狩猟ブログ:狩猟事故 滋賀県カモ猟誤射事件の2chまとめ


こんにちはハン太です。

15日に滋賀県でカモ猟中に自分の右足を撃ってしまうという誤射事件が発生しました。

若い人かな?と思ったら67歳のベテランの方…うっかり油断してしまったのでしょうか。

原因などはネット上の記事にのっていなかったので、

追加情報などが2chに載ってないかとみてみました。

狩猟事故防止の参考になれば幸いです。

ちなみに2chは「狩猟やってる人は野蛮」

というバッシングが半端ないので、その辺は省いてます。

滋賀県カモ猟誤射事件の記事

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20161115000174

 15日午前6時50分ごろ、滋賀県野洲市安治の家棟川大橋の近くで、カモ猟をしていた大阪市浪速区湊町1丁目、

無職の男性(67)が、持っていた散弾銃で誤って自分の右足を撃ち、重傷を負った。

 守山署によると、男性は右脇に猟銃を抱え、飛んでいるカモに銃口を向けようとした時、誤って引き金を引いてしまい、

右足くるぶしなどを撃ったという。滋賀県ではこの日がカモ猟の解禁日だった。

滋賀県カモ猟誤射事件2chまとめ

元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1479221279/0-

マジでこんな鈍臭い奴は免許取り上げないと他人を傷つけてしまうぞ

病院にとってはいいカモだな

猟銃の被弾はエグいぞ

よくある話

僕の知人のおじいさんも撃ち抜いた

足場や見通しの悪い所ばっかりで銃を扱わなきゃいけないのだから

いくらベテランでも暴発の危険というのは無くなるわけは無いんだよな

いや、銃で自分の脚を撃つのはよくある事故だぞ、拳銃だと本当にやりがち。

普段は地面に銃口を向けて安全確保してるからこうなる。

まあ猟期にはよくある事故。

トリガーに指かけたまま抜き打ちみたいな感じで狙うからこうなる。

打つ直前まで指はトリガーガードに置く癖つけないと

まあ足一本、いい授業料だわ。www

再発防止のためには、散弾銃にFCSをつけて、

FCSが適切でないと判断したときは引き金を引けないようする。

自分や猟仲間や猟犬にはIFFビーコンをつけて誤射を防ぐってだけじゃ

山菜取りのバァちゃんうっちゃうので、

光学的に対象を認知したときだけ引き金ロックを解除する。

高齢者が運転して起こす事故と変わらんな

>>物知らん馬鹿だな。若いのでもよくある事故。

銃の扱いに慣れてきた頃にベテランでもおこる。

要するに逃げられる前に鴨を撃ちたいという欲が先行して、

銃の怖さを忘れるんだな・・・

鴨の気配を感じたら、一瞬でその方向にリード取って撃たないと逃げられるから。

狩猟関係その他参考情報

鉄砲所持申請出すと警察が自宅周辺の家を廻って近所の評判を聞くらしいな。

それで普段から近所とコミュニケーションをとってない奴は100%許可が出ない。

>>以前は近所の評判も許可の項目に入っていたけど、今は金持ちは高級マンション住まい

が多いからほとんど近所付き合いがないので、犯罪歴がなければ差ほど近所の評判は

重要視されない。

現におれは近所付き合いがないけど許可下りたからね。

>>空気銃3年間所持してからだから 近所関係無いな(´・ω・`)

滋賀県カモ猟誤射事件2chスレをみた感想

狩猟事故防止に関するコメントをしてくれている方はあまりいませんでしたが、

「打つ直前まではトリガーガードに指を置く」

が大事なのでしょうね。きっと色々防止方法は他にもあるのでしょうが…


1 Trackback / Pingback

  1. 【環境省】狩猟事故防止動画まとめ(矢先安全確認・猟銃暴発・罠猟) – 狩猟と移住を夢見てもがくサイト

Leave a Reply

Your email address will not be published.