝日・年末年始を除く,9時~16時(12時半~13時半休み)】◆地元県立高校と連携し,町内企業に対する新卒者採用の斡旋と紹介を実施 など
起業・事業・就職 新分野進出事業 安芸太田町:◆創意工夫ビジネス支援事業◆新技術・新製品の開発支援事業◆地域産品開発支援事業補助
起業・事業・就職 起業化促進事業 安芸太田町:◆起業化の促進◆新規開業支援事業補助◆空き店舗出店支援事業
起業・事業・就職 事業継承事業 安芸太田町:◆事業継承事業 施設改修,設備導入等に要する経費の1/2以内(補助限度額200万円) 技術の取得,研修,販路開拓等に要する経費の1/2以内(補助限度額50万円)
起業・事業・就職 IT活用ビジネス支援事業 安芸太田町:◆IT活用ビジネス事業 技術の取得,研修に要する経費の1/2以内(補助限度額50万円)◆IT環境整備に要する経費の1/2以内(補助限度額100万円)

安芸太田町の移住支援情報

その他 高速道路通勤費補助金制度 安芸太田町:◆65歳以下新規転入者で,引き続き5年以上町内に居住される方が片道100km以内の高速道路ETC通勤をされる場合,ETC料金の1/2を助成

参考支援情報:広島県安芸太田町HP

広島県呉市の移住定住支援制度

呉市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
移住・転入 定住サポートセンター ◆呉市定住に係る相談を受け付けます。
空き家 呉市空き家バンク ◆呉市で居住することを希望している方に,空き家・空き地の情報をホームページで紹介してます。
家を購入する・改修する 移住希望者の住宅取得支援 ◆呉市外からの移住者が,呉市内の「戸建て」の中古住宅を購入し,入居する場合に購入費の一部を助成。

呉市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児等医療費助成制度 ◆呉市の支援制度の対象となるのは、呉市民で国民健康保険、各種社会保険等に加入されている方の被扶養者で小学校6年生までの乳幼児等です。(所得制限があります)。
子育て・教育 保育料減免 ◆呉市で現に扶養している児童(申請年度内において満18歳以下の者)が3人以上いる世帯で,第3子以降3歳未満児の保育料は申請書の提出により無料。
子育て・教育 特別保育 ◆呉市の保護者の勤務時間や通勤時間を考慮して,保育時間をおおむね19時まで延長◆急病や介護・育児疲れ・パート勤務・冠婚葬祭などで,一時的に保育が出来なくなったとき,児童を受入れ
子育て・教育 呉市病児・病後児保育 ◆呉市の保護者の子育てと就労の両立支援の一貫として【病気】又は【回復期】にある児童を一時的に預かる
子育て・教育 放課後児童会 ◆呉市の保護者等が就労等により昼間常時家庭にいない場合に,小学校児童を放課後から夕方まで預かり,小学校の余裕教室等を活用しながら,指導員が遊びと生活の指導を通して児童の健全育成を行う
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター ◆呉市の子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と子育ての援助を行いたい人(提供会員)が会員登録し,地域で子育てに関する相互援助活動を行う有料のシステム
子育て・教育 子育て支援センター ◆呉市0・1・2歳の乳幼児に配意した親と子の安全・安心な子育て交流ひろば◆地域の子育て家庭を対象に,育児不安等についての相談・指導など,各種の子育て支援を保育所等で実施

呉市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 漁師弟子入り体験 ◆呉市で本気で漁師になりたいと思っている方のために、きっかけを提供する『漁師弟子入り体験』を実施しています。(年齢制限があります)
起業・事業・就職 呉市インキュべーション施設の設置及び入居者支援 ◆呉市の起業家・創業者等の活動の場(事務室・工場)を比較的安い使用料で提供します。インキュベーションマネージャーが中心となり,研究開発・販路拡大等のニーズに応じ,支援します。各種補助金制度もあります。

参考支援情報:広島県呉市HP

広島県三原市の移住定住支援制度

三原市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
移住・転入 おいでや三原プロジェクト 三原市:◆定住を支援するため,定住に関する様々な質問や問題に対応する定住相談総合窓口の設置◆三原市定住応援マガジン「ミハラビト」の発行
空き家 空き家バンク(情報発信) ◆三原市内に空き家を所有する方の申し込みにより,物件を登録し,空き家の利用を希望する方に登録物件を紹介する制度。
設備 家庭用燃料電池システム設置費補助 ◆三原市の住宅に燃料電池システム(エネファーム)を設置する人へ10万円を限度に補助
設備 小型浄化槽設置設備 三原市:◆小型浄化槽設置者に対して補助

三原市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児等医療費助成制度 三原市:◆中学校3年生までの児童の医療費負担を軽減
子育て・教育 一時保育事業 三原市:◆一時的または緊急的に家庭で保育できない場合に,子どもを保護者にかわって保育
子育て・教育 病児・病後児保育 三原市:◆当面症状の急変は認められないが,回復期に至っていない場合または病気の「安定期」または「回復期」にある子どもを,一時的に保護者にかわって保育
子育て・教育 放課後児童クラブ 三原市:◆小学生(クラブにより受入学年が異なります)を対象に,授業終了後や長期休業中に,遊びや生活の場を提供
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター 三原市:◆子育てに手を貸してほしい人と,子育てを応援したい人が会員登録し,依頼に応じて会員を紹介
子育て・教育 チャイルドシート購入費助成事業 三原市:◆6歳未満の子どもを養育している保護者に購入費を助成
出産 マタニティスクール 三原市:◆妊娠・出産に対する不安や緊張を取り除き,安心して出産していただけるよう学んでいただいたり,妊婦さん同士の交流の場を目的とした教室を開催
出産 赤ちゃん訪問 三原市:◆保健師,助産師,母子保健推進委員が生後2か月頃に自宅を訪問
子育て・教育 子育て支援サロン 三原市:◆親子の閉じこもり,孤立化防止及び育児不安の軽減のため,親子のふれあいの場を提供
子育て・教育 母子保健推進委員制度 三原市:◆子どものいる家庭を訪問したり遊びの場を提供
子育て・教育 子ども発達総合相談室 三原市:◆0~18歳の発達が気になる子どもと保護者を対象にした相談窓口。保健師等による一般相談と臨床心理士等による専門相談を実施
出産 不妊検査費補助 三原市:◆35歳以上40歳未満の妻である夫婦1回,不妊検査費補助を5万円を上限に1/2補助する
健康・医療 乳幼児定期予防接種費補助 三原市:◆広島県広域予防接種実施医療機関によらない県外等での定期予防接種費を補助する

三原市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 新規就農者支援 ◆三原市の新規就農者に対しての支援○営農経費の補助として,50万円(国の制度に上乗せ)
農林水産業 三原市新規就農者育成研修事業 ◆三原市内で,わけぎ栽培を中心として就農する方を対象にわけぎ栽培の基礎実習や講義等の研修を1年間行う。
起業・事業・就職 中心市街地新規出店支援事業 ◆三原市中心市街地の空き店舗を活用した新規出店者に対し,改装費・家賃の一部を助成
起業・事業・就職 地域商業活性化支援事業 ◆三原市内全域(中心市街地を除く)の空き店舗等を活用した新規出店者や既存店舗を改装し事業を継続する事業者等に対し,改装費等の一部を助成
起業・事業・就職 Jデスクみはら ◆三原市にUJIターンを希望する方に年2回の就職ガイダンスの実施(8月,翌2月:変動あり)
起業・事業・就職 起業化促進事業(みはら創業応援隊) ◆三原市ではコーディネーターを配置した創業支援拠点を設置し,新規創業者や第二創業者の掘り起こし及び事業者ごとのフェーズに応じた支援を実施

三原市のその他の移住定住支援情報

その他 優待乗車証・乗船券交付 ◆三原市内を運行する乗合路線バスの優待乗車証の交付◆島に居住する方に乗船券及び巡回バスの優待乗車証の交付 70歳以上の高齢者 1乗船・乗車につき100円 一定の障害のある方 無料
その他 市民農園 ◆三原市では、農業者以外の方が野菜や花等を栽培できる市民農園を市内3箇所に設置
その他 農業体験交流 ◆三原市では農業体験を通じて都市と農村の交流を促進

参考支援情報:広島県三原市HP

広島県庄原市の移住定住支援制度

庄原市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 庄原市空家バンク 庄原市内の空き家を有効活用し,定住促進につなげる制度で,利用には登録が必要。賃貸借・売買共に情報があり,ホームページでも公開している。
家を購入する・改修する 庄原市転入定住者住宅取得及び改修補助金 庄原市への移住者が住宅を新築・購入する場合に費用の10%(上限100万円),改修は費用の20%(上限50万円)を補助。購入と改修は併用可。子育て世帯には最大で10万円加算。改修は2親等以内の持ち家でも対象。
家を借りる 庄原市新婚世帯定住促進補助金 庄原市の夫婦とも40歳未満の新婚世帯が民間の賃貸住宅に住む場合,月額家賃から3万円を引いた金額を補助(上限2万円,補助期間12ヶ月)する。夫婦どちらかが市外に通勤する場合は月額3,000円を加算。
移住・転入 五萬の里団地 庄原市では、宅地7区画を整備し分譲中(うち3区画売約済み)。簡易水道,公共下水道を整備済み。同一団地内には市営住宅20戸と集会所を建築済み。
移住・転入 定住促進住宅 庄原市外からの転入者および中堅所得者等に賃貸する住宅。入居要件は、世帯の収入(月収額)が158,000円以上か、市外からの転入者または企業等の市外からの転勤者であること。
設備 市町村設置型浄化槽 庄原市では、公共下水道,農業集落排水の区域外の個人住宅が対象。分担金30万円の負担で市が浄化槽を設置。使用水量によって使用料を支払う。申請期間は毎年度9月末まで。予定数に達した場合は申し込みを締め切る。
設備 飲料水供給施設整備費補助金 庄原市では、飲用水が不足する地域で、新たにボーリング方式等により水源を整備する方に、補助対象経費の2分の1を補助(上限40万円、2戸以上共同で申請の場合は1戸につき36万円)。
設備 生活道整備補助金 庄原市の日常生活で通行道路として利用している国道・県道・市道以外の道路について、新設・拡幅工事・路面の舗装工事を行う際に、費用の40%を補助(上限64万円)。
設備 庄原市ペレットストーブ等購入促進補助金 庄原市内事業者からペレットストーブ・薪ストーブ・ペレットボイラーを購入する際,購入・設置等の経費の3分の1を補助(ストーブは上限12万円,ボイラーは上限50万円)。
設備 生ごみ処理容器等補助金 庄原市の生ごみ処理機を購入する場合,費用の2分の1を補助(上限1万6千円)。

庄原市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児等医療費助成 庄原市では、中学3年生までの乳幼児・児童が医療機関を受診する際の医療費(自己負担分)を助成する。自己負担額は通院1回500円(1ヶ月4日まで),入院1日500円(1ヶ月14日まで)。
子育て・教育 保育料減免 庄原市の第3子以降が、同時入所に関わらず無料。
子育て・教育 一時保育 庄原市内に住民登録のある子どもを対象に,定員に空きのある保育所で受け入れ実施。
子育て・教育 放課後児童クラブ 庄原市では、小学生を対象に,授業終了後や長期休業中の居場所を確保する。保護者負担金:月3,000円(月4,000円 8月のみ)。
子育て・教育 ファミリー・サポート 庄原市では、育児を応援してほしい人(依頼会員)と,育児を応援したい人(提供会員)が会員になり,相互に関わり合って,安心して子育てをするための相互支援活動。必要に応じて子どもの預かり等を行う。
子育て・教育 子育て支援センター 庄原市では、子育て家庭や地域の皆さんが気軽に集い交流できる場で,子育てに関する相談・子育て情報の提供・子育て家庭の友だち作りや交流の場の提供,子育てサークルの活動支援などを行っている。市内12カ所に設置。
出産 出産祝金 庄原市の新生児の出生日以前に1年以上本市に居住し、更に1年以上居住する意思のある保護者を対象に、第1子,第2子は15万円,第3子以降は25万円を支給。
子育て・教育 入学祝金 庄原市では、4月1日に児童生徒、保護者とも庄原市に住所があり、小中学校、特別支援学校(小中学部)に入学する児童生徒を養育している保護者を対象に、入学一人当たり小学校2万円、中学校3万円を支給。(4月中の転入も可)

庄原市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

農林水産業 新規就農者育成事業奨励金(準備型) 庄原市内で新たに農業を始めたいという強い意志と意欲のある人を認定し,市内指定農家等で1年以上研修を受ける際,月70,000円を最長2年間給付する。対象者は原則45歳未満。
農林水産業 新規就農者育成事業奨励金(経営開始型) 庄原市では、就農初期の経営経費の軽減を図るため,就農後,月額7万円を最長3年間給付する。対象者は原則45歳未満とし,自営就農若しくは親元就農される認定新規就農者とする。
農林水産業 新規就農施設等整備補助金 庄原市では、認定新規就農者が農業経営を開始するのに必要となる施設・機械等の購入に必要な経費の一部を補助する。対象経費を1,000万円以内とし,補助率は2分の1。
農林水産業 新規就農定着支援補助金 庄原市で新規に農業専業経営を開始後5年以内の方の,専門技術の習得や先進農業研修に要する経費を補助する。対象者は原則45歳未満の認定農業者とし,対象経費の2分の1を補助(上限は5年間通算で50万円以内)。
起業・事業・就職 庄原市転入定住者起業補助金 庄原市への移住者が起業する際に補助する。審査会を実施し,通過すれば対象経費の3分の1を補助(上限200万円)。
起業・事業・就職 若者就業奨励金(雇用奨励金) 庄原市内に居住する若者を雇用した、一定の条件を満たす雇用主に対して奨励金を交付する(雇用1人当たり10万円)。
起業・事業・就職 若者就業奨励金(あとつぎ奨励金) 庄原市へ定住する若者で一定の条件を満たし、生業として家業の後継者となる方を対象に奨励金の交付をする(1人当たり10万円)。
起業・事業・就職 若者就業奨励金(起業奨励金) 庄原市へ定住する若者で一定の条件を満たし、生業として新たに事業を開始する方を対象に奨励金の交付をする(1人当たり10万円)。

庄原市の移住支援情報

移住・転入 定住相談 庄原市への定住を希望・検討されて来市された方の最初の相談窓口として,お話を伺う。住民自治組織と連携して,地域情報の提供や地域への溶け込みをサポートする。
移住体験 庄原暮らしお試し体験「くちわの家」 庄原市外在住者が庄原市での暮らしを体験できる施設。1週間以上3カ月以内の期間で利用でき、体験メニューや定住相談にも応じる。利用料は1週間1万6千円。1週間を超える場合、1日当たり2,200円を上限に加算。
移住・転入 「帰ろうや倶楽部」 庄原市への会員(登録無料)に「定住情報」や「ふるさと情報」を定期的に発信。企業や市民団体と協力し、移住に役立つ情報を提供する。

参考支援情報:広島県庄原市HP

広島県大竹市の移住定住支援制度

大竹市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 大竹市住宅リフォーム事業 大竹市内居住,又は現在は市外居住しているがリフォーム 工事完了後に市内に居住予定の方の持ち家住宅のリフォーム費用の一部を補助します。
設備 大竹市ケーブルテレビ加入促進補助 大竹市の住宅を新築して市外から転入してきた世帯または市内で新たに住宅を新築する世帯でケーブルテレビに新規加入する場合に,上限1万円補助

大竹市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 病児保育事業 大竹市では、生後6か月から小学校6年生までの保育所・幼稚園・小学校に在籍している病気または病気の回復期にある児童の保育する事業(病院内で実施)
健康・医療 こども医療費助成事業 大竹市の子ども(15歳に達する日以後最初の3/31まで対象)が,医療機関に通院・入院したときの医療費の自己負担分の一部を助成し,調剤は無料となるよう助成。
出産 妊産婦健康診査等支援事業 大竹市では、安心安全な出産ができるよう,妊婦健診の受診回数に応じて1回当り2,000円,最高で14回分(28,000円)を助成
出産 妊産婦歯科健康診査事業 大竹市では、妊娠期及び出産後1年までの期間の計2回,歯科健康診査を受ける費用を助成。

大竹市の健康(医療・病院)関連の移住定住支援情報

健康・医療 がん検診及び健康診査等事業 大竹市では、40歳以上の市民を対象とした大腸がん検診の検診料が無料

大竹市の移住定住支援情報

子育て・教育 奨学金返還免除 大竹市では、当支援制度を利用後、市内に2年以上居住した場合に、奨学金の返還を免除。

参考支援情報:広島県大竹市HP

広島県竹原市の移住定住支援制度

竹原市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
空き家 竹原市空き家バンク ◆竹原市では、空き家情報を(社)広島県宅地建物取引業協会のホームページ上に掲載◆空き家利用希望者に対して斡旋を行う
家を借りる 子育て世帯向け地域優良賃貸住宅 ◆竹原市では、子育て・新婚世帯向けの子育てに配慮した賃貸住宅。◆所得に応じた家賃助成に加え、市外からの入居については抽選倍率を優遇。
家を購入する・改修する 竹原市子育て・高齢者・障害者あんしん住宅改修助成事業 ◆竹原市では、子ども,高齢者,障害者の住居内での負担軽減と事故防止など生活環境の向上を図るための住宅改修に要する費用の一部を補助
設備 竹原市住宅用太陽光発電システム設置補助事業 ◆竹原市内において,自ら居住する住宅に太陽光発電システムを設置するものに対し,太陽光発電システム出力1kwあたり7,500円(限度額3万円)を助成※太陽光発電システム最大出力10kw未満のみ対象
設備 竹原市小型合併処理浄化槽設置整備事業 ◆竹原市内の専用住宅に小型合併処理浄化槽を設置するものに対し助成・建築確認申請を行う場合 一律20万円・建築確認申請を伴わない場合 5~6人槽 33.2万円 7~8人槽 41.4万円 9~10人槽 54.8万円

竹原市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児等医療費助成制度 ◆竹原市では、小学校を卒業するまでの乳幼児・児童を対象に,病院での医療費自己負担額を500円/回を限度とし,限度を超えた部分を助成(保護者の所得制限有り)・通院:ひとつの医療機関での受診回数が4回を超えた場合,5回目以降無料・入院:ひとつの医療機関での入院日数が14日を超えた場合,15日目以降無料
子育て・教育 保育所運営事業 ◆竹原市では、18歳未満の子どもを3人以上扶養している場合,3人目以降の3歳未満児は保育料無料,3歳以上児は,2,500円減額
子育て・教育 一時預かり事業 ◆竹原市では、参観日,病院,冠婚葬祭等,急な用事のときに,時間単位で子どもを預かる◆里帰り出産の際や,市外からの預かりも可能
子育て・教育 病後児保育「さくらんぼ」事業 ◆竹原市では、病気回復時の子どもを預かる◆小児科医と連携し,看護師が子育てをサポート ・ 対象 生後3か月~小学6年生 ・ 時間 8時30分~17時30分(19時まで延長可)
子育て・教育 放課後児童クラブ運営事業 ◆竹原市では、放課後,保護者が仕事などで家にいない小学生の児童を一定時間預かる ・ 開設時間 平日14時~18時,休校日8時~18時 ・ 利用料 3,000円(別途おやつ代)
子育て・教育 ファミリーサポートセンター事業 ◆竹原市では、子育てを地域でサポートする ・ 利用時間 7時~19時(月~金) ・ 利用料 600円/時
子育て・教育 地域子育て支援センター事業 ◆「ゆりかご」 安心して子育てが出来るよう,親や子どもとのふれあいを通して育児を支援する
子育て・教育 地域子育て支援センター事業 ◆竹原市では、「ミルクハウス」 市内を巡回し,子育てを支援する
子育て・教育 地域子育て支援センター事業 ◆竹原市では、「つくしんぼ」 親子で「たけはらふれあい館」での集い,遊び等を通して,子育てのサポートをする
子育て・教育 中央児童館運営事業 ◆竹原市では、放課後等に健全な遊びを通して,児童の健全育成を図る・対象 5歳~中学3年生・開館時間 13時~18時(4月~9月) 13時~17時30分(10月~3月)※土・日・祝日・長期休暇期間中は、10時~開館
子育て・教育 家庭児童相談活動事業 ◆竹原市では、18歳未満の子どもの悩み(不登校,虐待,発達,友達関係など),相談等に対応する

竹原市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 就職ガイダンス ◆竹原市では、市内企業による就職相談会

参考支援情報:広島県竹原市HP

広島県廿日市市の移住定住支援制度

廿日市市の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を借りる 定住促進住宅 廿日市市では、45歳未満の方や義務教育終了前の子どもがいる方等を対象とした住宅。
空き家 空き家バンク 廿日市市では、ホームページ等で空き家情報を提供。
空き家 廿日市市空き家改修費補助金 廿日市市では、空き家バンク登録物件として売買または賃貸借した住宅等に係る改修費等の一部を補助。

廿日市市の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

子育て・教育 一時的保育 廿日市市では、1歳以上,午前8時30分~午後5時 保育料1日あたり3歳未満児 2,000円,3歳以上児 1,600円
子育て・教育 病児保育室 廿日市市で病気にかかっていたり回復期にあって,安静にする必要がある子どもを一時的に預かる。
子育て・教育 児童館管理運営事業 廿日市市では、健全な遊び場を与え、情操を豊かにし、安心安全な居場所を提供する。
子育て・教育 留守家庭児童会 廿日市市内の小学校1年生~6年生の児童で、保護者が就労などの事情で昼間家庭にいない児童に生活の場を提供する。
子育て・教育 ファミリーサポートセンター事業 廿日市市では、育児・介護等の援助を受けたい人(依頼会員)と援助を行いたい人(提供会員)が育児・介護等の相互援助を行う会員組織(有償ボランティア)。
子育て・教育 地域子育て支援センター事業 廿日市市では、育児不安についての相談指導や地域の子育て情報の提供など、子育て家庭に対する支援を行う。
健康・医療 乳幼児医療費助成 廿日市市では、乳幼児の医療費の自己負担分を無料とする(保護者の所得制限あり)。8月から対象年齢が拡大されます。(小学3年生までの通院及び中学生までの入院。一部負担あり(1日500円))

廿日市市の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 起業家支援施設 廿日市市では、新たに事業を開始しようとする人や,新分野への事業展開を目指す人を支援する施設。・入居者には事業拠点となるスペースを提供し,インキュベーション・マネージャー等が総合的な支援を行う。
起業・事業・就職 創業起業支援講座 廿日市市では、若者や女性、シニアなどによる市内での多様な起業へのチャレンジを応援する創業・起業支援講座を開催

参考支援情報:広島県廿日市市HP

広島県北広島町の移住定住支援制度

北広島町の住宅(賃貸・購入)関連の移住定住支援情報

支援対象 移住定住支援事業名 移住定住支援事業概要
家を購入する・改修する 新規定住化促進対策事業 ◆北広島町では、定住者が住宅を新築・購入・増改築した場合に、費用の一部を地域通貨により最大60万円分の補助を行う。(条件有り)
家を借りる 若者定住促進住宅の建設 ◆北広島町が賃貸住宅を建設し、安価な家賃で若者に住宅を貸し出す。雄鹿原高原住宅(2棟) 2012年築 家賃30,000円/月志路原田園住宅(3棟) 2013年築 家賃35,000円/月
家を購入する・改修する 若者定住促進住宅団地造成及び販売 ◆北広島町では、若者定住を促進するために町有地を住宅用地を造成し安価で販売する。新庄かわせみ団地 販売価格11,000円/㎡購入価格のうち、最大250万円の優遇措置有り。
設備 小型合併処理浄化槽補助金(設置・維持管理費) ◆北広島町では、下水道・農業集落排水区域以外で、小型合併処理浄化槽の設置及び維持管理費を補助する。
設備 薪ストーブ購入補助金 ◆北広島町では、一般家庭で導入する薪ストーブの購入及び設置に要する費用の一部を補助します。
設備 生活用水取水施設整備補助金 ◆北広島町では、水道が整備されていない地域において、生活用水を確保するための井戸等を整備する費用の一部を補助する。
家を購入する・改修する Uターン者住宅整備促進補助金 ◆北広島町では、Uターン者が3年以内に住宅を建築・購入・増改築を行うため、町有住宅に入居する場合、町有住宅の家賃の3年分を上限に地域通貨により補助する。(条件有り)

北広島町の子育て(育児・教育)関連の移住定住支援情報

健康・医療 乳幼児・児童医療費の助成 北広島町では、0歳児から中学校卒業までの乳幼児・児童が入院・通院することになった際の医療費の助成を行う。
子育て・教育 保育料の減免 ◆北広島町では、第3子保育料無料(第1子,第2子が在園していなくても適用 ただし,上の兄弟の二人が18歳未満)
子育て・教育 ベビーシート・チャイルドシート貸出事業 ◆北広島町では、希望者にベビーシート・チャイルドシートを貸し出す。
子育て・教育 放課後子ども教室 ◆北広島町がスポーツクラブ等と連携し放課後の児童に様々な教室を提供
子育て・教育 放課後児童クラブ ◆北広島町では、国の補助事業を活用し,放課後の児童の居場所づくりを行っている◆利用料は施設ごとに異なる◆対象者:小学生
子育て・教育 ファミリー・サポート・センター事業 ◆北広島町では、有償ボランティアにより,保育所等の送迎や,終了後の預かりを行う
子育て・教育 子育て支援センター事業 ◆北広島町では、育児情報の提供,講座の実施,子育て相談,サークル活動支援,一時保育等を行う◆町内4地域に子育て支援センターを設置
子育て・教育 母子・父子家庭激励金 北広島町では、母子・父子家庭を激励するため、年1回激励金を支給しています。
子育て・教育 義務教育終了祝金 北広島町では、母子家庭および父子家庭の児童が健やかに、かつ、たくましく生きるよう激励することを目的とし、義務教育終了祝金(1万円) を支給します。
健康・医療 幼児歯の健康チェック・フッ素塗布事業 ◆北広島町では、2歳児を対象に町内委託歯科医療機関にて歯の健康チェック・フッ素塗布(3回)を無料で実施

北広島町の仕事(起業・求人・転職)関連の移住定住支援情報

起業・事業・就職 ビジネス創造支援補助金 ◆北広島町では、創業を目指す中小企業・小規模事業者を補助金(最大50万円)で支援する。
農林水産業 就農研修支援交付金事業 ◆北広島町が認定した就農研修生を先進農家及び農業法人等で原則2年間の実践研修を行う◆研修期間中は,月額最大15万円の研修支援金を交付
農林水産業 初期投資支援事業 ◆北広島町では、認定研修生が就農時に必要なビニールハウス又は,一定の農業用機械を導入する場合に一定額(最大500万円)を補助◆認定研修生が既存農家の経営の移譲を受ける場合,その経営資産の取得に対して助成
農林水産業 農業体験研修事業 ◆北広島町内の受入農家で2週間程度の研修を実施
農林水産業 就農支援交付金事業 ◆北広島町では、認定研修生以外の39歳以下の者が認定新規就農計画を作成し認定を受けた場合,就農時に就農支援交付金を交付
農林水産業 農業技術大学校就学支援事業 ◆北広島町内在住者(25歳以下に限る)が農業技術大学校に就学する場合原則2年間,学費及び寮費の1/2を助成

北広島町の移住支援情報

移住・転入 北広島町Uターン奨励金 ◆北広島町では、16歳以上39歳以下の者が5年以上町外で生活した後、再び本町の住民基本台帳に登録して生活の基盤を本町に置く場合、奨励金(50,000円~)を地域通貨により交付する。
移住・転入 北広島町に帰りたい人の会の設立 ◆北広島町外に転出しているものを対象に会への登録を促進し、Uターンにつながる制度・就職情報・町の様子などの情報発信を行う。

北広島町のその他の移住定住支援情報

出産 不妊治療費助成事業 ◆北広島町では、特定不妊治療を受け,県助成を受けてもなお自己負担が発生する方に対し補助金を交付
出産 新生児聴覚検査事業 ◆北広島町では、生後おおむね3日の新生児を対象に1回実施 ※一部自己負担あり
出産 新生児・乳幼児等家庭訪問事業 ◆北広島町では、保健師による家庭訪問を実施
出産 妊産婦健康診査費助成金交付事業 ◆北広島町では、妊産婦を対象に妊産婦健康診査に要した費用の一部を助成
出産 妊婦等歯科健康診査事業 ◆北広島町では、妊産婦を対象に町内委託歯科医療機関にて歯科健康診査を実施

参考支援情報:広島県北広島町HP

広島県の移住定住支援制度まとめ

広島県の各市町村別・支援内容別の移住定住支援制度一覧でした。

なお、この移住定住支援情報は2016年版のものですので、

2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは、

各市町村のHP(リンク有り)にてご確認いただければと思います。

広島県の移住に興味がある人の移住先検討の一助になれば幸いです。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.