ブログ:(狩猟)兵庫県で20年ぶりにツキノワグマ狩猟解禁(移住)移住求人情報はある?今後地方の求人はどうあるべき?


こんにちは、ハン太です。

めっきり寒くなってきましたね。ユニクロで買ったモコモコズボンが本当に暖かいです…(おっさん)

ではではさっそく狩猟と移住のニュースについてみていきますね。

狩猟ニュース:兵庫県で20年ぶりにツキノワグマ狩猟解禁

343

11月になって猟期に入った県も多い中、兵庫県では以下のような記事がでています。

 ツキノワグマの生息数が増加している兵庫県で、15日からクマ猟が20年ぶりに解禁される。

県内では今秋、人が襲われる被害も発生しており、保護から適正管理へ方針転換するが、クマ猟の経験がない猟師も多く、「遭遇したことがなく不安」「効果が上がるのか」と戸惑いの声も漏れる。

県は狩猟再開を前に、今月2、3両日、クマ猟の安全講習会を神戸市で開催した。県の担当者が140人の参加者に向け、「今年は県内でも人身事故が起きている。(解禁は)人と動物との共生関係を保つための措置」と呼びかけた。

猟期は12月14日までの1か月。捕獲・狩猟を認めるのは講習会受講者に限定し、原則1人1頭とした。

主にシカやイノシシを狙ってきたハンターにとって、クマ猟はほとんどが初めての経験だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/12276333/

記事の内容を3行でまとめると、

  • 兵庫県で20年ぶりにツキノワグマ狩猟解禁(クマが増えたので)
  • 20年ぶりなのでクマ猟経験者が少ない
  • 経験が少ない猟師からは「遭遇したことがなく不安」と戸惑いの声

140人ものハンターがクマ猟に参加するとのことですが、一体この中の何人くらいがクマ猟の経験があるんでしょうか…おそらく他県からも経験ある協力者を募っているのでしょうが、イノシシ猟とクマ猟では勝手が違うでしょうし、経験のない猟師は不安ですよね。僕ならもう後方支援ですね!(チキン)

また、兵庫県からは猟期開始に伴い「狩猟事故防止」のポイントを記載した資料もリリースしています。簡単に「狩猟者のための13の狩猟事故防止ポイント・マナーまとめ」として記事にまとめていますので、興味あれば御覧ください。

移住ニュース:移住求人情報はある?今後地方の求人はどうあるべき?

134

移住については、移住先の転職求人情報調べていたらこんな記事が。

長野編:仕事の「数」はある、しかし……既婚エンジニアの移住と長野のIT求人事情 (1/3)

仕事、家族、家、地域との関わり……移住にはさまざまな課題や心配事があります。エンジニアのU&Iターン事情をお届けする本連載、今回はこれまでのキャリアを捨てる覚悟で長野へ移住、転職、独立したITコンサルタントにインタビューしました。(下略)

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/11/news021.html

記事の内容をざっくりまとめると、

  • 長野に移住したITコンサルの人の話
  • 移住のきっかけは子供の喘息。空気のキレイなところにいきたい
  • 住む場所は絶対に地元の人のアドバイスを聞くべき
  • 仕事はハロワで探し、ITコンサルの仕事を発見
  • 地方移住は仕事の数があっても、やりたい仕事がない可能性は十分ある。運が良かった
  • 目標は、「長野でも、東京と同じように、学べて、スキルが身に付けられて、仕事を呼び込めて、実際に仕事ができる仕組み」を作ること

地方への移住というと「都落ち」のイメージが強いですが、この方はそれを払拭して「デキるやつほど移住する仕組みを作りたい」「移住のハードルを下げたい」という流れを作るのが目標なんだとか。

超賛成です

何より「移住のハードルを下げる」というのは素晴らしいですよね。

子供が小さいときは長野で、次は英語教育したいから北海道で…なんて感じで国内移住のハードルが下がれば、いろんな移住のスタイルをとれるようになります。それはすごい。

そのためには、各地方において「どうやって東京都同じような仕事を呼び込むか」という障壁があるのでしょうが、それはつまりオフィスや顧客の場所にとらわれない業態の業種を地方では力をいれていくべきといことで、具体的には今のところはまずIT関係なのでしょうね。

それが地方自治体もわかっているからこそ「移住してIT」みたいな記事をよくみかけるんでしょうね。

IT以外の業種でも、「クラウドワークス」や「ランサーズ」でようにネット上で仕事を発注・受注が行えるような仕事は全て地方でもできるわけですから、もっと増やしていけそうですよね。

自分もそんな地方創生の一助になれるような仕事を創り出していきたいです(遠い目)

ここまで書いて来て思いましたが、ブログも狩猟と移住で分けたほうがよさそうだなあ…


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.