【九州】福岡県の25市町村別の移住定住支援制度(仕事・健康・住まい・子育て)まとめ【2016年】


福岡県添田町の移住支援制度

子育て 出産 添田町出産育児奨励金 出産児1人につき50,000円、3子目(2児養育中)200,000円、4子以上(3児養育中)500,000円の出産奨励金を支給。3子以上につき(現在2児を養育している)月額10,000円の育児奨励金を支給。
住まい 家を購入する・改修する 添田町定住促進支援事業 町外に3年以上お住まいで、添田町に定住を希望される方に対して、用地取得費や住宅取得費等の一部を支援する制度。
住まい 空き家 添田町空き家バンク制度 町内人口の増加、地域の活性化に寄与するため、空き家を貸したり、売りたい人、空き家に住みたい、購入したい人の情報登録を行い、相互に情報を共有する制度。
子育て 健康・医療 添田町:子ども医療費無料化 中学生以下の子どもの医療費無料。
仕事 農林水産業 添田町:新規就農支援事業 就農を考えている人に対して、専業農家で実践的な研修を行う制度。研修期間は3年間で、研修終了後は添田町で就農することが条件。
住まい 家を借りる 添田町:若者定住促進事業 添田町に定住を希望される夫婦(条件あり)に、新築一戸建て住宅を家賃35,000円で提供。27年度に6戸建設。28年度以降も建設予定。
住まい 設備 添田町浄化槽整備事業 合併浄化槽の設置費用の一部を助成。

福岡県田川市の移住支援制度

住まい 空き家 田川市:空き家有効活用家賃補助金 ・空き家バンク台帳に登録された空き家を賃貸借して入居する場合、住宅手当等を除く、実際に入居者が負担した家賃の2分の1に相当する金額を補助金として交付する。(上限2万円・最長24ヶ月)
住まい 空き家 田川市:空き家改修工事補助金 ・空き家バンクに利用者登録をし、10年以上居住することを目的に市外から転入し空き家を売買または賃貸借する人に対し、空き家改修工事費の2分の1に相当する金額を補助金として交付する。(上限30万円)
住まい 空き家 田川市:空き家バンク制度 ・市内にある空き家の賃貸、売却等を希望する所有者から登録の申込みを受け、登録された空き家の情報を登録された空き家利用希望者に情報提供を行う。
子育て 出産 田川市:出産祝金支給事業 ・平成27年3月5日以降に出生したお子様の母又父に対して、出産祝金を支給する。(第1子 3万円、第2子 6万円、第3子 15万円、第4子以降 30万円)
子育て 出産 田川市:不妊治療費助成事業 ・「福岡県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」による助成の決定を受けた方に対し、治療費を助成する。(上限1回当たり5万円)
住まい 家を購入する・改修する 田川市:住宅リフォーム工事補助金 ・市内の施工業者によって住宅改修工事をする場合、住宅改修工事に要した工事費の10分の1に相当する金額を補助金として交付する。(上限10万円)
住まい 設備 田川市:環境配慮活動助成事業 ・住宅用太陽光発電システム導入を支援するため、設置費用の一部を助成する。(1キロワット当たり2万円:上限8万円)
子育て 健康・医療 田川市:子ども医療費助成事業 ・中学生(15歳に達した日以降の最初の3月31日)までの保険医療費自己負担額の全額を助成する。
住まい 家を購入する・改修する 田川市:移住・定住等住まい助成事業 ・市内に定住し、住宅を新築することを目的として市有地を購入した場合、土地取得額の10%を交付する。・資格要件に該当する者が、市内業者によって住宅を新築した場合、50万円を交付する。

福岡県那珂川町の移住支援制度

住まい 家を購入する・改修する 那珂川町住宅改修工事補助金 町民の住環境の改善および地域経済の活性化を図るため、町民が町内の施工業者によって、住宅改修工事(リフォーム工事)を行う場合、その経費の一部を補助します。

福岡県八女市の移住支援制度

住まい 家を購入する・改修する 八女市:新築マイホーム取得支援補助金 市内に住宅の新築等をした人に対し、取得する家屋の固定資産税相当額を3年間、また転入世帯や新婚世帯又は子育て世帯には一時金を支給します。※3年間で最大75万円
住まい 家を購入する・改修する 八女市:中古住宅取得支援補助金 市内に居住する中古住宅を購入した人に対し、購入に要する経費の5%、また転入世帯や新婚世帯又は子育て世帯には一時金を支給します。※最大40万円
住まい 空き家 八女市空き家バンク制度 市内にある空き家の売買・賃貸を希望する所有者から登録していただいた情報を、ホームページなどを通して公開し、定住や二地域居住などで空き家の利用を希望する方に情報提供を行ないます。
住まい 家を購入する・改修する 八女材普及促進住宅資材助成事業 申請者が八女市内に居住するための新築および増築の木造住宅であり、八女市内の方は50万円、八女市外からの転入者には80万円を補助いたします。
住まい 空き家 八女市空き家改修費補助金制度 空き家の有効活用を図るため、空き家バンクに登録された空き家を改修される人に予算の範囲内で費用の2分の1以内を補助します。(上限30万円)
住まい 家を購入する・改修する 八女市:住宅改修事業補助金制度 市内の施工業者によって現在お住まいの住宅を改修される人に、改修工事に要した費用(消費税別)の1割に相当する金額を補助します。(上限10万円)
住まい 設備 八女市:浄化槽の設置に関する補助制度 八女市では、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するため、浄化槽を設置しようとする人に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。
住まい 設備 八女市:住宅用太陽光発電設置費補助 自然エネルギーの有効活用による環境負荷の少ない循環型社会を構築するため、住宅用太陽光発電システムを設置する人に、予算の範囲内で補助金を交付します。(1kw当たり2万5千円・上限10万円)
その他 その他 八女市予約型乗合タクシー「ふる里タクシー」 予約があったときに予約があった区間だけを運行し、複数の利用者が乗合で利用するタクシー。利用者の玄関から目的地の玄関まで送迎します。
住まい 設備 八女市:情報通信基盤の整備 ブロードバンド・ゼロ地域の解消を目指し、八女市で整備した光ファイバー網を利用した光インターネットの引込工事を無料で行います。
仕事 起業・事業・就職 八女市新規創業・新事業展開補助制度 市内で創業を目指す創業希望者や新事業または新分野への進出を目指す個人事業者や法人に対して、経費の一部を補助金として交付する制度です。対象経費の2分の1以内(上限50万円以内)
仕事 農林水産業 八女市:新規就農促進支援事業 八女市での新規就農を予定し、生産技術の習得を目標に農業者等の下で研修を行う人へ研修促進の助成をします。(月額2万5千円以内)
仕事 農林水産業 八女市:農村女性活動推進支援事業 八女市に住所を有する女性農業者2人以上で構成する団体が新規品目導入研究、農産加工品開発、販路拡大販売促進活動に助成します。(年額50万円を上限)
仕事 農林水産業 八女市:農産加工品開発モデル事業 八女市内に住所を有する農業者を中心に構成する農業生産部会・団体(3名以上)が、地場産農林水産物を活用したモデル的な加工品開発研究等に要する経費を補助します。(年額20万円を上限)
結婚 結婚 八女市:結婚新生活支援事業費補助  平成28年4月1日以降に婚姻した夫婦で、そのいずれか一方が申請日現在40歳未満である世帯に、新生活のスタートアップに係る費用(新居の住居費、引越費用)を支援します。(1世帯あたり上限18万円)
結婚 結婚 八女市:結婚記念品贈呈 結婚した夫婦に結婚記念品を差し上げます。記念品の内容:急須と夫婦湯飲みのセット※記念品の内容は変わることがあります。
結婚 結婚 八女・筑後結婚サポートセンター 結婚を希望する方の結婚相談・出会い・お見合い・各種パーティーを通して素敵な出逢いを提供いたします。
子育て 健康・医療 八女市:病児・病後児保育 保護者のやむを得ない事由により病気回復期の児童を昼間家庭での育児が困難な時に、専門の施設で一時的に預かり、保護者の子育てと就労の両立を支援します。(3か所の施設で実施)
子育て 出産 八女市:妊婦健診補助 母子健康手帳の交付とともに、妊婦健診を公費で受けられる補助券(14回分)の発行、保健師による相談、各種の情報提供を行っています。
子育て 出産 八女市:やめっこ夢祝金 未来を担うお子さまの出生を祝福し、心身ともに健やかな成長を願い、お子さまに祝金を支給します。第一子祝金 5万円、第二子祝金 8万円、第三子祝金 10万円
子育て 子育て・教育 八女市:やめUIターン子ども応援手当 転入された中学生までのお子さまの小・中学校、保育所、幼稚園等にかかる費用の一部を援助します。(転入された中学生までの子ども一人当たり3万円)
子育て 子育て・教育 八女市:路線バス通学定期券補助 八女市にお住まいの学生が通学する際に利用する路線バス(高速バス含む)の定期券購入費用を一部補助します。(購入金額の2割、さらに補助金額を差し引いた月額運賃が14,000円を超える場合は、その分も合わせて補助します)
子育て 子育て・教育 八女市:やめファミリー・サポート・センター 子どもの預かり等、「子育ての援助を受けたい人(おねがい会員)」と「子育てのお手伝いをしたい人(まかせて会員)」が会員として登録し、地域の中で子育ての手助けを行い合う会員組織です。
子育て 子育て・教育 八女市:幼稚園就園奨励費 幼稚園設置者が保護者等の所得の状況により保育料を減免したものに対して、市はその幼稚園に補助を行い、もって保護者の保育料の軽減が図られるようにしています。
子育て 子育て・教育 八女市:教育・保育事業 保護者のさらなる保育料の負担軽減を図るため、八女市では国の基準より階層に応じて約37%(改定前約17%)の減額を行います。
子育て 健康・医療 八女市:乳幼児・こども医療制度 乳幼児(小学校就学前まで)の通院・入院にかかる医療費、小・中学生(15歳に達する年度の3月31日まで)の入院に係る医療費助成に加え、平成28年10月診療分から小学生の通院に係る医療費の助成を拡大します。
子育て 健康・医療 八女市:ひとり親家庭等医療制度 ひとり親家庭の父または母及び児童、父母のない児童が病気やケガで医療機関にかかったときの医療費の一部を公費でまかなう制度です。本人負担:≪通院≫800円/月(上限)≪入院≫500円/日(月7日限度)
子育て 子育て・教育 八女市:子育て支援総合施設「やめっこ未来館」 保育所と地域子育て支援センターを併設した複合施設です。この施設は、保育の機能と子育ての総合的な支援を行う機能を備え、それぞれの機能が連携し、八女市の未来を担う子どもたちの健やかな育成をサポートします。
子育て 子育て・教育 八女市:児童手当の給付 中学生までの児童を対象に、第1子および第2子は1万円、第3子以降1万5000円(ただし、小学生まで)、3歳未満は1万5000円です。
その他 その他 八女市:旅する茶のくに週間 毎年度催される「旅する茶のくに週間」。伝統工芸の匠の技や自然、農業及び食など、八女ならではの魅力を再発見していただくための体験型プログラムを実施します。(今年度は秋に開催予定です)

福岡県飯塚市の移住支援制度

子育て 出産 飯塚市:妊婦健康診査補助 妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するための健康診査に対して、1人あたり14回分の補助券を交付します。
子育て 出産 飯塚市:マタニティ教室 妊娠中の悩みや心配なことを解消したり、子育てについて一緒に語り合い、仲間作りをする教室です。
子育て 出産 飯塚市:両親学級 赤ちゃんを迎えるために、夫婦で準備して安心して出産できるよう、保健師による教室を行っています。
子育て 出産 飯塚市:産前・産後サポート事業 お母さんが妊娠中や出産後に体調不良などで家事や育児を行うことが難しくなったとき、支援員が家事や育児のお手伝いをします(炊事、掃除、買い物、お子さんのお迎えなど)。
子育て 子育て・教育 飯塚市:ファミリーサポートセンター 子育てのお手伝いをしたい人と、子育ての手助けをして欲しい人とをつなぎ、地域の中でお互いに支えあう会員組織です。子育てを行っている家庭が育児と仕事等を両立できる環境づくりをお手伝いしています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:チャイルドステイ事業 保護者が家庭で就学前のお子さんを養育することが困難になった場合、市が契約している施設でお子さんを一時的にお預かりします。宿泊と、平日の夜間や休日の昼間にお預かりする方法があります。
子育て 健康・医療 飯塚市:病児保育 保護者が仕事などのため、病気の回復期にあるお子さんを家庭で保育できないときに、専門の施設でお子さんを一時的にお預かりします。
子育て 子育て・教育 飯塚市:赤ちゃんの駅 乳幼児を抱える保護者の皆さんが気軽に外出できるように、授乳やおむつ替え等で立ち寄れることができる施設を「赤ちゃんの駅」とし、子育てにやさしいまちを推進しています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:赤ちゃんすくすく元気訪問 生後4か月を迎えるまでの赤ちゃんがいるご家庭に訪問スタッフが出産祝品を持ってお伺いし、育児に関する不安や悩みを聞いたり、子育て支援に関する情報を提供します。
子育て 子育て・教育 飯塚市:幼稚園就園奨励費 私立幼稚園に通う幼児を持つ保護者を対象に、その世帯の住民税課税状況等によって、通っている幼稚園に応じて授業料等の一部を交付します。
子育て 子育て・教育 飯塚市:放課後児童クラブ 保護者が就労等により昼間家庭にいない小学校児童に対し、放課後に適切な遊びや生活の場を提供します。
子育て 子育て・教育 飯塚市:児童センター(館) 飯塚市内に20か所ある児童センター(館)で、地域の子どもたちが一緒に遊んだり、色々な行事に参加して仲間づくりができます。
子育て 子育て・教育 飯塚市:休日等子育て支援事業 保護者の仕事、冠婚葬祭、病気、介護等のため、日曜日または祝日に家庭で子育てができないときに、小学生児童を片島児童センターでお預かりします。
子育て 子育て・教育 飯塚市:子育て支援センター 子育て支援センターは、子育て中の家庭を応援する施設です。「子育てに関する相談」「育児情報の提供」「子育て親子の交流の場や遊び場の提供」「育児講座の実施」「育児サークルの支援」などを主に行っています。
子育て 健康・医療 飯塚市:子ども医療費支給制度 飯塚市内にお住まいの児童・生徒などに対して、医療保険が適用される医療費の自己負担額を助成します。
子育て 健康・医療 飯塚市:ひとり親家庭等医療費支給制度 飯塚市内にお住まいの母子家庭の母と児童、父子家庭の父と児童、父母のいない児童に対して、医療保険が適用される医療費の自己負担額を一部助成します。
子育て 子育て・教育 飯塚市:ブックスタート 4か月健診で、赤ちゃんとその保護者に絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡しています。絵本を通して愛情あふれる時間を持つことを応援しています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:小中一貫教育 小学校1年生から中学校3年生までの9年間を見据えた連続性、一貫性のある教育を実践し、子どもたち一人ひとりの特性に応じたきめ細かな学習指導や生活指導の実現を図るため、小中一貫教育に取り組んでいます。
子育て 子育て・教育 飯塚市:特別支援教育 公立の小・中学校に在籍する発達障がいを含む障がいのある児童生徒を適切に支援するため、特別支援教育支援員(介護支援員)の配置を実施しています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:就学援助制度 飯塚市立小・中学校に通学、または飯塚市にお住まいで国・県立の小・中学校等に通学する場合で、経済的理由により学用品や給食費などの支払いが困難と認められる児童生徒の保護者に対し費用の一部を援助しています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:奨学資金 優良な資質を有しながら、経済的理由により修学することが困難な方に対し、修学上必要な学資金を貸し付け、有用な人材を育成することを目的としています。
子育て 子育て・教育 飯塚市:若年者専修学校等技能習得資金 社会において有為な人材として活躍が期待されながら、経済的理由により専修学校等において修業することが困難な方に対し、技能習得資金の貸付を行い、職業に必要な技能及び知識の習得を援助します。
住まい 家を購入する・改修する 飯塚市:マイホーム取得奨励金 飯塚市への定住を促進し、活気に満ちた地域社会を築くため、飯塚市内に住宅を新築または購入して転入する方に対して、マイホーム取得奨励金を交付しています。
住まい 家を購入する・改修する 飯塚市:住宅リフォーム補助金 快適な住環境の整備及び地域経済の活性化を図るため、飯塚市内に住民登録をしている方が、飯塚市内の施工業者によって住宅の改修工事を行う場合に、経費の一部を補助金として交付します。
住まい 設備 飯塚市:住宅用太陽光発電システム設置補助金 住宅用太陽光発電システムの普及のため、設置費用の一部を補助します。
仕事 農林水産業 飯塚市:新規就農支援対策事業 新規就農者の人材発掘及び定着を促進することにより、農業の活性化及び振興を図ることを目的として、新規就農者に対する支援事業を行っています。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:ワンストップサービスセンターe-ZUKA 適正を確認して、就職相談を実施しています(対象:15歳~39歳まで 相談時間:10時~18時 毎週水曜日・金曜日は休館 金額:無料)。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:新産業創出支援センター(e-ZUKAトライバレーセンター) 新しい産業・ビジネスを起こそうと考えている方々に低額の使用料でオフィスを提供しています。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:新産業創出支援コンサルタント 経営コンサルタントが創業や新分野進出に関する相談に無料で応じます。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:新産業創出支援アドバイザー 「社会保険労務士」と「行政書士」が会社設立に必要な手続や財務・労務管理など、経営課題の解決のサポートを行います(アドバイスの範囲であれば無料)。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:研究開発室使用料助成 市内のインキュベーション施設の使用料を2年間助成します(助成率:1/2 助成額:上限5万円/月)。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:新技術・新製品開発補助金 研究開発を行う中小企業者の技術開発力の向上及び製品の高付加価値化を推進するため補助金を交付し、地域産業の振興を図ります。
仕事 起業・事業・就職 飯塚市:販路開拓支援補助金 優れた商品(製品・技術・サービス)を開発し、販路開拓に積極的に取り組む市内の中小企業者に対して補助金を交付することにより、新市場参入及び事業拡大を支援し、地域産業の振興を図ります。

福岡県北九州市の移住支援制度

仕事 起業・事業・就職 北九州で働こう!U・Iターン応援プロジェクト 若年人材等の地元への還流を促進するため、本市へのU・Iターン就職希望者に対する、地元企業の求人情報や新卒採用情報等の提供、転職相談や職業紹介(学生を除く)を実施する等、総合的な支援を実施しています。
仕事 起業・事業・就職 北九州スタートアップ移住促進事業 本市で活動するスタートアップ企業が商品開発をする際に、北九州工業高等専門学校のものづくりセンターの機器を活用したプロトタイピング(試作)ができます。
仕事 起業・事業・就職 北九州市スタートアップ支援貸付 創業にあたって利用しやすい融資制度。無担保、保証人不要です。(原資は日本政策金融公庫)。
仕事 起業・事業・就職 北九州市:商店街空き店舗活用事業 商店街等の活性化を目的として、市が指定する商店街等区域の空き店舗へ出店する方への補助制度です。賃借料の50%(補助開始から1年間、限度額年間75万円)又は開業時の改装費の50%(限度額75万円)など。
その他 その他 北九州市:生涯現役夢追塾 これから高齢期を迎える世代を中心に、今まで培ってきた技術や経験、能力や人脈等を活かしながら、退職後も生涯現役で社会貢献活動や経済活動などの担い手として活躍していく人材を発掘・育成しています。
その他 その他 北九州市:年長者研修大学校 高齢者が社会的な役割を担えるよう研修を通じて生涯現役型社会の環境づくりを推進し、ボランティア体験や地域活動者との交流などを通して地域活動リーダーを養成しています。
健康・医療 健康・医療 北九州市:認知症支援・介護予防センター 認知症支援と介護予防に一体的に取り組んでいく全市レベルの拠点として、「認知症支援・介護予防センター」を設置・運営しています。
子育て 健康・医療 北九州市:安心して受診できる小児救急医療体制 小児救急センターをはじめ、24時間の小児救急を実施している医療機関が市内に4か所あるなど、全国的に見ても充実した医療体制となっています。
子育て 子育て・教育 北九州市:充実した子育て支援施設 子育て中の保護者が持つ負担や不安感を解消するための総合的な子育て支援拠点として「子どもの館」、「子育てふれあい交流プラザ」を運営。また、親子が気軽に集う場として各区に「親子ふれあいルーム」を設置。
子育て 子育て・教育 北九州市:充実した若者への支援 中・高校生をはじめとする若者が、学習や体験等を通じて自己を発見し、社会性や自立性を身に付ける場である「ユースステーション」を設置するなど、充実した若者への支援を行っています。
子育て 子育て・教育 北九州市:民間事業者と協働した「赤ちゃんの駅」 外出中に授乳やオムツ替えなどで立ち寄ることができる施設「赤ちゃんの駅」は、北九州市が全国で初めて民間事業者の協力のもと、開始した。現在は、市内の官民施設約400箇所を越える施設で利用できる。
住まい 家を借りる 住むなら北九州 子育て・転入応援事業 一定の要件を満たす住宅の購入・賃借をする場合、費用の一部を補助します。
住まい 家を借りる 北九州市:優良賃貸住宅供給支援事業(特定優良賃貸住宅) ファミリー世帯向けの優良な賃貸住宅に、最大20%の家賃負担を軽減します。

福岡県柳川市の移住支援制度

移住・体験 移住体験 柳川暮らし体験事業 地方への移住検討者に対して、市が所有する物件に20日~2か月で住んでもらい、地方での生活を実体験いただく事業。賃料・光熱費は無料(その他の生活費は入居者負担)。
住まい 空き家 柳川市:空き家バンク制度 柳川市内の空き家や空き地を登録し、柳川市内での生活を検討している方に空き家や空き地の情報を提供する制度。
住まい 設備 柳川市:住宅用太陽光発電システム設置補助 地球温暖化防止対策の一環として、市民の再生可能エネルギー利用を促進するため、住宅に太陽光発電設備を設置する個人の方を対象に補助。太陽光発電システムの発電出力1kwあたり2万円で上限は8万円。
住まい 設備 柳川市:合併処理浄化槽設置整備補助 河川や掘割の水質環境を守るため、合併処理浄化槽の設置を推進。合併処理浄化槽を設置する人に予算の範囲内で補助金を交付。補助額は設置しようとする合併処理浄化槽の人槽(大きさ)によって決まる。
住まい 家を購入する・改修する 柳川市:すみよか住宅改造費助成 高齢者の自立助長や介護者の介護負担軽減を目的とした住宅改造費用の一部を助成。上限20万円。対象者の要件あり。
仕事 起業・事業・就職 柳川市:商店街等空き店舗等対策事業 商店街のにぎわいや一体感の創出を図るため、空き店舗等を利用して事業を開始した方に対して要した経費の一部を補助。空き店舗又は店舗以外を改修工事で利用する場合は補助対象経費の1/2、上限額150万円など。
結婚 結婚 柳川市:結婚サポートセンター事業 独身男女に出会いの場を提供することを目的に設置した会員登録制のセンター。男性は柳川市、大牟田市、みやま市の3市に居住又は勤務する方、女性は全国どちらからでも登録可能。登録料として3,000円。
子育て 子育て・教育 柳川市:ファミリーサポート事業 子育ての手助けをしてほしい人と、子育ての手助けができる人とを結びつける事業。保護者に代わり、お子さんの一時的な預かりや保育所等の送迎などを行う。事前に会員登録が必要。
子育て 子育て・教育 柳川市:ブックスタート事業 本を通して親子にふれあいの時間を持ってもらい、小さな子どもさんたちに早くから本に親しんでもらおうと、毎月4か月児健診時に「ブックスタート」を実施。
子育て 出産 柳川市:妊婦さん赤ちゃん訪問事業 赤ちゃんを出産したお母さんに、家庭訪問を行う。赤ちゃんのこと、お母さんのことなどの相談や、各種情報の案内を行う。また、妊婦さんで希望の場合は、保健師などが訪問して妊娠ライフの様々な相談に応じる。
子育て 子育て・教育 柳川市:学童保育事業 保護者の就労等で放課後に留守家庭になる世帯の小学校に通学している児童を、その児童が通う小学校に設置した学童保育所で預かる。事前申し込みが必要。月額5,000円。全ての小学校区(19箇所)に配置。
子育て 健康・医療 柳川市:乳幼児等医療費助成制度 中学3年以下が対象。3歳未満無料、3歳以上就学前:外来600円/月・入院500円/日(7日間)、小学1年から中学3年:入院500円/日(7日間)10月から支援拡充予定。
子育て 健康・医療 柳川市:ひとり親家庭等医療費助成制度 母子家庭等の母と児童又は、父子家庭等の父と児童が、医療機関で診療を受けた場合の自己負担額を助成する制度。満6歳以上満18歳未満の児童と満18歳未満の児童を扶養している配偶者がいない親が対象。
子育て 健康・医療 柳川市:未熟児養育医療 医療を必要とする未熟児に対し、指定医療機関において必要な医療の給付を行う。
子育て 出産 柳川市:特定不妊治療費助成金 特定不妊治療を受けている方へ1回につき上限額5万円を助成(男性不妊治療も同様)。県からの助成金を控除した治療費について助成。
子育て 子育て・教育 柳川市:地域子育て支援センター 子育て奮闘中のお父さんお母さんのために、子育てについての疑問や悩みごとの相談に対応する。市内4箇所。
子育て 子育て・教育 柳川市:チャイルドシートの無料貸し出し 交通安全協会の会員を対象にチャイルドシートの無料貸し出しを行う。事前予約が必要。貸し出し期間は3か月。
結婚 結婚 柳川市オリジナル婚姻届記念ファイル 柳川市へ婚姻届を提出されたご夫婦1組につき1部婚姻届のコピーを保存できる「柳川市オリジナル婚姻届記念ファイル」をプレゼント。ファイルには、柳川らしい写真やお祝いの言葉、結婚記念日の紹介を掲載している。

福岡県の移住定住支援制度のまとめ

福岡県の移住定住支援制度は上記の通りです。

2016年版のものですので、2017年も引き続き支援制度が続くかどうかは各市町村のHPにてご確認いただければと思います。

情報参考元HP:JOIN移住交流ナビ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.